ガラパゴス諸島だけじゃない!南米エクアドルの世界遺産5選

画像出典:takawildcats / PIXTA(ピクスタ)

ガラパゴス諸島だけじゃない!南米エクアドルの世界遺産5選

ペルーとコロンビアに隣接するエクアドルは、シエラと呼ばれている山岳地帯や沿岸部のコスタ、ジャングルのあるオリエンテなど豊富な自然に溢れています。有名なガラパゴス諸島をはじめ、世界遺産は3つの文化遺産と2つの自然遺産が登録されました。今回はエクアドルで登録されている5つの世界遺産を紹介していきます。

目次

ガラパゴス諸島だけじゃない!南米エクアドルの世界遺産5選

目次を閉じる

1.ガラパゴス諸島

出典: David Adam Kess (CC BY-SA 3.0)

エクアドル本土から、西に飛行機で1時間半ほど行った場所にあるガラパコス諸島。チャールズ・ダーウィンが進化論を唱えるきっかけになったことで有名になりました。そんなガラパゴス諸島は、1978年にユネスコ世界遺産の自然遺産として登録されています。

ガラパゴスゾウガメやウミイグアナはこの場所でしか見ることができません。世界でも貴重な動物を自然のままに観察することができるので、世界中から多くの観光客が訪れています。

2.キトの市街

出典: Shoestring (CC BY-SA 4.0)

標高約2800mの場所にあるエクアドルの首都、キトの旧市街は1978年にユネスコ世界の文化遺産として登録されました。この旧市街はガラパコス諸島同様、世界遺産に最初に登録された場所の一つ。スペイン植民地時代の貴重な建築物の「サント・ドミンゴ聖堂・修道院」や「サン・フランシスコ教会」があります。

そして澄み切った空気に青い空、コロニアル調の白い建物の景色は素晴らしいです。世界遺産に登録されているキトの旧市街の街歩きはきっと素敵な思い出になるでしょう。エクアドルに訪れたらガラパゴス諸島だけではなく、キトの旧市街もぜひ散策してみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

エクアドルでおすすめの記事

エクアドルのアクセスランキング