旅行するならアンティグア・バーブーダ!人気観光スポットおすすめ5選!

旅行するならアンティグア・バーブーダ!人気観光スポットおすすめ5選!

アンティグア・バーブーダはカリブ海に浮かぶ、アンティグア島とバーブーダ島の2つの主な島から成り立っています。1981年にイギリスから独立。面積は種子島とほぼ同じで、とても小さな島国です。観光スポットに訪れるのは主にアンティグア島で、まだまだ認知度は低いですが、実はこの島にはとても大自然が多く、カリブ海の歴史が詰まった遺跡が数多く存在しているのです!

そんなたくさんの観光スポットが存在している、アンティグア島とバーブーダ島を知れば必ず、カリブ海への関心がますます高まるのではないでしょうか?その魅力ある島へ訪れてみてはいかがでしょうか。

目次

旅行するならアンティグア・バーブーダ!人気観光スポットおすすめ5選!

目次を閉じる

1.ジェームズ砦

アンティグア・バーブーダもカリブ海の多くの国々と同じように、かつてはヨーロッパ強国の植民地でした。その影響なのか、島の海岸沿いには敵が襲来しても対応できるように砦が築かれていました。そのひとつが首都セント・ジョンズから北へ3km行った海岸沿いにあるジェームズ砦です!

イギリスが統治をしていた18世紀の初頭に、この砦が築かれたと言われています。かつては20以上もの砦があったようですが、その中でもここは最大規模だそうです!海に向かってずらりと並べられた大砲が数多くあり、実際に使われていたそうです!その大砲は今ではさびた色をしており、アンティグア・バーブーダの歴史を感じさせてくれる観光地ですよ。

また、その目の前には美しく輝いているカリブ海を見渡せるのです。目の前に大砲とカリブ海、ギャップを楽しめるアンティグア・バーブーダの観光地として行く価値はありますよ!

2.ベティーズ・ホープ

出典: de.wikipedia.org

カリブ海の農作物はサトウキビが有名です。アンティグア島でも、盛んにサトウキビの栽培が行われていました。パレス市にある、ベティーズ・ホープではサトウキビのプランテーションの跡が今でも残っているのです!それができたのは17世紀後半ごろと言われ、とても歴史のある観光スポットなのです。

丘の上に立つプランテーションには、2基の風車が建てられていて、その風車を下から見上げるとレンガをうまく積み上げて、細かく組み立てて作られています。カリブ海の風を利用してサトウキビを作っていたことが伺えます。

カリブ海の気持ちいい風を感じながらプランテーションを見ると、最高のひと時を味わえると思いますよ。アンティグア・バーブーダに来たからにはぜひ、一度観光してみてはいかがでしょうか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アンティグア・バーブーダでおすすめの記事

アンティグア・バーブーダのアクセスランキング