コペンハーゲンのおすすめ観光スポット28選。北欧らしい魅力満載!

画像出典:www.istockphoto.com

コペンハーゲンはデンマークの首都。ヨーロッパの中でも人気の観光都市として多くの人が訪れています。政治だけでなく建築、芸術、音楽といった文化においてもデンマークの中心的存在。夏には花々が咲き乱れまるで北欧のパリのよう!おしゃれなお店でかわいい雑貨を見て、まるで絵本のような街並みを散歩して、なんだか観光しているだけで美的センスがアップしそうな街、コペンハーゲン。

日本からのアクセスだと直行便を出している航空会社もあって初海外観光の人でも安心。周辺ヨーロッパの都市を経由して飛行機はもちろん、電車やバスも出ているので周遊したい人はこちらもおすすめです。

[x] 閉じる

コペンハーゲンのおすすめ観光スポット28選。北欧らしい魅力満載!:目次

1.ニューハウン

出典:www.istockphoto.com

コペンハーゲンに観光にきたらまず外せないのがこのニューハウン。新しい港という意味のニューハウンはその名の通りコペンハーゲンの港町になっています。観光ガイドやハガキなど、コペンハーゲンの写真といえばこのニューハウンの景色が使われるくらい象徴的な街並みが広がっています。木造のカラフルで北欧デザインの家が立ち並んでいる風景は、まるで絵本の中の世界に入り込んでしまったかのよう!

この通りにはレストランが立ち並んでいるので、食事がてら行ってみてもいいです。昼間の明るい時はカラフルな風景を楽しめて、暗くなるとライトアップされた風景がまた違った街の顔を見せてくれます。運河には観光船もあるのでツアーに参加してみても面白いです。

2.チボリ公園

出典:www.istockphoto.com

1843年に開園した世界で最も古い遊園地です。あのウォルトディズニーがディズニーランドを作るときにお手本にしたと言われる元祖テーマパーク!場所はコペンハーゲン中央駅の目の前にあるので観光しやすいですね。
最初におとぎの国への入口のようなかわいい門から入ります。中は絶叫マシーンなどのアトラクション、レストラン、植物園などがあります。おじいちゃん、おばあちゃんや家族連れの観光客もたくさん訪れています。ここはアトラクション以外にもゆっくり過ごせるエリアがあるのが魅力の一つです。コペンハーゲンは四季折々の花も魅力のひとつ。植物園ではデンマークの季節の花を楽しめますよ。

また園内のレストランではデンマークの伝統料理があり絶品です!夜のライトアップは本当にロマンチックでカップルで観光にきてる人はぜひとも行ってほしい観光スポットです。ニューイヤーやクリスマス、ハロウィンの時期のイルミネーションも観光客に人気で年中賑わっています。

3.ローゼンボー城

出典:www.istockphoto.com

コペンハーゲンの観光名所の一つとして毎年多くの観光客が訪れています。コペンハーゲンの中心地にあってこじんまりとしたお城ですが、ここも絵本に出てきそうなステキな雰囲気があります。1606年に夏の離宮としてオランダルネサンス様式で建てられました。この時代のデンマークの建造物を象徴するデザインとして知られています。一番の観光の見所は宝物館の豪華な王冠と貴金属です。その他にも19世紀のデンマークの芸術品などの王室コレクションや王族、貴族の部屋など見所がたくさんあります。

お城の周辺の公園は王の庭園と呼ばれていて、デンマークで最も古い庭園です。ルネサンス様式の美しい庭園もお見逃しなく。見学コースの入口が分かりづらいのでパンフレットを入手することをおすすめします。

4.ローゼンボー城公園

出典:www.istockphoto.com

デンマークの伝統的な庭園が見たいなら絶好の観光スポットがあります!それがこのローゼンボー城公園です。ローゼンボー城に隣接している公園で、昔はクリスチアン4世のプライベートガーデンとして造られました。コペンハーゲンで最も古い庭園でもあり、観光客や地元の人が一番たくさん訪れる庭園として知られています。

ルネサンス様式やバロック様式でデザインされた庭園は四季折々の植物が楽しめてとてもステキな空間が広がっています。観光の見所は庭園だけでなくローゼンボー兵舎やその他のデンマークの歴史建築物に、ロイヤルガードやモニュメントなども必見です。春や夏にはローゼンボー城をバックにのんびり過ごす観光客が絵になります。イベントやコンサートも行われているときもあります。ローゼンボー城を観光した後に時間があれば立ち寄ってみてください。

