かつて中東のパリと言われたベイルート、お勧め観光スポット7選!

画像出典:Yoniw (CC BY-SA 3.0)

かつて中東のパリと言われたベイルート、お勧め観光スポット7選!

レバノンはアラブ諸国の中で唯一、砂漠がない国です。大きさは岐阜県と同じくらいで、雪山もあり、観光資源も多く中東のスイスと呼ばれています。そして首都ベイルートは、長い間、中東のパリと称されてきました。1975年、政権内部の主導権争いに端を発したレバノン内戦は、近隣諸国や欧米の大国など様々な勢力の介入を招き、15年も続きました。首都ベイルートの争奪戦は特に激しく、かつて「中東のパリ」と呼ばれた美しい街並は壊滅し、大勢の市民が死傷しました。

復興を遂げつつあったレバノンも、2006年のイスラエルによる空爆、アラブの春以降の政情不安などはいまだ続いています。2016年現在はだいぶ落ち着いてきて、シリア隣接区域以外はレベル1の注意喚起状態です。

目次

かつて中東のパリと言われたベイルート、お勧め観光スポット7選!

目次を閉じる

1.モハメド・アル・アミン・モスク

出典: Fblancart (CC BY-SA 4.0)

ベイルートの中心地に建つモハメッド・アル・アミンモスクは、元々は小さなモスクで別の名前が付けられていました。20世紀になり規模拡大の際に「誠実な預言者モハメッド」という名が付けられました。拡張工事はレバノンの内戦でストップしましたが、2002年から再工事がスタートし、2008年に完成した比較的新しいモスクになります。デザインを担当したのは、パレスチナ人の建築家ラーシム・バドラーンで、彼はリヤドのグランドモスクも手がけています。

目をひくのは美しいラピスラズリ色をした丸屋根で、上には金で塗られた三日月が輝いています。四本のミナレットの高さは69.5mでベイルートの街のどこからでも見えるランドマーク的な存在になっています。レバノンの歴史を表現する為にマムルーク朝、オスマントルコ帝国、そしてレバノン独自のスタイルを混ぜ合わせた建築様式をとりました。内部は美しいクリスタルのシャンデリアが輝き、丸天井の内側はイスラミックデザインの、幾何学模様の装飾がとても美しいモスクです。

2.ベイルート国立博物館

出典: Throwawayhack (CC BY-SA 3.0)

ベイルート国立博物館は、ベイルートを東西に分けるグリーンライン上にあり、1975年からの内戦時には収蔵品は別の場所に避難させていました。内戦終了後、15年も劣悪な環境に置かれていたので損傷を受けた収蔵品や建物の修復に時間がかかり、再びオープンしたのは、1999年の事でした。

博物館の収蔵品は10万点に及んでいますが、展示されているのは1300点ほどです。最初のフェニキア文字が彫刻されたビブロスのアシアム王の石棺やブロンズの兵士像、ローマ時代の遺物などレベルの高い展示品が多く見応えのある博物館の一つです。

青銅器時代の出土品の中にはヒエログリフが書かれたエジプト様式の石像などがあり、古代エジプトとの交易を通じて、エジプトから非常に深い影響を受けたことが分かります。ベイルート観光では欠かせない観光スポットです。ホテルの多い繁華街のハムラ地区からは少し離れているのでタクシーを利用して下さいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベイルートでおすすめの記事

    ベイルートの記事はまだありません。

ベイルートのアクセスランキング