アラビア半島の南端、アデン湾を望むイエメンで守りたい世界遺産4選

画像出典:Rod Waddington

アラビア半島の南端、アデン湾を望むイエメンで守りたい世界遺産4選

イエメンはアラビア半島の南東にある国で、サウジアラビアとオマーンに隣接する中東の国。南には紅海の入り口でもあるアデン湾が広がり、その向こうにはソマリアがあります。そんな立地条件からイエメンは古代から交易の地として栄えてきましたが、同時にさまざまな国からの支配も受けてきました。そして歴史深いイエメンの首都サヌアは現存する最古の都市のひとつでもあり、サヌア旧市街として世界遺産にも登録されています。今回は旧約聖書の時代から続く古の国イエメンにある世界遺産を紹介しましょう。

目次

アラビア半島の南端、アデン湾を望むイエメンで守りたい世界遺産4選

1. サヌア旧市街

出典: www.istockphoto.com

サヌアはイエメンの首都で、その旧市街は世界遺産に登録されています。古代ギリシャや古代ローマの時代には「幸福のアラビア」と呼ばれ、また現在は「煉瓦の摩天楼」と呼ばれる、とても美しい街です。しかし、イエメンは隣国サウジアラビアの空爆で深刻な損傷を受けていて、世界遺産とともに2015年には「危機遺産リスト」に追加されました。

イエメンのサヌアは世界最古の町のひとつで、ノアの箱舟のノアの息子・セムによって建設されたと言い伝えられています。旧市街は高さ12mの城壁に囲まれ、多くのモスク、公共浴場、古い家屋が連なり、「アラビアンナイト」を彷彿とさせますよ。その街並みは多くの観光客を魅了する、一生に一度は見てみたいイエメンの世界遺産です。

2. ソコトラ諸島

出典: www.istockphoto.com

ソコトラ諸島はアデン湾沖合、インド洋に浮かぶ世界遺産です。「インド洋のガラパゴス」とも呼ばれるほど独自の進化をとげた動植物の宝庫として知られる、イエメンの自然世界遺産。ソコトラ島の固有種とされ、他の地域では見られない動植物は300種にもおよびます。

イエメンのソコトラ島には赤い樹脂を流す竜血樹やその見た目がかわいらしいボトル・ツリーなど、珍しい植物が自生しています。もちろん鳥類や昆虫などの動物も固有種がたくさんいます。たくさんの固有種が住む世界遺産の島に降り立てば、まるで別の世界に来てしまったかのような錯覚におちいることでしょう。イエメンに訪れることがあれば、ぜひ見てみたいですよね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イエメンでおすすめの記事

イエメンのアクセスランキング