函館といえば塩ラーメン!函館でおすすめのラーメン店15選をご紹介

画像出典:kaba514 / PIXTA(ピクスタ)

北海道グルメといえばラーメンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。近年は日本だけでなく世界中で愛されているラーメンですが、北海道には「函館」「札幌」「旭川」というラーメンの三大都市があります!同じ北海道とはいえそれぞれに特色があり、とくに函館は塩、札幌は味噌、旭川は醤油が基本とされています。ということで今回は、函館の「塩ラーメン」の人気店を中心にご紹介します。

[x] 閉じる

函館といえば塩ラーメン!函館でおすすめのラーメン店15選をご紹介:目次

1. 滋養軒

函館塩ラーメンの老舗中の老舗として有名な「滋養軒」。透き通ったスープに自家製の細麺を使用した、純粋素朴な味わいが魅力です。具もチャーシュー、メンマにねぎと至ってシンプル。

滋養軒の澄み切ったスープはたいへん美しく、こだわりの1杯をワンコインで食べられるというから驚きです。またサイドメニューの餃子もおすすめ。皮から手作りしたもちもちの食感を、ぜひ塩ラーメンと一緒に味わってください。

立地も函館駅から歩いて5分とあって、連日行列が絶えません。営業時間前に終了してしまうこともしばしばなので、確実に食べるには早めに並ぶ必要があります。

2. 龍鳳 大門横町店

龍鳳はもともと、湯の川温泉近くの函館競馬場界隈にあったお店。函館駅前エリアに新しく整備された屋台街「大門横丁」に新規オープンした龍鳳のおすすめは、「黄金塩ラーメン」です。

一羽の鶏から100グラムしか取れないという鶏油をていねいに抽出し、さらに数時間熟成させたものを使用しています。この黄金鶏油のおかげで、しっかりとしたコクや旨味、深みが生まれ、絶妙なスープに仕上がっています。中太の卵麺との相性もばっちりです。

夜0時半まで営業しているのも嬉しいところ。ちょっと遅くまで飲んだ後も、〆の函館ラーメンを楽しめる貴重なお店です。お土産用もあるので、お店で食べられなかったときは、お持ち帰りにいかがでしょうか。

3. はこだて塩ラーメン しなの

こちらは函館駅のすぐ目の前という立地が便利なラーメン店です。電車の発車時間まであまり時間がないけど、函館グルメを楽しみたい!という時にオススメですよ。

人気の「塩らーめん」は、鶏と豚からしっかり出汁を取った透明な美しいスープが自慢。隠し味にオニオンラードを入れることで、味に深みが出ています。

味にアクセントが欲しい人には、生姜をきかせた「しょうが塩らーめん」はいかがでしょう。さっぱりとした生姜の風味がさっぱり感を際立たせます。塩ラーメン以外にも、地元の人に支持されている「蔵出しみそラーメン」もありますよ。

4. 鳳蘭

昭和25年創業の老舗の函館ラーメン店。函館ラーメンの原点ともいえるお店の1つで、普通に「ラーメン」と頼めば塩ラーメンが出てくるほど!スープは野菜を使わず、豚骨と鶏がらから煮出していて、さっぱりとした味わいに仕上がっています。こだわりの一杯ながらリーズナブルなお値段なのも、愛され続けている理由です。

鳳蘭では、サイドメニューのシューマイもおすすめです。ごろっと大きく食べ応えがありますよ。塩ラーメンとシューマイ3個がセットになったメニューもあるので、ぜひ試してみてください。

さらに、スープ仕立ての「焼きそば」も人気メニューの1つ。エビやホタテなどの魚介と野菜を一緒に炒め、少し多めのスープに麺を絡めた一品です。函館では昔から「焼きそば」というと、スープに麺を浸した煮込みラーメンのようなスタイルが定番なんですよ。塩ラーメンはすでに味わってみたといいう方は、次なる函館グルメに挑戦してみてはいかがでしょう。

