森と湖の国スウェーデンの世界遺産はちょっと通好み!全15か所ご紹介

画像出典:edward stojakovic / flickr

森と湖の国スウェーデンの世界遺産はちょっと通好み!全15か所ご紹介

目次

森と湖の国スウェーデンの世界遺産はちょっと通好み!全15か所ご紹介

目次を閉じる

11.ドロットニングホルムの王領地

出典: commons.wikimedia.org

北欧のヴェルサイユ宮殿と呼ばれるドロットニングホルム宮殿は、17世紀末にスウェーデン王カール11世の母后ヘトヴィヒ・エレオノーラの命によって建設された優美な宮殿。1991年に「ドロットニングホルムの王領地」としてドロットニングホルム宮殿、宮廷劇場、中国離宮、庭園が世界遺産に登録されました。

1982年に現国王カール16世グスタフは、ストックホルム旧市街の王宮から環境のよいこの地に王家の住居を移しています。現在王家の住まいを除く一部が公開されていて内部を見学する事が出来ます。宮殿もさる事ながら、東京ドーム19個分という広大なバロック様式の庭園は壮観ですよ。

12.スコーグスシュルコゴーデン(森の墓地)

出典: commons.wikimedia.org

「スコーグスシュルコゴーデン」とは「森の墓地」という意味。ストックホルム南部に新しい墓地が必要になり、コンペ形式で設計を募った物で、1917年に建設が始まり1940年に完成しました。中には5つの葬儀チャペルがあり、年間二千を超えるセレモニーが行われています。北欧人にとって精神的な故郷といえる「森」へ還って行く人間の運命を、直感的に悟らせるような建築表現を実現しており、葬儀に参列する遺族の深層心理にまで作用するような建築計画となっています。
夏の間は、墓地内を1時間半程度で周るガイド付きツアーが催行されています。スウェーデン語と英語のみですが、時間が合えば是非参加してみて下さいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スウェーデンでおすすめの記事

スウェーデンのアクセスランキング