宿場町が大復活!世界が注目する「馬籠」の見どころ12選

画像出典:commons.wikimedia.org

宿場町が大復活!世界が注目する「馬籠」の見どころ12選

岐阜県の中津川市にある「馬籠」は、江戸時代を中心に「中山道六十九次」の四十三番目の宿場町として栄えた地域です。中山道は江戸と京都を結ぶ五街道の一つとして有名。他の道よりも取り締まりや危険な難所が少なかったことから、当時は比較的通行人も多かったといいます。しかし、山の尾根にある里村であることから、水に恵まれず火災が多かったのだとか。

1800年代には多くの建物が焼失し、宿場の廃止も追い風となり街は廃れていきました。しかし近年、古き良き日本の宿場町としての姿を復活させ改めて脚光を浴びているのです。この地で生まれ育った「島崎藤村」の歴史や、多くの文化人たちが訪れた街の歴史と文化は、地元の人々によって守られ受け継がれています。今回は、そんな馬籠の見どころを厳選してご紹介していきます。

目次

宿場町が大復活!世界が注目する「馬籠」の見どころ12選

目次を閉じる

1.「藤村記念館」で観られる、文豪・島崎藤村の歴史とともに眠る馬籠の面影

明治から昭和にかけて日本文学を支えた「島崎藤村」は、ここ「馬籠」で生まれ育ちました。彼がここで眺めていた風景は、歴史小説として現代でも高い評価を受ける代表作「夜明け前」の言葉の中にも描写されています。

教科書にも度々登場する偉大な文化人の生家は、明治28年の火災で焼失。その後、地元住民や彼の家族の力により文学館「藤村記念館」として建て直されました。現在は県の文化財に指定され、藤村の長男が寄贈した五千点以上の貴重な資料や愛用品などを展示。

建物の裏手にある島崎家の菩提寺「永昌寺」や、唯一焼失を免れた隠居所など、彼が観た当時の「馬籠」の面影と共に、彼の新たな一面に触れることができます。「夜明け前」の作中に万福寺の名で登場する「永昌寺」には、彼の遺髪や遺爪とともに家族が眠り、その墓石は藤村が設計したものと言われています。

2.「枡形・水車小屋」は馬籠の生活と安全を守った街のシンボル!

馬籠宿入り口付近にある桝形の道はは、城郭の桝形を模したもの。極端に曲げられた街道は、敵の侵入を難しくするために設けられました。現在の形は、交通の不便を解消するため明治38年に改修されており、比較的歩きやすくなっていますのでご安心ください。

「馬籠」のシンボルのような存在感がある石段沿いの水車小屋は、昔の趣をより一層引き立てています。昔からこの水車で水力発電がされており、地元の生活の源でもあるのです。思わず立ち止まらずにはいられない情緒は、時代を舞い戻ったかのような気分にさせてくれますよ!

3.「馬籠峠」はハイキングにぴったり!石畳から感じる歴史と情緒!

長野県との県境に位置する「馬籠峠」。馬籠宿からの難所とされ馬を宿に置いて行ったことから「馬籠」という地名になったと伝えられています。とはいえ標高801mで、馬籠から妻籠に向かう方向であれば登り坂も緩いので、ハイキングにもおすすめ。

「馬籠峠」を含めたハイキングをしたい方は、荷物を預けて身軽になって望むのもアリ!妻籠まで荷物を運んでくれて、ハイキング後に現地で荷物を受け取れるのでとっても便利です。古人達が旅した石畳の道を歩けば、当時の趣を肌で味わうことができるかもしれません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

中津川市でおすすめの記事

中津川市のアクセスランキング