【南米の秘宝】世界遺産からコロンビアの魅力を探る!

画像出典:Norma Gòmez (CC BY 2.0)

【南米の秘宝】世界遺産からコロンビアの魅力を探る!

コーヒー、エメラルド、ルビー、バラなどの産地である南米コロンビア。50年以上に渡る内戦が終結を迎えたことでも記憶に新しいコロンビアですが、歴史的な建造物や素晴らしい自然が多くあり、観光地としてとても魅力的な場所です。数多くの資源のうち現在9つ(世界文化遺産6・世界自然遺産2・複合遺産1)が世界遺産として登録されています。名産のコーヒー畑も世界遺産の風景の1つなのです!今回は9つの世界遺産を通して、コロンビアの魅力をお伝えします。

目次

【南米の秘宝】世界遺産からコロンビアの魅力を探る!

目次を閉じる

1. カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群

コロンビアで最も美しい港町との呼び声も高い港町カルタヘナ。1984年に「カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群」として街全体がコロンビア初の世界遺産に登録されました。

かつてスペイン人から「インディアスの真珠」と称えられた美しい港町は、素晴らしい歴史的建造物だけではなくスペイン植民都市時代の跡を要塞などから伺えます。街全体がとにかく美しく、街歩きをしながら世界文化遺産を味わえますよ。色とりどりの建物は青空によく映えます。博物館や教会など見所もたくさん。コロンビアの世界遺産巡りで必見のスポットです。

2. ロス・カティオス国立公園

出典: LaggedOnUser (CC BY-SA 2.0)

1994年に2番目にコロンビアの世界遺産として登録されたロス・カティオス国立公園。この国立公園はコロンビア北西部にあり、7万haを超える広大な敷地内には丘陵地帯、森林、湿原など多様な環境下で暮らすさまざまな動物を見ることができます!1つの国に異なった気候をもつコロンビアには幅広い生態系が生息しているため、環境保護の観点からもこの国立公園は世界自然遺産として登録されたのです。

違法な伐採により2009年から2015年までは危機遺産リストに載っていたロス・カティオス国立公園。公園内のトレッキングでは昆虫や両生類をはじめ、ナマケモノやジャガーなど絶滅危惧種にも出会うことができます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コロンビアでおすすめの記事

コロンビアのアクセスランキング