立山黒部の観光スポット10選!壮麗な山岳と歴史に触れる旅

立山黒部の観光スポット10選!壮麗な山岳と歴史に触れる旅

GoToキャンペーンバナー

立山黒部観光に欠かせないもの、それは高原・山岳散策とそれに伴う素晴らしい大自然の絶景。標高の高い地域における壮麗な世界は、観光客を惹きつけて止みません。

そのような立山黒部観光の醍醐味を思う存分味わえるのが、「立山黒部アルペンルート」。様々な交通手段を乗り継ぎながら、各観光スポットに行くことができます。立山黒部の雄大な自然に触れることで、心洗われる気持ちになりますよ。また、山麓にも立山黒部の自然と歴史を学べる観光スポットがあります。

ここでは、立山黒部アルペンルート、並びに立山町の観光スポットを厳選して紹介していきます。

目次

立山黒部の観光スポット10選!壮麗な山岳と歴史に触れる旅

目次を閉じる

1.立山山頂 雄山神社 峰本社

出典: 極地狐

立山黒部で登山観光であれば、やはり頂上を目指したくなりますよね。「立山」とは、「雄山(おやま)」、「大汝山(おおなんじやま)」そして「富士の折立(ふじのおりたて)」をまとめた総称です。最高峰は大汝山で3,015メートル。主峰は雄山となります。その雄山の頂上、3,003メートルに建立されているのが、雄山神社の本社なのです。

頂上は雲の上に突き出ており、そこに聳え立つ峰本社。移ろいやすい山の天気とも相まって、まさに立山山岳信仰の頂点といった風情。雲間から朝日が昇る御来光を望め、天気の良い日には立山黒部の景色はもちろん、遠く富士山まで見えることもありますよ。

登頂を成し遂げたら、ここ雄山神社でお参りを。そして、達成感と共にすがすがしい空気を味わいながら、立山黒部の絶景を堪能してみてください。

因みに、山頂は天気が変わりやすいですので、夏でも防寒対策はお忘れなく!

2.岩峅雄山神社(いわくらおやまじんじゃ)前立社壇

三社で構成される雄山神社の中で、最も平野側に位置するため、「前立社壇」と呼ばれる岩峅雄山神社。延喜式にも記されているように皇室はもちろん、戦国武将などとも縁のある神社です。冬場は雪深く、立山登頂が困難なため、一年を通して参拝や行事を行えるようにと山麓に建立されたといいます。

立山黒部住民はもとより、観光客も多く参拝に訪れ、また御祭神の一つ「伊邪那岐神(いざなぎのかみ)」が縁結びを司ることから、婚礼の場としても大いに利用されているのですよ。

境内には、かつての参拝者が罪のないことを誓って振りかけたとされるお湯を沸かしていた「湯立の釜」が県指定文化財として展示されています。また、拝殿では、こちらも県指定文化財である「石の狛犬」が観光・参拝客をお出迎え。

そして見どころはやはり、701年建立の本殿でしょう。源頼朝の時代から回収が重ねられ、今に至る本殿は、1903年に国指定重要文化財となっています。周囲の林に囲まれた静謐な空間へ、立山黒部観光の際にはチェックしたいスポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

立山町でおすすめの記事

立山町のアクセスランキング