どこか懐かしい!ブラジル北部リオブランコのおすすめの観光スポット

画像出典:Gustavo Frazao/shutterstock

どこか懐かしい!ブラジル北部リオブランコのおすすめの観光スポット

リオブランコはブラジル北部アクレ州の州庁所在地で、ペルーとボリビアの国境に隣接。ブラジルのマナウスから飛行機で約2時間の場所に位置しています。アクレ州は1903年までボリビア領の一部でしたが、1904年にブラジルの連邦准州となり、1962年に州に昇格しました。その中心であるリオブランコは、クスコ、プカルバ、プエルト・マルドナドなど、ペルーの重要な観光地にも隣接しています。そんな国境の町リオブランコは南国らしいリラックスした雰囲気と大自然が魅力。観光すべきスポット5選をご紹介しましょう。

目次

[x] 閉じる

どこか懐かしい!ブラジル北部リオブランコのおすすめの観光スポット

1.Palacio Rio Branco

Palacio Rio Brancoは街の中心、オールドマーケット近くに位置するアクレ州の歴史を学べる博物館です。この白亜の美しい建物は、リオブランコが都市として発展するのに貢献したことで知られる州知事ウーゴ・カルネイロによって1930年に建設がはじまり、最終的には1948年に完成しました。建設完了までにおよそ20年もの歳月をかけた壮大な宮殿なんです。

Palacio Rio Brancoは2階建ての建物で2階部分は知事により使用されており、1階部分はアクレ州の歴史を年代ごとに紹介する博物館として一般公開しています。リオブランコの中心にあり、美しい外観、整備された敷地内など見どころ多数。リオブランコの観光はまずこのリオブランコ宮殿からはじめるといいですね。

2.Novo Mercado Velho

ニューオールドマーケットは、リオブランコ宮殿近くにあるマーケットでアクレ川のリバーフロントに位置しています。可愛らしい黄色の「Novo Mercado Velho」と書かれた建物の前にはいくつかの銅像がありマーケットの目印となっています。

マーケット内にはリオブランコの地元料理のレストランやバー、お土産にぴったりな雑貨屋などがあります。週末の夜にはライブ演奏もはいり、いつもよりにぎやかな雰囲気となります。川のながれを眺めながら、地元料理に舌鼓をうち、冷たいビールで乾杯というのはいかがでしょう。

3.Parque Ambiental Chico Mendes

シコ・メンデス環境公園は、リオブランコの中心から約10㎞、車で約20分ほどのところにある公園です。広さは約53ヘクタールで面積の約半分は原生林に覆われた自然豊かな公園で、環境保全活動を展開することを目的に1996年にオープンしました。

シコ・メンデス環境公園は、環境保護リーダー「シコ・メンデス」から名付けられています。広い園内にはトレイル、ミニ動物園、遊び場、ピクニック用のスペースがあります。そして180種以上の動物が飼育されており、自然や動物好きの方々には観光してみたい場所のひとつとなるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リオブランコでおすすめの記事

    リオブランコの記事はまだありません。

リオブランコのアクセスランキング