中世の香り溢れるカリブの都市サント・ドミンゴおすすめ観光スポット12選

中世の香り溢れるカリブの都市サント・ドミンゴおすすめ観光スポット12選

カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島の東側を占めるドミニカ共和国。その首都であるサント・ドミンゴは、コロンブスが発見した「新大陸」で最初に作られた植民都市です。スペインの雰囲気が漂う街並みには、歴史的な建造物や遺跡がたくさんあり、当時の面影を残しています。   

特にサント・ドミンゴの旧市街地は、1990年に「サント・ドミンゴの植民都市」として世界遺産に登録されている歴史的な観光地。博物館や遺跡に公園など、多くの観光客を魅了する観光スポットが目白押しです。

そこで今回は、ぜひ訪ねてほしいサント・ドミンゴのおすすめ観光スポットを、厳選して12ヵ所ご紹介します。

目次

中世の香り溢れるカリブの都市サント・ドミンゴおすすめ観光スポット12選

目次を閉じる

1. コロンブス公園(コロン公園)

サント・ドミンゴを観光するなら、まずは世界遺産にも登録されている旧市街地「ソナコロニアル」を散策するのがおすすめです。コロンブス公園は旧市街地の中心部にあり、地元の人々の憩いの場となっている広場です。サント・ドミンゴにはコロンブスに関連した観光地がたくさんありますが、こちらもそのひとつ。この公園の中央には新大陸を指差すコロンブスの像が建っていて、公園のシンボルになっています。

地元の人々とたくさんのハトが集う公園には、木々が生い茂る木陰の下にベンチがあり、のんびりと寛げるようになっています。楽器を演奏する人、靴磨きのおじさん、かき氷を買いに来る子供達など、市民の暮らしを垣間見ることができ、サント・ドミンゴの雰囲気を味わうのにうってつけの場所です。

周辺にはオシャレなカフェが並んでおり、観光の休憩場所としても最適ですよ!コーヒーを飲みながら、人間ウォッチングを楽しんでみてはいかがでしょう。

2. サンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂

サント・ドミンゴ観光で見逃せない人気観光スポットが、サンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂。コロンブス公園のすぐ後ろに建っている、サント・ドミンゴのランドマークです。サンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂は、新大陸に建てられた最初の教会で、コロンブスの遺言に従って1992年まで彼の棺が安置されていました。

1540年に完成するまでの間、多くの建築家が設計や建設に取り組み、何度も増改築されてきました。そのため、ロマネスクの柱にゴシックのアーチ形天井、そしてバロックの装飾といった調子でさまざまな様式が組み合わさり、独創的で荘厳な建物が出来上がりました。

大聖堂の内部に一歩足を踏み入れると、白く高いアーチ型の天井の美しさに圧倒されるでしょう。ステンドグラスから差し込む光も美しく、サンゴ石で造られた外壁も見事です。サント・ドミンゴ観光では真っ先に訪れてほしい観光スポットです。

3. アルカサル

アルカサルは、第4代総督にしてコロンブスの息子、ディエゴ・コロンブスが約4年かけて造らせた邸宅です。その後コロンブスの子孫が3代にわたって住んでいました。スペイン広場にあるこの歴史的な建物は、現在博物館として一般公開されています。サント・ドミンゴにある博物館のなかで、もっとも多くの観光客が訪れるスポットです。

ゴシック様式の豪華な建物には、当初は50室もの部屋と庭園および中庭があったのだとか。現在は約半分のサイズになり、22室の部屋があります。館内は当時の暮らしぶりが分かるように再現されていて、各部屋に置かれている豪華な家具や調度品、美術品は見応えがありまよ!音声ガイドを利用すれば、より理解が深まるでしょう。

アルカサルのあるスペイン広場は、いつも多くの地元の人々や観光客で賑わいます。歴史を感じながら、散策してみるのもいいですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

サント・ドミンゴでおすすめの記事

    サント・ドミンゴの記事はまだありません。

サント・ドミンゴのアクセスランキング