5.救世主教会

出典:www.istockphoto.com

何かのおとぎ話に実際に出てきそうな渦巻き状の塔がユニークな教会です。周辺は低い建物がほとんどなので、余計に目を引く特徴的なデザインですよね。1696年にゴシック様式でデザインされたこの教会の内部はどこも豪華で繊細な装飾がされています。ただゴージャスというわけでなく、ベースは木で作られているということもあって、暖かみと上品さもある教会です。見所は飛び交っている天使の彫刻と繊細なデザインがされたパイプオルガンです。

渦巻き状の塔は登ることもできるので、観光にきたらぜひ登ってみてください。コペンハーゲンの景色が一望できます。ただ階段は屋外で木造なので天候が良くない日は登れないので注意を。幅がせまいので入れ違いになる観光客と譲り合いながら登りましょう。

6.デーヴィス・コレクション

出典:commons.wikimedia.org

コペンハーゲン観光でアート鑑賞も外せません。デーヴィス・コレクションは観光客の中で人気の美術館の一つです。18世紀のヨーロッパ美術とイスラム美術の所蔵数は圧巻です。絵画をはじめ彫刻、陶器に装飾品などバリエーションも豊富。

デンマークの昔の食器、家具なども展示されているのでその当時のデンマークの生活を知るには絶好の観光スポットです。なかなか他では見れない貴重なアートが鑑賞しやすく美しく展示されていますよ。写真の撮影はフラッシュ無しならOKなのも嬉しいですね。北欧で鑑賞するイスラム美術もなかなか趣があります。観光の際にはぜひ立ち寄って欲しいスポットです。かなりのボリュームなので時間に余裕をもってお越しくださいね。

7.ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館

出典:commons.wikimedia.org

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館はニュー・カールスバーグ美術館とも発音されます。コペンハーゲンの観光名所の一つです。内部には貴重な美術品が数多く展示されていて、ヨーロッパの中でもすばらしい美術館です。

展示品の中で一番観光客が集まっている作品といえばやはりロダンの彫刻です。フランス以外で最も重要なロダンのコレクションは観光に外せません。その他にドガの銅像彫刻やステファン・シンディングの作品も観光客を集めています。絵画ではモネ、ピサロなどの印象派やゴッホ、ボナールなどのポスト印象派の作品が展示されています。

その他エジプト、ローマ、ギリシャなど古典古代のアンティークやデンマークの貴重な美術品などじっくり見て回ると半日くらいかかるほど大規模な美術館です。ケーキがおいしいカフェがあるので疲れたら休憩できるのもうれしいポイントです。

8.コペンハーゲン・ストリート・フード

出典:撮影者:Maria Eklind/flickr

ちょっと物価が高いコペンハーゲン。観光中にリーズナブルで簡単に食事を済ませたいときありますよね?そんな時にはここコペンハーゲン・ストリート・フード がオススメです!2014年に始まったばかりのコペンハーゲンの新しい観光スポットとして週末になると地元の人と観光客で賑わっています。おしゃれな屋台村とも言えそうなそれぞれのお店はデコレーションされたトラックやバスなど、とってもかっこいいです。Papiroeenという島にあり、アクセス良好な立地も人気の理由の一つです。

人気のハンバーガーをはじめ、フランス、イタリア、メキシコ、中国の軽食など世界中の軽食をここで食べることができます。デンマークのオーガニックビールもオススメの一品です。

9.クリスチャンスボー城

出典:www.istockphoto.com

このお城はデンマーク王室が使っているほかに、政府の迎賓館としての役割もあります。また、国会議事堂や内閣府、最高裁判所など、デンマークの三権に関する施設がここに集中しています。まさにこのお城はデンマークの政治の中心といえますね。

歴史を感じさせるバロック様式の外観ももちろん見所ですが、内部も観覧できるようになっているのでぜひ中まで観光していきましょう。地下には12世紀の遺跡が残されています。また、デンマーク王室のロイヤル・レセプション・ルームはとっても豪華で見応えありです。
観光の合間に寄れる立地にあるのでぜひ立ち寄ってください。

