メキシコの玄関口!歴史ある大都市メキシコシティの見どころ9選!

画像出典:Alvaro Sánchez

メキシコの玄関口!歴史ある大都市メキシコシティの見どころ9選!

900万人近い人々が生活する大都市、メキシコシティ。アステカ帝国の時代には首都としてテノチティトランという名で栄え、スペイン領時代にはかつて市内の大半を占めていたテスココ湖が埋め立てられ、現在のメキシコシティの基礎がつくられました。

現在ではモダンな建物が立ち並ぶビジネス街が広がる一方、旧市街などスペイン領時代の建物が多く残る場所が存在し、さらに郊外にはアステカ王国以前の巨大な遺跡が保存されています。また博物館やタワーなど、大都市ならではの見どころももちろんあります。

ここでは、そんなメキシコシティの見どころを9つに厳選。日本からの直行便もあるので、訪れやすいことも魅力のひとつですよ。

目次

メキシコの玄関口!歴史ある大都市メキシコシティの見どころ9選!

目次を閉じる

1.テオティワカン

メキシコシティから北へ50kmほどのところに、ラテンアメリカで最大の都市遺跡、テオティワカンがあります。約20万人もの人々が住んでいたとされ、紀元前2世紀から8世紀にかけて栄えました。人口20万人という規模は当時では世界最大級であり、高度な文明があったと言われています。

現在では、メキシコシティ周辺観光の目玉として多くの人々から人気を集めています。

◆太陽のピラミッド

出典: -sueñapajarito-

テオティワカン一番の見どころ、太陽のピラミッド。エジプトのクフ王のピラミッドなどに続く世界最大級のピラミッドとしても知られています。完成までに10年の月日を要したとされ、当時は宗教儀礼が行われる場所として利用されていました。

ピラミッドには登ることもでき、合計248段の急な階段を登った先の頂上からはテオティワカンを一望できる絶景が広がります。メキシコシティの歴史、そして古代文明に思いを馳せるにはこれ以上ないスポットです。

◆月のピラミッド

出典: cotaro70s

月のピラミッドは太陽のピラミッドに次ぐ、テオティワカンで2番目に大きいピラミッドです。丘の上に建てられているので、頂上の高さは太陽のピラミッドと同じくらいあります。太陽のピラミッドに比べて前にある広場が大きいことなどから、重要度としては月のピラミッドのほうが高く、重要な儀式は月のピラミッドでおこなわれていたのではないかとされています。

なお、月のピラミッドの頂上からの眺めも絶景そのもの。こちらも急な階段を登らなければいけないので少々体力は使いますが、体力に自信のある観光客の方は是非ともチャレンジしてみてくださいね!

◆死者の道

出典: Alejandro

月のピラミッドから真っすぐ伸びている死者の道は、テオティワカンにおけるメインストリート。約2kmにわたって延び、この道を中心にテオティワカンを観光することになるでしょう。

この死者の道に直角に交わる道の存在も確認されており、それは高度な天文学の知識があったといわているテオティワカンの人々が、天体の星々たちとリンクするように設計したとする説もあるんですよ。死者の道を歩いて太古の昔、この場所で暮らしていた人々に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

また、死者の道を歩いていき、少し外れるとメキシコシティ観光の観光土産品などを売る露店が沢山並んでいる場所が出てきます。ここでメキシコシティ観光のお土産を選ぶのもいいかもしれませんね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

メキシコシティでおすすめの記事

メキシコシティのアクセスランキング