年間600万人が訪れる聖地ルルド!聖母の奇跡に彩られた観光スポット7選

年間600万人が訪れる聖地ルルド!聖母の奇跡に彩られた観光スポット7選

ルルドは、フランスとスペインの国境にあるピレネー山脈の麓に位置する、人口1万5千人足らずの小さな町です。ですが、ルルドはキリスト教の巡礼者をはじめ年間600万もの人々が訪れる人気の観光地なんですよ!発端は、1858年2月11日に14歳の少女ベルナデット・スビルーが聖母マリアを目撃し、そのお告げに従って触れた岩から、泉が湧いたという奇跡によるものです。いわゆるルルドの泉の水は難病をも治癒させるといわれ、観光客のほかに数万人もの病人が奇跡にすがるためにルルドを訪れています。ルルドの街自体も、ピレネー山脈の美しい緑やポー川の清らかな流れに抱かれ、癒やしのパワーに溢れた美しい観光地。奇跡を信じて世界中から観光客が集まるルルドで、おすすめの観光スポットをご紹介します。

目次

年間600万人が訪れる聖地ルルド!聖母の奇跡に彩られた観光スポット7選

目次を閉じる

1. ルルドの聖地

聖地として知られるルルドで最大の観光地です。聖母マリアが現れたマッサビエルの洞窟の上にはロザリオ・バジリカ聖堂が建ち、厳粛な雰囲気が漂っています。奇跡が起こると信じて訪れた人々が、残していった杖が印象的です。堂内の奥にある15枚の大きなヴェネツィアンモザイクの絵には、キリストの生涯が描かれています。

その上には、聖母マリアが自らの名を「無原罪の御宿り」と告げたことにちなんでペイラマール神父が建てた聖堂があり、ペテロの像やベルナデットの聖遺物が安置されています。聖堂のステンドグラスの中でも、ベルナデットが聖母マリアと出会うシーンは、ルルド観光のクライマックスの1つです。ここにはルルドの泉から聖水を引いた水道があり、観光客がペットボトルに汲む姿が見られます。

4月の初旬から10月下旬にかけての21時からは、聖域内を毎晩ロウソクを持った行列が練り歩きます。神秘的なキャンドルと讃美歌の調べは、忘れられないルルド観光の思い出になることでしょう。

2. ルルド城

出典: saiko3p

ピレネー地方の入口にあるルルドは、聖母の出現以前から軍事的に重要な場所として街が形成されていました。都市としてのルルドの中心だったのが、ポー川沿いの小さな岩山にそびえるルルド城です。11世紀にはロマネスク様式で築かれ、13~14世紀にはゴシック様式の城として拡張されました。中世に築かれた堅固な城塞は、今日ではピレネー博物館としてルルドの主要な観光スポットとなっています。中近世の農具や家具、衣装など、ピレネー地方の文化と伝統についての素朴な展示が魅力です。主塔の内部は図書館になっているので、ルルド観光の思い出に訪ねてみてはいかがでしょう。

もう1つの観光のポイントが、城から見るルルドの景色です。階段でも上がれますが、エレベーターが付いているので楽ちんですよ!ピレネーの山々と森の中に佇む美しい無原罪の御宿り聖堂。テラスからは360度見渡すことができ、ルルドの美しい町並みと緑、そして聖域とのコラボを楽しんでください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ルルドでおすすめの記事

ルルドのアクセスランキング