国産ジーンズを生んだ倉敷市児島の観光スポット21選!

画像出典:PJ / PIXTA(ピクスタ)

国産ジーンズを生んだ倉敷市児島の観光スポット21選!

倉敷美観地区に代表される江戸時代からの面影が残る街、それが倉敷。漁業も盛んで、近くの港でとれた魚をつかったお寿司屋さんもあります。江戸のイメージだけが倉敷なのかというと、決してそんなことはありません!実は倉敷は国産ジーンズ発祥の地でもあるんです。

瀬戸大橋にもほど近く、JR瀬戸大橋線の駅もある児島周辺にはそんな歴史を物語るお店がたくさんあり、ファッショナブルな手作り体験もできます。ジーンズ以外にも大福や塩を使った和菓子のお店など、お土産にお勧めの一品がある店もたくさん!児島エリアにある観光スポットに加えて、そんな甘くておいしいグルメなところも添えながら、この町の隠れた魅力を紹介していきます。

目次

国産ジーンズを生んだ倉敷市児島の観光スポット21選!

目次を閉じる

1.大正からある塩を使った和菓子の老舗!塩尻喜月堂

都道府県別の塩の生産量がトップといわれる岡山県。倉敷市には、塩を使って和菓子を作るお店「塩尻喜月堂(しおじりきげつどう)」があります。お店の創業者が大正時代に地元の塩を利用して作った羊羹(ようかん)をお客様に提供しよと考えたのが発端とされ、その後、2代目の主が塩羊羹に続く名物を模索し、兵庫県の赤穂にある塩味まんじゅうを参考にして誕生させたのが塩まんじゅうです。

ようかんは添加物不使用のあっさり塩味。塩まんじゅうは小豆に塩を混ぜた餡が中に入っており、お店の2大看板商品です。

2.児島でいちご大福といえばこれ!甘月堂の多彩な手作りの味

ピンク色の屋根に、かわいいいちごがイラストされた看板が目印の昭和63年に創業した、いちご大福のお店です。児島エリアでいちご大福の店といえばこのお店が有名。商品はすべて手作りで、味は16種類。定番の味は、ブルーベリーといちごが入った生クリーム、そしてバナナ味です。

定番3種類のなかでも最も人気の高いのはいちご生クリーム味です。ほかにも季節に限定された商品で、マスカット白あん味や、さつまいも味の大福もあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

倉敷でおすすめの記事

倉敷のアクセスランキング