ヨーロッパ建築と松花江を満喫できるハルビン(哈爾浜)の観光地10選!

画像出典:aphotostory/Shutterstock

ヨーロッパ建築と松花江を満喫できるハルビン(哈爾浜)の観光地10選!

氷の街として知られるハルビン(哈爾浜)は、中国の東北三省でも一番北にある黒竜江省です。冬は最高気温でも-10℃前後と、中国の中でも寒い町として知られてます。しかし、ハルビンでは室内の暖房設備はしっかりしていて、半袖でも過ごせるくらいです。

メインとなる観光スポットは、繁華街の「ハルビン中央大街歩行街」や、ロシア建築のある「ソフィア広場」、4D映画も見られる「龍塔(テレビ塔)」など。
ハルビンの冬はとても寒いですが、観光スポットも多いので冬にも関わらず観光客が意外といるのです。

それでは、ハルビンの観光スポットを順に紹介していきましょう!

目次

[x] 閉じる

ヨーロッパ建築と松花江を満喫できるハルビン(哈爾浜)の観光地10選!

1.ハルビン中央大街歩行街

「ハルビン中央大街」は、ハルビンを代表する観光スポット。石畳の大通りとしては、アジア最大の規模を誇ります。そのオシャレな風景は「東方のパリ」と称されるほど。

1986年に、ハルビン人民政府が建築物をはじめとする景観の保護をしました。それから、歩行者天国に整備されたハルビン中央大街は、中国でも有数の商業通りになります。2010年には、「中国歴史文化名街」にも国家から選ばれました。

北は「松花江防洪記念塔」に始まり、南は「経緯街」まである中央大街。全長は1,450mの歩行者天国で、幅は21mもあります。レストランが多く、中華料理はもちろんロシア料理などを堪能できます。

ハルビン中央大街歩行街を歩いていて、目につくのがヨーロッパ建築。なんと、周辺にヨーロッパ建築が71棟あり、ルネッサンス式やバロック式、折衷主義から現代風の建築物までの「保護建築物」が13棟あります。細い小路に入ると西洋建築の影響を受けた異国情緒あふれる風景が観光客の目を楽しませています。

ヨーロッパの魅力を内包した300年の文化や歴史が見られる観光スポットです。ハルビンを観光したときは、ぜひ訪れてみてください。

2.ソフィア大聖堂

出典: icpcnews icpcnews/flickr

ソフィア大聖堂はロシア正教の教会の聖堂です。ハルビンのシンボルともいえる建築で、現在は教会ではなく、ハルビン建築美術館として、一般に公開されています。

その重厚な外観は、ビザンチン建築の影響を色濃く残し、観光客を魅了します。しかし、外観だけでなく、建物内部にも見どころはいっぱい!窓のステンドグラスや、ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』のレプリカなど、見ごたえ十分です。ソフィア大聖堂はヨーロッパのような趣のあるハルビンならではの観光スポットですね。

3.ハルビン防洪紀念塔

ハルビン防洪紀念塔は、ハルビン市民が1957年に発生した大洪水を乗り越えた記念として、1958年に造られた観光地です。1997年にはロシアのエリツィン大棟梁が訪れたことでも知られています

観光客のいる塔の正面には噴水があり、ハルビン市民の勇気と知恵を称えています。「水を恐れることなく、末長く栄え、幸せを市民が創造する」という願いが込められています。

「海抜120.3m」と刻まれているのは、1957年に起きた大洪水の最高水位を示しています。松花江の近くにあるハルビンの街の歴史を知ることができる観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ハルビンでおすすめの記事

ハルビンのアクセスランキング