大連のおすすめ観光スポット13選!昔懐かしい日本に会いに行こう

画像出典:kanegen/flickr

大連のおすすめ観光スポット13選!昔懐かしい日本に会いに行こう

「北の香港」とも呼ばれる大連は、多くの外国企業が進出し、経済技術開発区に指定されています。そのため、大連は発展した港湾都市です。かつては日本の統治時代があり、現在は日系企業が多く進出していることもあって、大連は日本と大変深いつながりがあることをご存知でしょうか。

今では日本国内でもあまり味わうことのできない昭和の雰囲気を感じられる日本家屋や、統治時代の様々な建物など、懐かしい日本が大連にはあります。また、アジア最大の広さの星海広場や、老虎灘海洋公園など、スケールの大きな観光スポットを楽しむことができるのも、中国大連ならではといえるでしょう。

あなたも、そんな大連に今すぐ観光に出かけてみませんか?きっと、素敵な出会いがあなたを待っているはずです。

目次

大連のおすすめ観光スポット13選!昔懐かしい日本に会いに行こう

目次を閉じる

1.中山広場

出典: genjoe / PIXTA(ピクスタ)

大連には大小様々な広場がありますが、中でも最も美しいのがこの中山広場。この直径213mの広場を中心として、市中心部の道路は放射線状に延びています。

中山広場は、日本の統治時代には大広場と呼ばれ、今でも公園の周りにはその当時建てられた10棟の欧風建築が残っています。特に、大連賓館、中国銀行大連分行、中国工商銀行大連分行などは有名で、それらの建物は、現在、政府の各機関や金融機関として利用されています。また、当時を偲ぶ建物として、その外観を見に来る観光客も多くいます。日本統治時代は何の建物なのか調べて置くと、大連観光をもっと楽しまめすよ。

広場には、夕食後の時間帯になるとたくさんの人が集まってきて、それぞれが、思い思いのことをしながら、楽しんでいます。語らうカップルや、玩具で遊ぶ親子、踊りに興じる年長者など、ここでは、大連市民のちょっとした日常を覗き見ることができるでしょう。観光スポットとしてはもちろんですが、あなたも地元の人になった気分で公園散策を楽しんで下さい。

2.大連満鉄旧跡陳列館

大連を観光すると、日本統治時代の建物がたくさん残っていることに気付くのではないでしょうか。この、大連満鉄旧跡陳列館も、そんな中のひとつです。南満州鉄道株式会社、通称満鉄は、日本統治時代の象徴ともいえる日本の民間企業でした。満鉄は、民間企業と言いながらも、実際には日本政府直属の機関で、鉄道付属地の都市建設や港湾建設なども積極的に行う大企業でした。その満鉄100周年を記念して、旧満鉄本社の一部とホールが2007年9月に復元されました。それが、この「大連満鉄旧跡陳列館」です。

陳列館内部は、当時使われていた机や書棚、会議卓などが配置され、写真や資料が展示されています。それらは、ここ大連と日本との深い歴史を物語る貴重なものです。観光スポットではありますが、素晴らしい建造物や調度品の数々に触れ、この地でかつて働いた日本の先人たちに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

大連でおすすめの記事

大連のアクセスランキング