熱気いっぱいの魅力あふれる街、コロンボのおすすめ観光スポット10選!

画像出典:Artem Furman / PIXTA(ピクスタ)

コロンボはインド洋に浮かぶ宝石と呼ばれるスリランカ南西部最大の都市。イギリス統治時代の面影が残る洗練された美しい建物と、南アジア特有の雑然とした空気が融合した独特な雰囲気があり、観光地としても人気を集めています。近年、目覚ましい発展を遂げているこの町には、最新の観光スポットから、歴史的に貴重な建物まで多種多様な見どころが満載。刻一刻と変化し続ける観光地として、今後ますます注目のコロンボのおすすめ観光スポットをご紹介します。

[x] 閉じる

熱気いっぱいの魅力あふれる街、コロンボのおすすめ観光スポット10選!:目次

1.ヴィハーラマハーデーヴィ公園

出典:commons.wikimedia.org

コロンボの中心地にある緑豊かなヴィハーラマハーデーヴィ公園。コロンボ随一の広さを誇る公園で、地元の人や観光客が散策したり、のんびり木陰で休んだりする光景が見られます。公園内でひと際目を引くのは、台座に鎮座する大きな仏像。仏教国であるスリランカならではですね。周りに生息する植物は、南国らしい珍しい種類のものが多く観光気分味わえますよ。また、ロバが飼育されているコーナーや池で遊ぶ鳥たち、園内を駆け回るリスなど、さまざまな動物との触れ合いも楽しむことができる公園です。ゆったりと過ごしたいときに訪れたいスポットです。

2.ガンガラーマ寺院

出典:ta.wikipedia.org

ガンガラーマ寺院は、コロンボの中心部ある見どころが多い寺院として知られ、観光名所として人気もあります。連日観光客も多く訪れ、参拝に訪れる地元コロンボの人たちでいつも混み合っています。広々とした敷地内には彫刻や仏像が所狭しと置いてあり、見ごたえ抜群。仏像と一緒に置かれている実物大の象の彫刻は圧巻です!

すぐそばにはベイラ湖。見晴らしの良い最高のロケーションを散策しながら参拝に訪れると良いでしょう。日没後、ライトアップされた寺院内はとても神秘的。コロンボを訪れたら、見逃せないスポットのひとつです。

3.コロンボ国立博物館

出典:ja.wikipedia.org

美しく整備された広い庭園にそびえ立つ白亜の建物が、コロンボ国立博物館です。コロンボ中心部にあるこの博物館は、定番観光スポットであり国内最大の博物館です。

建物はイタリア様式の豪華な造り。庭園の緑に真っ白な建物のコントラストが美しく、ひと際目を引きます。建物内部は広大で開放的。時間に余裕を持ってじっくり見学するのがおすすめです。コロンボの観光をスタートする前に博物館で歴史を学べば、よりコロンボへの関心が深まり、充実した旅行になりますよ!

4.ダッチホスピタル

出典:Amila Tennakoon

コロンボフォート駅からそれほど離れていない場所にある、ダッチホスピタル。その名の通り、もともとは病院として使われていた建物を改装しておしゃれな観光スポットに生まれ変わった、コロンボで人気のショップやカフェレストランが入った複合施設です。

スリランカ発祥のカジュアルブランドやハンドメイド製品のショップなども入っているので、ちょっとした気の利いたスリランカみやげも見つかりますよ。観光で歩き疲れたらスパでトリートメントを受けてみるのも良いですね!周辺には様々なレストランもあるので、旅の締めくくりに1日のんびり過ごしても良いかもしれません。洗練された空間に驚かされること間違いなしです!

5.ジャミ・ウルアルファーモスク

出典:commons.wikimedia.org

生地やアクセサリーを扱う小さな店舗がひしめき合う、問屋街のような雑然とした街中に突如現れる赤と白のモザイク模様が美しいモスク、それがジャミ・ウルアルファーモスクです。

そのデザインはほかのモスクとは一線を画していて、コロンボでも人気の観光スポットとなっています。建物の周りは、常にイスラム教徒の信者たちで大混雑。観光客は建物内には入れませんが、外からそっと中を覗く程度なら可能です。建物はとても大きく、外観を見ているだけでも圧倒されてしまいます。他ではなかなか見ることができない建物なので、コロンボ観光の際には必見です!

