世界遺産の保有数No.1!イタリア世界遺産の51スポット全てをご紹介

画像出典:pixabay.com

世界遺産の保有数No.1!イタリア世界遺産の51スポット全てをご紹介

目次

[x] 閉じる

世界遺産の保有数No.1!イタリア世界遺産の51スポット全てをご紹介

22.モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場(1997年:文化遺産)

出典: Pug Girl

イタリアモデナにある、大聖堂、市民の塔、グランデ広場が世界遺産に登録され、中世イタリアの自由都市の発展を伝えています。大聖堂は、1099年にイタリアが誇る建築家ランフランコと彫刻家ヴィリジェルモによって建設が始まり、12世紀に完成したヨーロッパを代表する初期ロマネスク建築。12世紀初期の最高傑作と称される世界遺産です。

大聖堂の壁面には、ロマネスク独特のユーモラスなレリーフが描かれています。『創世記』が物語調で描かれた扉上部のレリーフも見逃せません。市民の塔は、大聖堂の隣にそびえるモデナのランドマーク。1179年に完成した高さ約87mの大理石で作られた鐘楼で、「ギルランディーナの塔」とも呼ばれています。この世界遺産の塔からの見晴らしは最高ですよ。

23.ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの 遺跡地域(1997年:文化遺産)

出典: pixabay.com

イタリアの裕福な商業都市ポンペイが、ヴェスヴィオ火山の大噴火により、たった19時間で死の灰になったことは、映画になるほど有名な現実です。一瞬にして灰に埋もれたため、街すべてがそのまま残されており、イタリアの世界遺産として登録されました。

出典: ho visto nina volare

かつてリゾート地だったエルコラーノ遺跡は保存状態が良く、裕福な商人の邸宅にはモザイク画や落書きまで残り、まるで1世紀にタイムトリップしたような気分を味わえます。イタリアで本当に起こった大噴火により、一瞬にして消えた世界遺産の古代都市に足を運んでみませんか?

24.アマルフィ海岸(1997年:文化遺産)

出典: Chuca Cimas

アマルフィ海岸は、イタリア南部にある宝石のような中世の海洋国であり、美しい海岸が続くことで有名な世界遺産。イタリアのソレントからサレルノに渡る地中海に面した約40kmの海岸線は変化に富み、青い空と紺碧の海の輝きが言葉にならないほどの絶景。映画のタイトルにもなったことから日本でも知られ、人気が高まった世界遺産です。

世界遺産の海岸線は「世界で一番美しい海岸線の一つ」とされる高級リゾートとなっており、美しい海や断崖絶壁に建つ芸術作品ともいえる家々の風景は必見!この美しさを象徴する伝説もいろいろ生まれている世界遺産です。カーブが続く狭い断崖沿いの道をドライブすると、絶叫マシーンのようなスリルも体感できますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イタリアでおすすめの記事

イタリアのアクセスランキング