伝統と信仰を守る東ヨーロッパの国、ジョージアの3つの世界遺産

画像出典:MehmetO/Shutterstock

伝統と信仰を守る東ヨーロッパの国、ジョージアの3つの世界遺産

目次

伝統と信仰を守る東ヨーロッパの国、ジョージアの3つの世界遺産

3.上スヴァネティ

出典: www.istockphoto.com

スヴァネティ地方はジョージア北西部に位置し、上スヴァネティと下スヴァネティに分かれています。上スヴァネティ地方の美しい記念建造物群と文化的景観は1996年にユネスコ世界遺産に登録されました。スヴァン人とメグレル人が居住している地域で、9世紀から12世紀に作られた美しい村々が点在している世界遺産です。

3000m級から5000m級の山々に囲まれているジョージアのこの地域はヨーロッパの定住地域では最も標高が高く、独自の文化を育んできたことで知られている世界遺産です。ジョージアのこれらの村々に残る教会や、要塞としても活用された民家はユニークな形をしていて、今も中世の風情を伝えています。

◎まとめ

ジョージアの世界遺産をご紹介しましたが、いかがでしたか? ジョージアには世界遺産が3件あり、ゲラティ修道院、ムツヘタの歴史的建造物群、上スヴァネティと、とても見どころがあります。ジョージアは日本ではあまり観光地として知られていませんが、国内には歴史的建造物も多く、ぜひ訪れてほしい国です。ヨーロッパの歴史を感じるスポットとして、機会がありましたらぜひジョージアを訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジョージア(グルジア)でおすすめの記事

ジョージア(グルジア)のアクセスランキング