ポップな建物が立ち並ぶアートな町!プエルトリコ・ポンセを観光

画像出典:Todd Van Hoosear

ポップな建物が立ち並ぶアートな町!プエルトリコ・ポンセを観光

カリブ海に浮かぶ島、プエルトリコのポンセの町をご存知でしょうか。日本から遠く離れたポンセの町は日本人からするとちょっぴりマイナーかもしれません。しかし、ポンセにはまだまだ日本人の知らない観光スポットがいっぱい!

赤と黒のツートン模様のポップな外観をしたアーティスティックな美術館や、雰囲気の良い海岸線を望めるバーストリート、ヨーロッパの美術品の数々が収められている美術館や荘厳な見た目を誇る神秘的な大聖堂など見所が盛りだくさんの町です。

カリブ海に沈みゆく夕日を眺めることのできるデートスポットも点在するロマンティックな町なんですよ。そんなプエルトリコのポンセのおすすめ観光スポットを今回は厳選して5ヶ所ご紹介いたします!

目次

ポップな建物が立ち並ぶアートな町!プエルトリコ・ポンセを観光

目次を閉じる

1.ポンセ美術館

ポンセ美術館はアート好きの支持を集める人気の観光スポットです。ヨーロッパの芸術作品が集まる美術館で、特にビクトリア朝のバロック美術を中心にコレクションされています。700点を超える展示の数々はとても見応えがあります。館内はコンパクトにまとまっているので、観光するときに歩き疲れてヘトヘト...なんてことにもならないのが嬉しいですね。

このポンセ美術館自体もモダンな作りをしていて、建築好きにはたまりません。箱型の近未来的な外観はとても個性的。暗くなるとうつくしくライトアップされるので夜のポンセ美術館も必見ですよ。内部は中央が吹き抜けになっており、なんとも明るい作り。ぐるんと階段が円形にセッティングされている構造はハイカラですね。

広々とした駐車場もあるので、アクセスはしやすいことも嬉しいポイント。内部にはリラックスできるカフェもあるので、ポンセ美術館の観光のあとはのんびりコーヒーブレイクをたのしみたいですね。

2.Parque de Bombas

出典: commons.wikimedia.org

ポンセで一番なんじゃこりゃ?!な面白スポットがこちら、Parque de Bombasです。

まず驚くのはその外観。赤と黒のツートン模様のポップすぎる見た目はまるで何かのサーカス劇場か遊園地のよう。一見なんの施設なのかよくわからないですが、じつはParque de Bombasは消防の歴史を伝えるミュージアムなんです。そう言われてみればこの赤と黒のツートンカラーも消防車を意識しているように見えてきますね。

入場は無料でだれでも気軽に入れることから、ポンセに訪れる観光客に人気の観光スポットになっています。

外観のインパクトはさることながら、内観も赤と黒のツートン模様で統一されており、とってもレトロでかわいいんです。入り口を入ってすぐには可愛らしい赤い車がお出迎えしています。また、なぜかカラフルに彩られたライオンの像など不思議なモニュメントも多数飾られています。

かつて使われていた火消しの道具など、ミュージアムとしての情報も満載ですよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ポンセでおすすめの記事

    ポンセの記事はまだありません。

ポンセのアクセスランキング