5. あじさい 本店

「あじさい」は函館に4店舗、そして札幌・新千歳空港・シンガポールにそれぞれ店舗を構える函館ラーメンの人気チェーンです。本店は五稜郭公園のすぐ近くにあり、ガラス張りの外観は一見ラーメン店に思えないほどオシャレ!五稜郭観光の前後に、ランチとして利用できる便利なお店です。

一番人気は、昆布だしをベースに鶏がら・豚骨と塩を合わせた透明なスープの「味彩塩拉麺」 。特注のストレートの細麺との相性もバッチリです。ハーフサイズもあるので、お腹の具合も考えて注文できます。

店舗限定メニューで、「味彩加里(カレーラーメン)」というのもありますよ。マイルドなカレーと絡むラーメンに食欲がそそられますね。お持ち帰り用のパックもあるので、お土産にもぜひどうぞ。

6. 函館麺や 一文字

「函館麺や 一文字」は、函館郊外の湯の川温泉街の一角にあるラーメン店です。メインの塩ラーメンは、丸鶏と南茅部産の昆布をふんだんに使ったスープが自慢!エビ油を使用することで、味に深みを与えています。トッピングには味たま・炙りチャーシュー・メンマ・のり・ほうれん草・白髪ねぎが乗り、彩りよく仕上げられています。

味噌ラーメンもお店一押しの一品。豚骨を10時間煮込んで仕上げた濃厚なスープに、道南産のしっかり熟成させた味噌を合わせています。

深夜1時までと遅くまで営業しているのも嬉しいところ。湯の川温泉に泊まって夜中にちょっと小腹がすいたときなどにオススメですよ。

7. グリル 塩豚

「グリル 塩豚(えんとん)」も、湯の川温泉街の外れにあるお店。こちらの塩ラーメンはなんと500円でおつりがくるという驚きの安さ!スープには2種類の塩をブレンドし、しっかりとチャーシューも乗っています。

ラーメン単品だけでなく、ピビンバ丼やおはぎとのセットメニューや、塩漬けの豚肉セットなどメニューも豊富。セットでもリーズナブルなお値段で提供されています。

お店の名前にもなっている「塩漬け豚肉」には、店長さんの思いが詰まっています。この塩豚がしっかり食べられる定食メニューもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

8. ラーメンのりんさん

創業は昭和23年、昔ながらの味を守り続ける老舗の函館ラーメン店。グリル塩豚とはほとんど隣り合わせの場所にあります。

定番の塩ラーメンのほかに、オリジナルメニューがたくさんあるのが特徴。「ザーサイラーメン」や「辛口ラージャンメン」、10~3月の期間限定の「かきラーメン」など、他店ではなかなか見られないラインナップが楽しめますよ。

豚の血抜きから店主自ら行っているというこだわりのスープは絶品!りんさんでは塩と並んで正油ラーメンも人気です。毎日時間をかけて仕込みをしているもちもちの手作りの焼き餃子もオススメです。

9. しお家 五稜郭店

こちらの自慢の塩ラーメンは、豚骨・鶏がら・野菜をベースに、自家製のラードを加えたまろやかで優しい味わいです。化学調味料は一切使っていません。

あっさりめの素朴な味わいは、飲んだ後にもばっちり!なんと深夜3時まで営業しているので、〆の一杯を求めて多くのお客さんが遅くまで訪れます。

サイドメニューの「満点餃子」もこだわりの一品。函館ワインを練り込んだ自家製の皮は、冷めても硬くならないよう工夫がされています。噛んだ瞬間に広がるジューシーな肉汁を、ぜひ堪能してください。

10. 昭和苑

昭和苑は観光でのアクセスは少々難しいですが、地元の人たちに広く支持されている函館ラーメンのお店です。

こちらの塩ラーメンは、店主自ら「これ以上引き算ができないくらい」と豪語するスッキリとしたスープが自慢。それでいて深いコクも感じられます。少し濃い目に味付けされた炙りチャーシューがスープの透明感を引き立て、忘れられない味に仕上がっています。

