歴史的建造物が残る、魅力たっぷりウクライナの世界遺産7選をご紹介!

画像出典:Oleg Totskyi/shutterstock

歴史的建造物が残る、魅力たっぷりウクライナの世界遺産7選をご紹介!

ウクライナは、国同士の争いが多かったので、同じ国でも東と西では、街並みが異なります。古い建造物がとても多く、古代からの歴史を感じることのできる世界遺産が数多くありますよ。また、世界遺産登録もまだ新しいものが多いため、これから増えていく可能性もあります。

そんな歴史の詰まった魅力あふれるウクライナの世界遺産7選をすべてご紹介します。

目次

歴史的建造物が残る、魅力たっぷりウクライナの世界遺産7選をご紹介!

目次を閉じる

1.キーウの聖ソフィア大聖堂と関連する修道院群及びキーウ・ペチェールシク大修道院

出典: Baturina Yuliya/shutterstock

この世界遺産は、聖ソフィア大聖堂、キーウ・ペチュールシク大修道院・ベレストヴォの救世主聖堂で、1990年に世界遺産として登録をされています。

聖ソフィア大聖堂は、ウクライナの首都キーウにある、キーウ最古のキリスト教の大聖堂。1037年に建てられ、黄金に輝く塔がとても印象的です。内装は11世紀のままの造りも感じることができ、奥深く歴史のつまった大聖堂なのです。

キーウ・ペチュールシク大修道院は、1051年にキーウの郊外ペチュールシクに建立された大修道院。地下洞窟は修道僧の墓所となっており、とても神聖な場所となっています。観光する際は、肌の露出をしないように気を付けてください。同じくキーウのペチュールシク地区にあるのがベレストヴォの救世主聖堂です。す世界でとても貴重な歴史的建造物なので、外せない観光スポットですよ。

2.リヴィウ歴史地区

出典: Datsenko Maryna/shutterstock

ウクライナの西部にある都市リヴィウ。この地区は、昔ポーランドとの争いがあり、18世紀以降には、オーストリアやロシアなどに支配されるなど紛争の歴史とが詰まった都市です。ウクライナとなったのは、第二次世界大戦後の話。何度も争いと支配を受けましたが、ウクライナの文化は守られ、残っています。

リナック広場を中心として、石畳みの美しい街並みが広がり「ヨーロッパの真珠」と呼ばれるほど。歴史ある教会も数多くあるので、ぜひ観光に訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リヴィウ(リヴィフ)でおすすめの記事

リヴィウ(リヴィフ)のアクセスランキング