10.デンマーク国立博物館

出典:撮影者:Jacob Wang/flickr

ここはデンマークの文化と歴史を学ぶのに最適な観光スポットです。またデンマークだけでなく外国の文化なども展示されていて、歴史や文化が好きな人にはたまらない博物館になっています。石器時代からバイキング、ルネッサンス時代に近現代までのデンマークの歴史が順番に見れるように工夫して展示されています。特にバイキング時代の展示は北欧ならでは!コペンハーゲン観光でしか見れない展示物は貴重です。

中にはランチビュッフェができるレストランや歴史にちなんだショップもあります。ゆっくり見て回ると3時間はかかる大きい博物館です。観光する際は十分に時間をとっていきたいですね。

11.ラウンドタワー

出典:www.istockphoto.com

観光にきたらその町の景色を撮りたい人も多いと思います。この塔はコペンハーゲンの街を撮影するのに絶好のポイントです。一番上まで登るとコペンハーゲンの街を360度見渡せるパノラマ景色を眺めることができます。天体望遠鏡も設置されています。

大体の塔は階段を登って上がっていくのが普通ですが、この塔はらせん状になった坂道をぐるぐる上がっていきます。道幅もあるので階段が苦手な人でも観光しやすいです。何で道幅が通常より広いかというと重い荷物などを馬車に乗せて持って上がるためだそうです。その昔、ピョートル大帝とその夫人も馬車に乗って登っていった話が残っています。週末の日中は観光客の列ができるほど人気のスポットです。

12.グルントヴィークス教会

出典:撮影者:seier+seier/flickr

この教会はコペンハーゲンのビシュペビャー地区に建っています。初期のモダニズム建築、表現主義の様式で設計され、実際に建てられた珍しい教会です。そのため観光客の間でも有名な教会の一つです。

外観は黄色いレンガ造りの壁とそのユニークなデザインが目を引きます。中に入ると木と淡い色のレンガの組み合わせがなんとも言えない優しい雰囲気に包まれています。そして一番の注目は北欧最大のパイプオルガン!その大きさに圧巻されます。パイプオルガンコンサートをしてるときもあるので、音色を聴きたい人は事前にチェックしていくのもオススメです。

モダンでシンプル、かつ洗練され暖かみも併せ持つとても北欧らしい姿をした教会。ぜひ訪れてみてほしい観光スポットです。

13.フレデリックスベルパーク

出典:www.istockphoto.com

コペンハーゲン市街地から少し離れたところに広がる広大な公園です。コペンハーゲンの自然を感じたり、ゆったり過ごす観光をしたいときにはぴったりの観光スポットです。この公園に入ると空気が変わるのを感じるくらい別世界の雰囲気を味わえます。春や夏の暖かい日のは地元の人、観光客が芝生の上でのんびり過ごしたりピクニックを楽しんだりしています。

ただ芝生があるだけでなくエリアごとにテーマに沿ってデザインされた庭園は散策するだけで楽しいです。中国式の建物やスイスコテージ、デンマークの建物、かわいい橋など全部見るのが大変なほどです。野鳥もたくさん飛んできているので観察するのもいいですね。街中観光で疲れたらこの公園に寄ってリフレッシュしていきましょう。

14.人魚姫の像

出典:撮影者:Wilson Hui/flickr

デンマーク、コペンハーゲンといえばアンデルセンではないでしょうか?アンデルセンが書いた童話「人魚姫」の像です。コペンハーゲンの観光の目玉として日々観光客が一目見ようと人魚姫の周りはいつも混雑しています。夏の観光シーズンにはかなりの人だかりで海に入って撮影する人も。小さな像ですが、海を見据えて佇む人魚姫のどこか悲しげな姿は非常に印象的で美しいです。

最寄り駅から少し歩くことになりますが、海沿いの美しい街並みなどを楽しみながら散策するのもいいものですよ。

15.アマリエンボー宮殿

出典:www.istockphoto.com

デンマークのロココ様式で建てられた王宮、アマリエンボー宮殿。たくさんの観光客も訪れているデンマーク女王の住まいです。この宮殿は1750年に王制300周年を記念して建てられました。女王が住んでいる宮殿はもちろん見学できませんが、4つの宮殿の内の2つレーベツォー宮殿とモルトケ宮殿が公開されています。モルトケ宮殿は迎賓館としても使用されているので、来賓があるときは見学できません。中にはデンマーク王室のことが知れる展示品を見ることができます。王室に代々伝わる財宝や貴重な家具や肖像画などどれも豪華です。

