須坂市のオススメ観光9選!有名動物園から蔵元・味噌蔵まで

画像出典:pixta photo stock picture / PIXTA(ピクスタ)

須坂市のオススメ観光9選!有名動物園から蔵元・味噌蔵まで

目次

須坂市のオススメ観光9選!有名動物園から蔵元・味噌蔵まで

目次を閉じる

5.銘酒がそろう風情ある老舗蔵元「遠藤酒造場」

須坂市にある「遠藤酒造場」は歴史ある醸造元として地元で有名な須坂の観光スポット。創業は元治元年(1864年)で、国際コンクールW金賞・全国新酒鑑評会3年連続金賞受賞ほか数々の受賞歴を誇っています。銘酒を無料試飲できますので、お酒好きの方には是非訪れいただきたい須坂の観光スポットです。

毎年4月と9月には「蔵開き」というイベントが行われ、たくさんの日本酒好きが集まります。中でもお土産としてオススメなのが甘酒。お砂糖は一切加えられていないのに自然の甘みが感じられ、アルコール分は含まれていないため、子供やアルコールが苦手な人にも安心です。ダイエット中の人も楽しめますね。

6.味噌蔵ツアーが人気「塩屋醸造」

須坂市の塩屋醸造は、江戸時代に塩問屋として創業した須坂の老舗問屋です。1932年に味噌と醤油の醸造を始め現在に至ります。人気の味噌蔵ツアーでは歴史ある蔵を見学することができるとあって、参加する観光客が多く、予約制になっています。

手造り蔵は、大暖簾をくぐると味噌の香りがただよってきます。正面には岩の屏風、右には手造り蔵を見ることができます。この岩屏風は古くから縁起石と呼ばれてきた岩。母屋と醸造蔵の仕切りのために運ばれてきた際、石をおろすと不思議なことに自分で立ったとのいわれがあるとか。運んできたあと商売がとても繁盛したことから、縁起石としてこの塩屋醸造でずっと大切にされてきました。

みそ蔵では、味噌を醗酵・熟成・貯蔵するために並んでいる桶を見ることができます。桶に入る味噌の重量は約3トン!圧巻の光景です。諸味蔵は、醤油の諸味を醗酵・熟成させる蔵です。もろみを一年間、長いものでは三年間じっくり寝かせます。諸味蔵では、このもろみを寝かせた桶を見学することができます。

手造り蔵は、大豆を煮たり、製麹という麹をつくる作業をしてきた蔵。見学では、大豆を煮るための和釜やレンガでつくられた手造り糀室を見ることができます。醤油蔵は、もろみを搾ったり火入れやろ過を行う蔵。味噌はここで完成します。

普段食しているお味噌ができるまでの工程見学は、なかなか興味深く、おすすめ観光コース。工場見学人気ともあいまって、訪れる方がとても増えています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

須坂市でおすすめの記事

須坂市のアクセスランキング