道後温泉のおすすめ観光スポット6選!『坊っちゃん』の舞台松山を訪ねて

画像出典:Higashi2017 / PIXTA(ピクスタ)

道後温泉のおすすめ観光スポット6選!『坊っちゃん』の舞台松山を訪ねて

道後温泉といえば、日本三古湯の1つにも数えられる愛媛の名湯!それでいて四国最大の都市松山の市街地にあることから、観光のアクセスも第一級といえます。古くは現存する最古の和歌集『万葉集』に謳われ、近代では夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも登場するなど、日本の文学とも深いかかわりをもつ温泉です。松山市街を走る路面電車で簡単に行けるため、道後温泉観光は松山観光と重なる部分が多く、周辺の見どころも多数!今回は道後温泉と合わせて訪ねたいオススメ観光スポットを6選ご紹介します。

目次

道後温泉のおすすめ観光スポット6選!『坊っちゃん』の舞台松山を訪ねて

目次を閉じる

1. 道後温泉本館

出典: kawayasu / PIXTA(ピクスタ)

日本三古湯の1つ道後温泉は、お湯はもちろんのことその建物も欠かすことのできない観光スポットです。中心となる「神の湯本館棟」は、明治27年(1894)に松山城の城大工の血を引く坂本又八郎の設計で建てられました。増築を重ねて現在の姿になったのは大正13年(1924)のことで、現在は4つの建物が国の重要文化財に指定されています。

本館ができたのは漱石が松山中学の英語教師として赴任する前年のことで、『坊っちゃん』のなかでも「温泉だけは立派なものだ」と称賛されています。館内には漱石が実際に使ったといわれる部屋が「坊っちゃんの間」として残っていて、一般観光客の見学も可能です。さらには『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルの1つだと公言されていて、ジブリファンなら一度は訪ねておきたい聖地でもあるんですよ。

道後温泉本館には「霊の湯」と「神の湯」の2つの浴室と、計4つの入浴コースがあります。このうち「霊の湯」の入浴券を購入すると、日本で唯一の皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」をガイドの解説付きで観光することができます。

ちなみに、本館は2019年1月から老朽化による改修工事に入ります。工事中も場所を限定して入浴は可能なので、明治の趣あふれる道後温泉本館の観光を楽しむことは引き続き十分可能です。

2. 道後ハイカラ通り

道後ハイカラ通りは道後温泉に訪れるなら必見の観光スポット。道後温泉駅を出た目の前から、道後温泉本館まで続く商店街です。愛媛・松山・道後温泉のグルメやお土産はもちろん、日帰りで楽しめる温泉などもありますよ。

■みかんの木

愛媛と言ったらみかんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「みかんの木」では愛媛の特産品でもあるみかんをはじめ、みかんジュースやみかんゼリー、みかんジェラートなど、みかんをたっぷり堪能できるおすすめのお店です。

■伊織道後本店

愛媛はみかんだけではなく今治タオルも有名です。その有名ぶりは世界に名をとどろかせるほど。道後ハイカラ通りにはタオルを専門に取り扱う「伊織道後本店」があります。今治タオルはもちろん品揃えは豊富に揃っているので、自分用にも思わず欲しくなるでしょう。

■道後マルシェ

「道後マルシェ」は愛媛・松山・道後温泉にまつわる特産物やお土産などを販売しています。店内は落ち着いていて、おしゃれな雰囲気です。ゆっくりお買い物を満喫してくださいね。

3. 松山城

日本に12基しかない木造現存天守の1つが残る松山城は、愛媛県のシンボルともいえる観光名所です。大天守を含む21棟の建物が国の重要文化財に指定されています。2009年のミシュラン観光版で2つ星にも認定され、近年は海外からも人気のスポットとなっています。

松山城天守は標高132mの山の上にありますが、東麓からロープウェイとリフトが通っているので息を切らすことなく観光が可能です。累々たる石垣と数多くの櫓や門が連なる様子は、日本のお城なかでも貴重な景色!3層の大天守からは、道後温泉を含む松山市街360度の大パノラマが楽しめますよ。

余力があれば、帰り道は登山道を歩いて南麓へ降りてみましょう。お殿様が普段の生活を送っていた二之丸が史跡庭園として整備されていて、ここも見どころとなっています。発掘により明らかとなった大井戸遺構や、石垣の上に長々と続く多聞櫓など、お城の雰囲気を存分に感じることができるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

松山でおすすめの記事

松山のアクセスランキング