6.ゴールフェイス

出典:commons.wikimedia.org

コロンボの中心地からほど近い海岸線、ゴールフェイス。インド洋が広がる絶景が見られる、人気の観光スポットです。コロンボの海岸は波が荒く海水も青くはないので、海水浴には向いていませんが、海岸沿いを散策する地元の人や観光客で大賑わい。海岸沿いは広場になっていて、週末には数多くの露店が立ち並びます。

昼間は気温が高く日差しも強いので、水分補給をお忘れなく。スリランカの甘いアイスクリームも美味しく感じられますよ!散策するのであれば、夕方の時間帯がおすすめ。日が沈むとだいぶ涼しくなるので、海風を感じながら心地よく散歩を楽しめます。そして、何と言っても一見の価値があるのは夕焼け。一面に広がるインド洋に沈んでゆく夕日は、まさに絶景です。コロンボの夕景はゴールフェイスで決まりですね!

7.聖アンソニー教会

出典:commons.wikimedia.org

イギリス統治時代を思わせる聖アンソニー教会は、コロンボフォート駅のすぐそばに位置する人気の観光スポット。西洋風のデザインが目を引くその建物は、華美な装飾は施されていないので雑然とした街の中にも馴染んでいます。

そのシンプルな美しさは、駅前の混雑をものともしない圧倒的な存在感です。建物内部もとても質素な造りですが、地元の人の姿も多く訪れる、コロンボ市民に愛されている教会です。

様々な宗教が共存しているスリランカでは、海外からの観光客にもとてもフレンドリー。週末のミサに参加すれば、きっとコロンボの人々が温かく迎えてくれますよ。

8.旧国会議事堂

出典:commons.wikimedia.org

首都がコロンボだった時代に旧国会議事堂として使用されていた建物が、現在は政府関係の建物として使用されています。1930年に建てられたこの建物はそれほど歴史は古くありませんが、バロック建築の重厚感が漂う造りが魅力の観光スポットになっています。

観光客は基本的に内部の見学はできませんが、遠くから見るだけでも感じられる圧倒的な存在感。柱や壁面に施された細かい彫刻は見事です。海岸のすぐそばなので、散歩の途中に立ち寄ることもできますよ。

9.独立広場

出典:commons.wikimedia.org

コロンボ中心地にある独立広場。ここには、英国統治時代に終わりを告げ、セイロンとして独立した記念に1948年に建てられた記念碑があります。海外からの観光客だけでなく、スリランカの各地からもたくさんの人が訪れる人気の観光スポット。周りは緑で覆われた広々とした公園です。記念碑の前には初代大統領の銅像があり、スリランカの歴史を振り返る場として地元コロンボの市民から大切にされています。

広い敷地内には記念碑以外にも噴水や木々が生い茂る森林もあり、人びとの憩いの場所にもなっています。また、広場に面して建っているインディペンデンス・アーケードは、コロンボ有数のおしゃれスポット。さまざまなショップやレストランが入っていて買い物や食事に便利なので、こちらも観光の合間にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

10.シーマ・マラカヤ寺院

出典:commons.wikimedia.org

ガンガラーマ寺院のすぐそばに、湖に浮かぶシーマ・マラカヤ寺院があります。スリランカで有名な建築家、ジェフリー・バワが設計したコロンボでも人気の高い観光名所です。

建物自体はとても小さく、瞑想する場所として造られたそう。高床式のデザインがコロンボの街とマッチしていて、とても美しい姿です。建物の周りには、数多くの仏像がずらりと並んでいて圧巻。中にはタイや日本から贈られた仏像もありますよ。

建物内から見る湖の景色も良いですが、湖上に浮かぶ青い屋根を遠くから見るのも、神秘的で美しい景観。コロンボに訪れる観光客に人気なのも納得です。湖周辺には見どころも多いので、観光の合間にシーマ・マラカヤ寺院にもせひ立ち寄ってみてくださいね。

◎まとめ

魅力が詰まったコロンボ。現在も発展が続くコロンボは、訪れる度に進化していて驚かされること間違いなし。観光客にリピーターが多いのも納得です。開発途上でありながら、美しく整備された中心部や超高層ビル群には目を見張ります。その一方で、歴史的に価値がある建物も多く残り、観光スポットも盛りだくさん。新鮮な南国フルーツや美味しいミルクティーを味わうこともお忘れなく!
訪れる観光客を惹きつける不思議なパワーを持った神秘の町コロンボ。ぜひ一度実際に訪れて、その魅力を体感してみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コロンボでおすすめの記事

コロンボのアクセスランキング