全国の中でも雨の多い福井県!雨でも楽しめる観光スポット6選

画像出典:skipinof / PIXTA(ピクスタ)

全国の中でも雨の多い福井県!雨でも楽しめる観光スポット6選

目次

全国の中でも雨の多い福井県!雨でも楽しめる観光スポット6選

目次を閉じる

4.福井発祥の「越前焼体験」ができる観光スポット「福井県陶芸館」

福井県陶芸館は、福井県の伝統陶芸である越前焼をテーマにした観光スポットです。福井で平安時代に生まれた製法で歴史がありますが、戦後になって世間に知られるようになったもの。釉薬(ゆうやく)を用いずに高温焼成して作る特徴があり、自然釉の風合いがあります。

越前焼は生活雑器というジャンルに特化した焼き物で、1986年に通産省から伝統工芸品の指定を受けました。昭和46年に福井県中央西部側に越前陶芸村として、越前焼を後世に残すことを目的に整備されていてその一角にこの観光スポットがあります。

陶芸教室では、老若男女を問わず越前の粘土を使ってオリジナルの器作りをお手軽に体験できます。作品は40日後に着払いにて郵送してもらえます。予約当日は電話での申し込みになりますが、事前であればWeb予約でいますよ。

5.福井にある質素で趣がある最古の城「丸岡城」

丸岡城は、福井県の中心地より北部に位置しています。丸岡城は北陸地方で現存する唯一の天守を持つ城で、現存する最古の城とも言われています。1576年に造られて明治時代に天守を除いて解体された経緯があります。

平山城でお城というイメージからいだく造りに比べると質素で小ぶりな城。望楼型天守という入母屋造りの1階に天守閣が載っている造りで、旧式のお城とも言われています。福井と言う地域ならでは工夫があり、雪が多い福井の城のため瓦には凍結しない材料が使われています。

本丸から18mの高さの天守閣に登れますが、傾斜が急な階段となっているので、ロープを掴んで上がることになります。高齢の方や小さいお子様は要注意!日本100名城にも選ばれており、1979年に角川映画の戦国自衛隊のロケで使用された経緯があります。

6.観光で疲れたら、雨が降っても、ここで宿泊「あわら温泉」で休息を!

あわら温泉は明治16年に開湯された温泉で、関西の奥座敷とも呼ばれています。中京・関西からアクセスしやすい場所で、温泉と日本海の海の幸がいただける場所として福井で人気の温泉街となっています。東尋坊にも10kmの距離にあり、観光で訪れる方が多くなっています。

温泉の歴史は、灌漑用の井戸を掘削中に80℃のお湯が沸きだしたことで温泉宿が建てられて温泉街の発祥となっています。温泉街では、複数の源泉から温泉を引いているので、温泉・旅館によって成分が異なります。あわら湯のまち駅の周辺では、14件の旅館があります。

「セントピアあわら」では、温泉と文化のアメニティゾーンと言う観光施設で、日帰り入浴が楽しめる施設となっています。福井観光で楽しんだ後は、温泉で疲れを癒してください。屋内施設のため雨でも利用できる観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の福井行き格安航空券

福井でおすすめの記事

福井のアクセスランキング