岡山県高梁市でとことん楽しめるオススメ観光スポット5選!

画像出典:きゅーまる / PIXTA(ピクスタ)

岡山県高梁市でとことん楽しめるオススメ観光スポット5選!

今回ご紹介する高梁市は、岡山県の中西部、広島県との県境にある都市です。市の半分以上が吉備高原上の丘陵地となっている中山間地域で、高梁川を中心に支流の有漢川と成羽川が流れています。岡山県は「晴れの国」と呼ばれるほど、年間を通して晴れの日が多いのが特徴。その有利な気候を高梁観光に活かしてみませんか?それでは、高梁市のおすすめ観光スポット5選を見てみましょう。

目次

岡山県高梁市でとことん楽しめるオススメ観光スポット5選!

目次を閉じる

1.国の名勝に指定されている頼久寺(らいきゅうじ)

頼久寺は臨済宗系の寺院で、足利尊氏が日本の各地に建立していた安国寺の一つです。江戸時代の大名で備中国奉行、茶の湯や華道に大きな影響を与えた小堀遠州によって造られた庭園が魅力。そんな庭園は、禅院式枯山水蓬萃庭園という様式を用いています。

江戸時代初期に造られたというこの庭園は、芸術として、そして鑑賞するものとしての価値を評価され、国の名勝にも指定されているのだとか。まさに百聞は一見に如かず。言葉で表現するよりも、実際にその魅力をご自身の目で確かめてみてください!

2.雲に浮かぶ幻想的な風景が見られる備中松山城

備中松山城は1240年に築城されたお城です。備中松山城の特徴は、何と言っても「日本で一番高所にあるお城」ということ。その理由は、このお城が臥牛山(がぎゅうさん)という標高430mの山の上にあり、現存する天守を有する山城の中で最も高い所に位置するためです。山頂にあったということもあり「難攻不落の城」とも呼ばれたそうですよ。

展望台は備中松山城から少し離れたところにあるのですが、お城のある臥牛山より高い位置にあるので、備中松山城をはじめ、高梁市内も眺めることができます。さらに、霧が出ているタイミングで展望台から備中松山城を眺めると、雲海にお城が浮かんでいる景色を見ることができるんですよ。

雲海が発生するのは、9月末から4月の始めごろの明朝。中でも10月末12月の始めは、濃霧が発生する可能性が高いので狙い目です。雲の中のお城は幻想的な姿で、写真撮影にもぴったりですよ。

お城の位置する高さに注目が集まりますが、場内にある天守や二重櫓、土塀の一部は江戸時代に作られたものであること、国の重要文化財にも指定されています。「日本一高い場所にあるお城」、「雲の中に浮かぶお城」、「国の重要文化財」と聞いて興味が湧いてきませんか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高梁でおすすめの記事

高梁のアクセスランキング