個性的なお土産がたくさん!那覇空港で買える沖縄で人気のお土産品14選

画像出典:iLand / PIXTA(ピクスタ)

沖縄には観光スポットがたくさんあるように、個性的なお土産もたくさんあります。沖縄旅行を最後まで楽しむには、やはりお土産も外せませんね!沖縄の定番商品から限定の商品、新作の商品と様々なお土産がそろっている那覇空港で購入できるおすすめのお土産をご紹介します。

[x] 閉じる

個性的なお土産がたくさん!那覇空港で買える沖縄で人気のお土産品14選:目次

1. 那覇空港限定の泡盛「ホワイトタイガー」

沖縄のお酒といえば泡盛が定番のお土産商品ですが、空港内のお土産ショップには泡盛の特設コーナーがあります。そこには、たくさんの種類の泡盛がずらりと並んでいますよ。泡盛をお土産に買いたくても、たくさんあるとどれを選んだらいいか迷ってしまいませんか?それなら、那覇空港で限定販売している「ホワイトタイガー」がおすすめ。

那覇空港オリジナルの「ホワイトタイガー」は、長期にわたって熟成された泡盛。深いコクと香りと旨みを感じ、すっきりとした味わいが特徴です。また、瓶や外箱には白虎のデザインが描かれ、まるでウィスキーのようなデザイン。「ホワイトタイガー」はアルコール度数は40~43度で、熟成期間は5年と7年のものと最高級濃度の10年があります。泡盛が好きな方、友人や家族のお土産におすすめです。

2. もずくのお味噌汁やお吸い物になる「琉球最中」

お湯を注ぐとお味噌汁などになる最中が「琉球最中」。最中の中には、伊是名島産のもずくと味噌がフリーズドライ製法で入っています。フリーズドライ製法なので日持ちがしやすく、さらに沖縄の名物が入っている事からお土産でも人気が高い商品。

もずくのお味噌汁以外に、もずくとシークヮーサーや玉ねぎなどの具材が入ったお吸い物や、黒砂糖がアクセントになっている紅芋のおしるこがあります。琉球最中には3種類の味が1個ずつ入っているものと、3個ずつ計9個のものがありますよ。どの味でもとても美味しく、お湯を注ぐだけと簡単なので小腹がすいた時におすすめ!沖縄の食品で日持ちするお土産を選ぶ際には、「琉球最中」を購入してみてはいかがでしょうか。

3. 薬用ハブエキスが入った「ハブカレー」

沖縄には毒を持つハブが生息しています。そんなハブは古くから健康に良いとされており、お土産でもハブを使った商品は大人気。そのハブ商品の中には、ハブエキスが使われた「ハブカレー」があります。名前だけだとどんなカレーなのか想像できず、また味もどんなものなか気になる方は多いでしょう。このハブカレーには薬味にハーブが入っているハブ原酒を使っています。

そのハーブのおかげで独特の生臭さなどはなく、辛さも中辛なので美味しいと評判。この「ハブカレー」は薬用のハブ酒を製造している南都酒造が開発したレトルトカレーで、そのハブエキスはホルモンバランスを整える効果にも期待できます。ハブ酒はちょっと苦手だと思う方も、カレーなら美味しく食べられますよ。カレー好きな人には特におすすめしたい商品です。

4. 「オハコルテ」の絶品タルト

県内でも知名度抜群のタルト専門店「オハコルテ」は、チーズタルトやショコラタルト、旬のフルーツをたくさん使ったフルーツタルトなど種類が豊富。特にフルーツタルトは人気で、甘さ控えめでフルーツの味を生かしているので、甘いものが苦手な方でも美味しいと絶賛するほど人気です。

タルト生地自体が美味しいので、フルーツの美味しさをより引き立てています。また、「オハコルテ」のタルトはとても人気なため、すぐに売り切れてしまう事が多く、1日に数回タルトが空港内のお店に届きますが、必ず購入したいと思っている方は電話での予約や取り置きをしておくと良いでしょう。タルトだけではなく、バターサンドやサブレもデザインがオシャレで、しかも美味しいのでタルトとのお土産にもおすすめです!