他の見所といえば衛兵交代式!イギリスや他の国でも衛兵の交代式はありますが、ここの交代式は衛兵の数も多く見応えがあります。時間の前になると観光客が集まってきます。また、宮殿の上にデンマーク国旗が掲げられているときは女王が宮殿にいるときです。そのときは音楽も奏でられて豪華!観光にくるときは時間を狙って行ってみるのもいいですね。

16.フレデリック教会

出典:www.istockphoto.com

アマリエンボー宮殿の広場から見える緑の大きいドーム型の屋根が特徴的な教会です。デンマークの中でも大きい教会です。ロマネスク・バロック様式で建てられたこの教会は別名、大理石の教会と呼ばれています。遠くから見ると小さく見えがちですが、近くで見るとその白い壁と堂々とした柱が威厳を放っています。ギリシャ調のファザードも見事で、大理石の像の存在感と合わさって重厚で荘厳な雰囲気を出しているのが印象的です。ツアーに参加すると上に登ることができます。

内部ではドーム型の天井のデザインや、フレスコ画や彫刻は神秘的な重厚感が漂いますが、色合いが柔らかいのでどこか優しいかんじも。アマリエンボー宮殿との観光でセットで訪れるのもおすすめです。観光客が多いエリアですが、宮殿とこの教会の周りはどこか静かな空気が流れています。コペンハーゲンの必見の観光エリアです。

17.ストロイエ

出典:www.istockphoto.com

コペンハーゲンで一番観光客が多い通りがこのストロイエかもしれません。デンマーク国内だけでなくヨーロッパ最大の歩行者天国として一日中人が集まっています。この通りの両側にはたくさんおしゃれなショップやかわいいカフェ、レストランなど並んでいます。路上パフォーマーもあちこちにいてて賑わっています。

観光土産やデンマークのかわいい雑貨を買うならこの通りに行けば間違いなし!ロイヤルコペンハーゲンのショップからアンティークショップなど、どのお店もかわいくておしゃれなものばかりです。買い物好きにはたまらない通りになっているので、ショッピングメインの観光で来る人は半日から一日時間をかけてじっくりとお店も回るのもおすすめです。お気に入りの一つをゲットしちゃいましょう!

18.クリスチャニア

出典:commons.wikimedia.org

コペンハーゲンにあるのにコペンハーゲンじゃない地区がこのクリスチャニアです。ヒッピーの楽園と言われて住民はたった850人ほど。元々は軍の所有地だった場所に不法占拠していってできた町です。町というには小さく、どちらかというと村というか「大学の文化祭」的な雰囲気があります。今ではコペンハーゲンの観光名所の一つになっているんですよ。自称・自治区ということでなんと国歌や国旗まであります。自由を愛する人々の村はのんびりと過ごすには最適な場所です。

住民が案内するツアーもあるので、クリスチャニアについて知りたい人は参加してみるのもありです。観光するときは色々と禁止事項もあるので看板を必ず見ましょう!夜になると治安はあまりよくないので昼の明るい内に行くことをおすすめします。

19.コペンハーゲン市庁舎

出典:www.istockphoto.com

コペンハーゲンを象徴する建物の一つとして観光客が集まるところがこの市庁舎です。中世のデンマーク様式とルネッサンス様式を合わせてデザインされた外観はメルヘンの国そのもののような可愛らしさ!市庁舎の前にはアンデルセンの像が立っていて、一緒に写真を撮る観光客で溢れています。

市庁舎に観光にきたらはずせないのがツアー参加!ツアーに参加するとコペンハーゲンで一番高い塔に登ることもできちゃいます。全部階段でかなりキツいですが、登ったあとのコペンハーゲンの街を見降ろす景色は絶景です。もう一つの目玉がイェンス・オルセンの天文時計。50年以上かかけて設計された時計は100年に1000分の1秒しか誤差が生じないという驚異の精密さで知られています。大切の保管された時計は必見です。

