中世の香り溢れるカリブの都市サント・ドミンゴおすすめ観光スポット12選

中世の香り溢れるカリブの都市サント・ドミンゴおすすめ観光スポット12選

GoToキャンペーンバナー

目次

中世の香り溢れるカリブの都市サント・ドミンゴおすすめ観光スポット12選

目次を閉じる

7. ロス・トレス・オホス公園

旧市街から少し離れて、サント・ドミンゴの自然を堪能しませんか?ロス・トレス・オホス公園は旧市街から車で約15分のところにあり、園内に鍾乳洞があることで有名です。旧市街からのアクセスも容易なため、多くの観光客が訪れるサント・ドミンゴの人気スポットとなっています。

トレス・オホスとはスペイン語で「3つの目」を意味します。公園の東端にある鍾乳洞の中に、3つの地底湖があることから名付けられたのだとか。地下15メートルの洞窟の中にある湖の水は、透明度の高いターコイズブルー!湖の水はそれぞれ水温や色が異なるのだそうですよ。

洞窟内には古くは先住民が住んでいたと言われ、中は涼しく快適です。また、洞窟を抜けて見える景色はとても神秘的。圧倒的な自然美を前に、感嘆せずにはいられないはずです。サント・ドミンゴの市内観光だけではもったいないので、ぜひ足を延ばしてみてください。

8. ハルディン・ボタニコ

出典: Juan V

ハルディン・ボタニコは、サント・ドミンゴにある国立の植物園です。200ヘクタール以上もある広大な敷地を誇り、カリブ海最大の植物園と言われています。園内では、ヤシの木をはじめとする様々な熱帯植物や、300種類以上のランなどを見ることができますよ。

広い園内は歩き回るだけでも大変!そんな時は、園内を走る電車に乗るのがおすすめです。この電車は30分で園内を回るガイドツアーになっています。ガイドは英語とスペイン語のみですが、園内を歩き疲れた時にとても便利です。

この植物園の目玉は、世界最大級と言われる日本庭園です。観光客からも人気が高く、入り口には立派な鳥居が建っています。日本人の造園家がデザインした庭園は、中央に池や灯籠も配置され、かなり本格的です。観光に疲れた時は街の喧騒から離れ、緑に癒されに行きましょう。

9. 国立水族館

出典: Agnieszka Rysio

1990年にオープンした国立水族館は、サント・ドミンゴの旧市街地から車で約10分の海沿いにあります。カリブ海最大の水族館のひとつと言われ、様々な種類の熱帯の魚やウミガメなどを見ることができます。とくにカメの飼育に力が入れられていて、ドミニカでは幸運を呼ぶ生き物として大切にされているのだそうです。

水族館の一番の見どころは、たくさんの魚たちが泳ぐ水槽のトンネル。観光客にも好評で、特に子供達から大人気です。水族館の外の広い庭からはカリブ海を望むことができ、子供用の遊び場も作られています。ここは地元の人々の憩い場になっていて、ピクニックを楽しむ人々で賑わっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

サント・ドミンゴでおすすめの記事

    サント・ドミンゴの記事はまだありません。

サント・ドミンゴのアクセスランキング