5. 体に良い食材は使われている「沖縄黒六ひねり餅」

一度食べたらクセになると言われているお土産が「沖縄黒六ひねり餅」。沖縄のお土産では珍しいお餅ですが、このお餅には体に良いと言われる6つの食材が使われています。その食材とは黒糖、黒松の実、黒カリン、黒米、黒大豆、黒ごまです。見た目も黒砂糖のような色で、まさに黒ずくしのお餅になります。

お餅の味は黒糖の香りがよく、女性や年配者に人気の商品。モチモチというより、ぷにっと弾力がある食感を楽しむ事ができるので甘い物や和菓子が好き、黒砂糖が好きな人におすすめしたい一品です。

6. 紅芋の優しい甘さが美味しい「紅芋レアケーキ Shuri」

沖縄の特産品である紅芋は、様々なお菓子に使われています。紅芋タルトも定番のお土産ですが、「紅芋レアケーキ Shuri(シュリ)」もお土産に大人気。色鮮やかな紫色と白の2層生地が可愛らしい見た目をしています。口当たりがまろやかなケーキで、甘くておいしい濃厚な紅芋の味がしっかりと感じられるスイーツです。お芋には食物繊維が豊富なので、身体にも良いお菓子と沖縄の美学が詰まっています。

こちらのケーキは冷蔵状態で販売されており、保冷剤が付いていますが購入は搭乗する直前に買うのがおすすめです。早めに買いたいという方は全国発送もできるので、ぜひ利用しましょう。また、発送で自宅に届いたものは好きなように解凍する事ができ、解凍状態によって違った触感を楽しむ事ができます。半解凍の状態ではまるで紅芋のアイスクリームのような食感で、完全解凍では紅芋のしっかりとした味を感じる事ができるのです。甘くて美味しい沖縄スイーツなので、女性や子供へのお土産にいかがでしょうか。

7. 沖縄で人気のスイーツ「サータアンダギー」

サータアンダギーとは小麦粉と砂糖、卵で作った生地を油であげる、沖縄のドーナツのようなお菓子。サクサクとした表面で、甘さは控えめなので飽きがこないのが魅力です。砂糖が貴重な時代では白サータアンダギーが主流でしたが、現在では黒糖味やカボチャ、シークヮーサーや紅芋といった味も増えてきています。

県内でもいたるところで揚げたてのサータアンダギーを買う事ができますが、美味しいサータアンダギーをお土産に持って帰りたい方も多いでしょう。そんな揚げたてのサータアンダギーを2階の出発ロビーにある琉球村などで買う事ができます。サータアンダギーは冷めても美味しく、意外と頑丈なのでお土産にはぴったり。自宅用と一緒に友人へのお土産にすれば、喜ばれること間違いなしです。

8. 塩加減とメレンゲの口どけが最高の「雪塩ふわわ」

宮古島名産の塩で、宮古島の地下海水を使って作られたサラサラのパウダーが特徴の「雪塩ふわわ」。沖縄では雪塩を使ったお菓子の人気が高く、特に「雪塩ふわわ」が人気になります。「雪塩ふわわ」はメレンゲをふんわり焼いたお菓子で、ココナッツ風味にさりげない塩加減が絶妙な味となっているお菓子。メレンゲには平飼いされているニワトリの卵を使用しています。とても口どけがよく、口に入れるとすっと溶けるのでコーヒーや紅茶との相性も抜群!

定番の味はココナッツですが、他にも黒砂糖や紅芋といった味も美味しいのでいろいろ買ってみるのも良いでしょう。複数のフレーバーを買うなら、アソートや全種類がセットになったものがおすすめです。また、「雪塩ふわわ」だけではなく雪塩もお土産にはおすすめなので、ぜひ購入して沖縄の天然塩をお料理に使ってみてください。

9. 30年以上愛されている「オキコラーメン」

出典:22n

「オキコラーメン」とは30年以上も地元の人々に愛され続けている軽食にピッタリなワンカップラーメンです。1998年に製造が中止になりましたが、復活を望む声がたくさんあって2006年に再発売されました。パッケージはレトロなデザインでとても可愛らしく、味はシンプルにチキン味。食べ方はおやつのようにそのまま食べるのも良いですし、カップや器に入れて熱湯をかけてラーメンにするなどお好みの食べ方ができます。

ラーメンにする場合は、お野菜や卵などを入れて本格ラーメンにするのも美味しいです。他にも、麺をくだいてもんじゃの中に入れても美味しいと評判があります。1袋に4個入りなので、複数の人にお土産として渡すのにも便利です。沖縄の人々に愛されている「オキコラーメン」を購入し、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

10. 色彩が特徴的な「琉球ガラス」

出典:白熊 / PIXTA(ピクスタ)

「琉球ガラス」の始まりは戦後の物資がない時代、駐留していたアメリカ軍が飲んでいたビールやお酒などの色つきの空瓶を再生したことがきっかけ。今では「琉球ガラス」を使った食器やアクセサリーはとても人気で、定番のお土産品となっています。ただ買うだけではなく、「琉球ガラス」を使って工芸を体験するのも観光では人気の1つ。

透明感のあるガラスは光を通すとより色が鮮やかに見え、涼しさを感じられるでしょう。特に赤色をガラスに引き出すのは難しいらしく、巧みな技術が必要だそうです。そんな綺麗で美しい「琉球ガラス」を那覇空港内では、るりあんという専門店で気軽に購入する事ができます。このお店では明るい色彩が特徴的なグラスや小物などがたくさん置いており、沖縄旅行の記念品にぴったりの一品が見つかるでしょう。