20.オペラハウス

出典:www.istockphoto.com

デンマークの近代建築といえばこのオペラハウスもその一つです。コペンハーゲンの海に面して2005年に完成したオペラハウスは今や観光スポットになっています。建築家ヘニング・ラーセンによってデザインされたオペラハウスは、外観はガラス張りの近代的でユニークです。もちろん内部のこだわり抜かれたデザインは圧巻です。天井からたくさんの球体がぶら下がったホワイエでまずは迎えてくれます。観客席に行くと、天井には4億4000万ドルも投資された24金のゴールドリーフが10万5000枚も使われた装飾が見えます。

デザインだけでなく音響も世界トップクラスです。毎日バレエやオペラなど公演されています。普段着で来てる観光客がほとんどなので気軽に行ってみましょう。ちょっと贅沢したい人は水上バスに乗って行くのも楽しいです。アマリエンボー宮殿から見るオペラハウスがおすすめ!夜のライトアップもお見逃しなく!

21.カステレット要塞

出典:撮影者:Richard Baer/flickr

空から見ると星型になっているカステレット要塞。その昔、コペンハーゲンの港を守るために作られました。なので敷地内には砲台が残されています。ですが今では要塞の雰囲気は無くなって、観光客や地元の人がのんびり過ごすのどかな空気が流れている憩いの場所です。公園の緑と海の青が見えてここにいるだけで癒されるでしょう。

要塞の周辺の公園はチャーチル公園という名前で、イギリス元首相ウインストン・チャーチルの像が入り口にあります。公園内には赤い風車や教会などもあってデンマークの田舎のような景色がこの公園で見れます。お散歩コースもあって、夏にはジョギングや散歩をしている観光客もいます。コペンハーゲンで散歩をしたいときにはベストなスポットです。

22.コペンハーゲン大学植物園

出典:www.istockphoto.com

デンマークの中でも歴史ある古い植物園がコペンハーゲンの中心地にあるこのコペンハーゲン大学植物園です。今の場所には19世紀後半に移転してきたのですが、もとは1600年に起源があるというとても歴史的な植物園です。もちろん一般開放されているので立ち入りできます。中には温室やデンマークの花などが植えられています。花の写真を撮って楽しむ観光客やのんびり散歩してる人など自由です。クリスタルパレスをイメージして作られた温室の建物は建築好きでも見応え十分です。レンガ造りのかわいいショップにはガーデングッズやお土産も売ってるのでガーデン好きの方はぜひ行ってみましょう。

冬の寒い時期に観光するには温室で観光と休憩かねて立ち寄ってみてもいいですね。ローゼンボー城と公園を抜けた先に植物園はあります。コペンハーゲンののんびり観光コースとしていかがでしょうか?

23.コペンハーゲン動物園

出典:撮影者:Daniel/flickr

コペンハーゲン観光で長期滞在する人、家族連れで子どもが楽しめる場所へ行きたい人、コペンハーゲン動物園へ行ってみませんか?街中観光は楽しいけど、歩き回るのはちょっと疲れるときはありますよね?この動物園で一日ゆっくり過ごしてみてはどうでしょう?
園内ではキリンやゾウや定番のかわいい動物達や、ヤギなどおとなしい動物達と触れ合えるコーナーもあります。また北欧ならではの動物や北極の動物なども観れます。中でも北極グマが水中で泳いでいるところを観れるのは迫力満点です。頭の上を通るときは興奮ものです。

動物園の中には展望台があり、登っていくとコペンハーゲンの街が目の前に広がります。動物たちに会えて景色も楽しめる動物園はゆっくり観光したいときにどうぞ。

24.カールスバーグ博物館

出典:commons.wikimedia.org

ビール、お酒好きでコペンハーゲンに観光にきたらカールバーグに行きましょう!昔のカールバーグの工場跡を当時の姿のまま残し、博物館として生まれ変わらせました。観光用に見学ツアーがあるので、申し込むとツアーの最後にビールが飲めるというおいしいコーナーが待っています。建物内ではビールや製造に関するものが展示されています。ビールを飲む前にその作り方などについて勉強すると、後で飲むビールもさらにおいしく感じるかもしれません。

工場があるバルビーという地区はコペンハーゲンのはずれにあるのどかな地域。一戸建ての住宅が立ち並ぶ人気住宅街でもあります。建っている家はどれもデンマークらしいかわいいデザインです。時間があればデンマークの住宅街を散策してみるのもたのしいですよ。