変わりどころでは、「がごとろ焼きそば」なんていうメニューもあります。函館名産の「がごめ昆布」を使った一品で、食べ進むうちにがごめ昆布のとろみが麺とスープに絡んでいきます。函館の食材を堪能したいという人はぜひトライしてみてください。

11. エビス軒

こちらはなんと昭和4年創業という超老舗!塩ラーメンが圧倒的シェアを誇る函館に置いて、エビス軒では味噌ラーメンを看板に掲げています。

函館の地元の人も、ここではたいてい味噌ラーメンを注文します。炒めたもやしにうずらの卵が入ってるのが印象的。スープはラードを入れたどろどろ系の味噌ではなく、そこは函館らしくあっさりとしています。

ご飯を頼めば、残ったスープを使っておじやを楽しむこともできますよ。地元御用達のラーメンを試してみたいという人は、エビス軒の暖簾をくぐってみてください。

12. 麺神

五稜郭北東の住宅街にある「麺神(めがみ)」。こちらで人気なのが、お店の名前がついた「めがみつけ麺」です。クリーミーで濃厚なスープに、モチモチのこだわり自家製麺がよく絡みます。ラーメンを覆うようにスライスされた、大きめのチャーシューも目を引きます。

冬季限定の「角煮あんかけ」や「野菜あんかけ」、土鍋で提供される鍋焼ラーメンなどのオリジナルメニューもおすすめ。函館を冬に訪れるなら、身体の温まるまったり系ラーメンはいかがでしょう。

13. 麺屋 狼煙

「麺屋 狼煙(のろし)」では、函館では珍しいこってり濃厚な魚介系ラーメンが味わえます。豚骨ベースの「狼」系、鶏がらベースの「煙」系など、スープのベースによってメニューが分かれているのも面白い特徴です。

平日限定で、ミニ丼とのセットの「チャーマヨ丼セット」や「チャータマ丼セット」があります。ラーメンは塩か醤油から選択可能。魚介系では定番のつけ麺も人気ですよ。

14. まんまるてい

まんまるていの「しょうゆラーメン」は、麺の上にチャーシューと海苔が1枚ずつ、そして青菜が少々乗ったとてもシンプルな外見。ですが、そのスープをひと口すすれば、雑味のまったくない澄み切った味わいに驚くことでしょう。

鶏がらに野菜、魚介を合わせた和風スープで、どこまでも研ぎ澄まされているため、出汁の味を直接感じることができます。スープへのこだわりは、トッピングが葱だけの「かけラーメン」というメニューがあるほど!麺も自家製で、北海道産小麦を使ったのどごしの良い仕上がりになっています。

15.海老麺総本家 地元家 五稜郭店

こちらは函館で唯一、海老ダシのラーメンが味わえるお店です。2014年に札幌で開かれた「さっぽろオータムフェスト」で注目を集め、人気急上昇中のラーメン店となっています。

スープは塩・味噌・醤油・カレーから選択可。また塩と味噌には、別添えで生姜もトッピングできます。濃厚な海老の風味に加え、生姜のおかげで後味が爽やかになります。

残ったスープにご飯を入れて、雑炊風に楽しむこともできますよ。海老好きの方にはたまらない一品ですね。

◎まとめ

函館の塩ラーメンの特徴は、豚骨や鶏ガラからダシを取った透明で澄んだスープと、縮れの少ない麺にあります。すっきりとした中に奥深いコクのある函館塩ラーメンをぜひ堪能してください。実は、日本でラーメンが最初に普及したのは函館だという説があります。明治のころにはすでに「南京そば」というメニューが函館に登場していました。今の塩ラーメンとは違うものかもしれませんが、ラーメンと縁深いこの函館で、お気に入りのお店を見つけてみるもの楽しいですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の函館行き格安航空券

函館でおすすめの記事

函館のアクセスランキング