11. コスモワイン館「パイナップルワイン」

パイナップル形のステキなデザインボトルに入った「パイナップルワイン」はいかがですか?沖縄産のパイナップルで作ったパイナップルワインは飲みやすく、スタッフに声を掛ければ試飲もOK。さらにガラス製のパイナップルボトル自体がとてもキレイなので、飲んだ後には置き物として飾れます。美味しいのはもちろん、飾り物として旅行の思い出がいつまでも楽しめること、試飲して気に入れば購入できるところが人気のポイントです。

パイナップルワインは少し高価ですが、いろんな人に配る手軽なお土産なら、小さな瓶のトロピカルスパークリングワインがおすすめ。パイナップルやシークヮーサー、パッションフルーツ、マンゴーなど種類が豊富です。「コスモワイン館」は、那覇に複数店舗ある雑貨店「スプラッシュ オキナワ」の空港店。ワインだけでなく、貝やサンゴのアクセサリー、かわいい雑貨やTシャツなどもそろっているので、お土産を選びながら目でも楽しんでください。

12. プーゾチーズケーキセラー「沖縄産黒糖チーズブッセ」

チーズケーキ専門店として人気の「プーゾチーズケーキセラー」の那覇空港店が、国内線旅客ターミナルビル2階にあります。プーゾチーズケーキセラーの一番人気といえば、ニューヨークチーズケーキ「マンハッタンの恋」。バニラビーンズの豊かな甘い香りと、ほろ苦くて香ばしいキャラメリゼのコラボレーションが楽しめるチーズケーキです。「マンハッタンの恋」は一般的なホールのほか、空港店では限定商品の「マンハッタンの恋プティ」4個入りがあります。那覇空港のお土産なら、利用しやすい限定品のプティがおすすめ。

空港店限定の「沖縄産黒糖チーズブッセ」もチーズの風味とほんのりした甘みが絶妙な逸品です。プーゾチーズケーキセラー那覇空港店は年中無休。冷蔵品のお土産を持って帰れるのが、空港店のメリットですね。

13. 黒糖かなさ「グランマ」

「黒糖かなさ」は沖縄県産黒糖を使用した黒糖スイーツ専門店。日本おみやげアカデミーグランプリで地域文化賞に輝いた「フェアリーブラウン」をはじめ、「黒糖マーブルケーキ」「黒糖シフォンケーキ」「きびの花」「黒糖ブラウニー」「コーラルブラックここ」「黒糖カステラ」など美味しそうな多種類のお菓子があるので、どれにするか目移りしてしまいます。

迷ったら定番のフェアリーブラウン、という方が多いのですが、「グランマ」はいかがでしょう。餡をはさんだ黒糖カステラをパイ生地で包んだグランマは、一見洋菓子のような珍しいお菓子。パイに包まれた甘すぎない黒糖カステラがとても美味しいと評判です。手軽なお土産を探しているなら、「きな粉入り黒ごまピー黒糖」や「ピーナッツ糖」など税抜500円で買えるシリーズもおすすめ。さとうきびから作った黒糖のお土産は、沖縄らしさをたっぷり届けられますよ。

14. ふくぎや「クリームバウム」

「ふくぎや」は、国際通りにあるバウムクーヘン専門店。その「ふくぎや」の直営店が、那覇空港2階ロビーに出店しています。ノーマルテイストの「フクギ」は定番で美味しいのですが、沖縄らしいお土産として黒糖の「ガジュマル」か、紅芋の「紅の木」をチョイスしてみませんか?

また那覇空港店には、空港限定販売の「クリームバウム」があります。バウムクーヘンの穴に、まろやかなクリームとそれぞれの味の餡が詰まって魅力が倍増!保冷材で6時間ほどは大丈夫なので、帰宅時間が間に合うようならぜひ試してみてくださいね。

◎まとめ

那覇空港国内線出発ロビーに出店している直営店から、おすすめのお土産をご紹介しました。直営店だけでなく、空港には多くのショップが並んでいるので見比べながら選びましょう。遅い時間帯には人気商品が売り切れていることもありますが、ショップや商品の選択肢が多いので空港なら臨機応変に対応可能。日持ちするお菓子や沖縄そばから、海ブドウなどの冷蔵品、シーサーグッズまで豊富にそろっています。お土産を渡すまでの時間など、条件や好みで選んでお土産を購入できるのもうれしいですね。かさばる物や重い物、冷凍品などは宅配に対応している場合が多いので、販売店スタッフにリクエストしてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の沖縄行き格安航空券

沖縄でおすすめの記事

沖縄のアクセスランキング