25.ゲフィオンの噴水

出典:www.istockphoto.com

カステレット要塞のすぐ近くにある噴水です。コペンハーゲンの有名な噴水と像で、観光シーズンにはたくさんの観光客がここで休んだり写真を撮ったりしています。

モニュメントは北欧神話の女神がモチーフになっています。その昔、スウェーデンの王が女神ゲフィオンに一夜で耕せるだけの土地を与えようと言いました。女神ゲフィオンは息子4人を牛に変えて土地を掘り、掘った土を海に投げ、その土でできた島がコペンハーゲンのあるシェラン島と言われています。

水の勢いがあり、女神の像の逞しさと合っていて全体が力強い噴水です。噴水にコインを投げ込んでいる観光客の姿も見られます。絶好の撮影スポットでもあります。人魚姫の像へ行く途中の通りにあるのでぜひセットで観光してください。

26.トーヴァルセン美術館

出典:www.istockphoto.com

トーヴァルセン美術館はその名前の通り、デンマークを代表するコペンハーゲン出身の彫刻家、デンマークを代表する彫刻家のベルテル・トーヴァルセンのために作られた美術館です。彼のほとんど作品がこの美術館に保管されています。トーヴァルセンの作品はネオクラシックで新古典主義を代表する北欧3大彫刻家の第一人者として知られています。彼の作品をどれも力がある見応え十分です。彫刻に興味のない人でもそのパワーに思わず引き込まれます。

また、美術館の建物自体もとても歴史的なもので、1839に建てられはじめて1848年に美術館としてオープンした古い建物です。彫刻以外の展示品もあり、そちらも必見です。

27.デザインミュージアム

出典:撮影者:Rob Deutscher/flickr

コペンハーゲンに観光にきたら、やっぱり「北欧デザイン」を観たくないですか?1895年にオープンしたデザインミュージアムではデンマークの伝統的なデザインを学ぶことができます。デンマーク最大のデザインミュージアムでスカンジナビアと世界のデザインの展示会も積極的に開催されています。より詳しく展示品について知りたい人は日曜に観光客向けに見学ツアーもあるので、解説付きでじっくり見て回ることができるのでオススメ。展示会の予定はホームページでチェックしていきましょう。

今ではミュージアムとして使いやすいように改装されていますが、建物自体も観光スポットです。ロココ様式の建物は1752年につくられ、今でもその雰囲気は残っています。周辺には公園があり館内にはカフェもあるので、ミュージアムで静かにのんびりと過ごす贅沢な観光が楽しめますね。

28.王立劇場

出典:ja.wikipedia.org

近代的なオペラハウスとは反対に、デンマークで最も古い劇場が同じくコペンハーゲンにあります。石造りの壁の外観が堂々として迫力あるオーラを出しています。ニューハウンのすぐ近く、コンゲンス・ニュートー広場の南に位置していて観光もしやすいスポットです。1874年に初演がされました。当時は観客席は600席しかなかったのですが、改修を繰り返して今の1500席になっています。

デンマーク王立バレエ団がメインとしてこの劇場で公演しています。コペンハーゲンで贅沢な観光をしたい人はぜひこの劇場に足を運んでみてはいかがでしょう?昔は社交界の場だった劇場でその時のようにゴージャスな気分を味わえるかもしれません。バレエ以外にも演劇、オペラ、コンサートも公演されています。夜のライトアップされた劇場もさらに迫力が増して建物を見るだけでもオススメです。

チケットはチケットオフィスでもホームページからも購入できます。

◎まとめ

いかがでしたでしょうか?デンマーク最大の都市コペンハーゲンは街中至る所に観光スポットが溢れています。歴史的な建物や最先端のモダン建築、女王様の住む宮殿から色々自由なヒッピー自治区などなど、とにかくものすごい振り幅!それでいてそれぞれがぶつかり合わずに共存し、落ち着いた穏やかな雰囲気が漂っているのは感心してしまいますね。
さまざまな楽しみ方ができる魅力的な都市コペンハーゲンは、欲張りな観光をしたい人にぴったりの観光地です。

ヨーロッパ有数の人気観光都市であるコペンハーゲン。観光したい人は早めに宿泊先やチケットなどを抑えておきましょう!なおオフシーズンは極寒ですので、念入りな防寒の準備を忘れずに!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コペンハーゲンでおすすめの記事

コペンハーゲンのアクセスランキング