ナミビアの首都ウィントフックのおすすめ観光スポット7選!

ナミビアの首都ウィントフックのおすすめ観光スポット7選!

ナミビアの首都ウィントフックは、植民地時代の1892年にドイツ領西アフリカの首都となったことから、今日でもドイツ系住民が多く、ヨーロッパ的な街並みが残されています。他方で、タウンシップと呼ばれる昔からのスラム地域もあるなど、南部アフリカの多くの国と同様に植民地時代の影響も垣間見られます。

ナミビアといえば、何よりも目につくのはやはり広大過ぎるくらいに広大な砂漠でしょう。あまりにも広く砂と空以外ほとんど何もない世界最古の砂漠を訪れると、とても不思議な感情にとらわれます。

ウィントフックには旅行会社も多く、ここからナミブ砂漠へのツアーに出発する観光客も大勢いるので、旅の情報交換にも適したところですよ。

目次

ナミビアの首都ウィントフックのおすすめ観光スポット7選!

目次を閉じる

1.クリストゥスキルヒェ

ウィントフック中心部の丘に建つクリストゥスキルヒェは、ドイツ語で「キリスト教会」の意。ナミビアがドイツの植民地だった1907~10年ごろに建設された、ドイツ様式の福音派教会です。今日ではウィントフックの街のシンボルとなっていて、雑誌やネットなどの記事でウィントフックが紹介されるときに、高確率で搭乗する代表的な歴史的建造物です

建物こそドイツ風ですが、ドイツに生えているはずのないヤシの木が植わっている光景がなんともシュールな観光スポット。教会内はとても静かで、アフリカの熱気に圧倒された観光客が、ほっと一息つくのにも良い場所ですよ。

2.カトゥトゥラ・タウンシップ

出典: leo.laempel

ウィントフック市街北部のカトゥトゥラ地区を訪れることは、一般的な観光地巡りでは決して味わうことの出来ない、ナミビアの人々のリアルな生活のにおいに触れられる絶好の機会となるでしょう。南アフリカのタウンシップと比べるとだいぶ安全ですが、それでも現地のガイドと一緒に訪れるのが安心です。

カトゥトゥラ・タウンシップの料理は美味しく、特に牛肉の串焼きはとても評判です。もちろん、お肉以外にも現地の美味しい食べ物をたくさん食べることが出来ますし、ここの屋台で食べれば直接カトゥトゥラタウンシップの人々を経済的にサポートすることにもなります。経済格差を生む現在の経済システムについて考えるきっかけになるかもしれませんし、また貧困下でも生き生きと暮らす人々の姿に感動するかもしれません。

ナミビアの観光客向けのスポットだけでなく、こうしたタウンシップにも足を運ぶのも、きっと有意義な体験となることでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ウィントフックでおすすめの記事

    ウィントフックの記事はまだありません。

ウィントフックのアクセスランキング