世界遺産の保有数No.1!イタリア世界遺産の51スポット全てをご紹介

画像出典:pixabay.com

世界遺産の保有数No.1!イタリア世界遺産の51スポット全てをご紹介

目次

[x] 閉じる

世界遺産の保有数No.1!イタリア世界遺産の51スポット全てをご紹介

31.ヴィッラ・アドリアーナ(1999年:文化遺産)

出典: ja.wikipedia.org

映画『テルマエ・ロマエ』にも登場したローマ皇帝ハドリアヌス2世が建てた広大な別荘跡です。ハドリアヌス2世は、世界遺産に登録されている建築物を各地に数多く残した皇帝で、イタリアのティヴォリにある世界遺産「ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)」もそのひとつ。

別荘といえども、城壁が兵舎や3つの公衆浴場、劇場、いくつかの宮殿を囲うという豪華さ。ローマ皇帝最盛期の栄華を誇る最高傑作ともいわれています。丘陵の上にあるかつて保養地として使われた世界遺産で、穏やかなイタリアの風を感じてみてください。

32.エオリア諸島(2000年:自然遺産)

出典: gnoma / PIXTA(ピクスタ)

エオリア諸島はシチリア島の北、ティレニア海に浮かぶ7つの火山島を主とする島々。地球における歴史上の主要な段階を示す顕著な見本として、2000年に世界遺産(自然遺産)登録されました。

リパリ島は、エオリア諸島の中心に位置する最も大きい島。ホテルやレストランもあり、エオリア観光の拠点となっています。

出典: justinknabb

リパリ島の南、シチリア島に一番近いヴルカーノ島は4つの火山がある3番目に大きな島。「vulcano(火山)」の語源になった島として知られています。

1890年頃から大きな噴火はなく小康状態を続けていますが、硫黄臭が漂っていて、いかにも火山島といった雰囲気。天然の泥パックも楽しめる泥温泉や、海底から温泉が湧き出すほんのり温かい海水浴場もあるので、訪れる際にはぜひ水着を準備しておきましょう。

最北東に位置するストロンボリ島は、現在も噴火を続けている活火山。火山を目的に世界中から多くの観光客が訪れています。代表的な3つの島をご紹介しましたが、エオリア諸島はそれぞれの島で特徴が全く異なっています。地球の息吹を肌で感じることができるとともに、青くきれいな海や野鳥など豊かな自然を満喫できる世界遺産です。

33.ヴェローナ市(2000年:文化遺産)

出典: S. Alexander Gilmour

シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』の舞台として有名なヴェローナは、ローマ時代の遺跡が残る北イタリアの世界遺産。「ジュリエットの家」は人気の観光スポットです。古代ローマ~中世~近世に及ぶ歴史ある赤い屋根の家々がアディジェ川に沿って建つ街並みが美しい世界遺産となっています。

ヴェローナは紀元前89年に古代ローマの植民地として発展。しかし13世紀になると、皇帝派と教皇派が対立し、激しい争いが繰り広げられました。その争いもデッラ・スカラ家の統治下で終わりを告げ、ブラ広場など多くの広場、聖堂など壮麗な建物、ヴェローナの特徴である赤い屋根の家の街並みができました。

出典: ja.wikipedia.org

街の中心部にある円形闘技場やピエトラ橋も当時を顧みられるイタリアの世界遺産。夏の野外オペラの街としても知られているので、夏に訪れるなら野外オペラを堪能し、イタリアらしい観光を楽しみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イタリアでおすすめの記事

イタリアのアクセスランキング