行田の観光名所20選!あの大人気小説・映画の舞台巡りへ!

画像出典:Nao28 / PIXTA(ピクスタ)

行田の観光名所20選!あの大人気小説・映画の舞台巡りへ!

埼玉県の北部に位置する行田市は、あの大人気小説『のぼうの城』の舞台ともなっている場所です。忍城をはじめ多くのゆかりの地があるため、たくさんの観光客が集まる場所でもあるのです。さらに蓮も有名で、見頃の時期には賑わいをみせますよ。

そんな行田市の観光には無料で利用できるレンタサイクルがおすすめ。行田市内6ヶ所で借りることができ、とても便利です。今回は、多くの見どころを秘めている行田市の観光スポットを厳選して20ヶ所ご紹介していきます。

目次

[x] 閉じる

行田の観光名所20選!あの大人気小説・映画の舞台巡りへ!

1.忍城址

文明年間に築城されたと伝わる忍城(おしじょう)は、関東七名城のひとつです。上杉謙信の攻めにも耐え、その後石田三成による水攻めにも耐えました。そして別名、忍の浮き城とも呼ばれるようになったのです。そんな素晴らしいお城ですが、残念ならが明治維新の際に取り壊されています。

現在では、公園として整備されているほか、昭和63年に御三階櫓が再建されていますよ。この御三階櫓には、次に紹介する行田市郷土博物館から中に入ることが可能です。資料館となっているので、行田の歴史を学ぶことができますし、最上階からは行田市を一望できます。

大人気小説・映画『のぼうの城』のファンなら、是非訪れたい行田の観光スポットのひとつ。
そんな忍城址へのアクセスは、駐車場が完備されているため車が便利ですよ。

2.行田市郷土博物館

出典: ColdSleeper / flickr

忍城の本丸跡地に開館したのが、行田市郷土博物館です。『のぼうの城』で描かれた歴史についてはもちろんのこと、日本一とも謳われた足袋づくりについての展示がたくさんあり、見ごたえたっぷり。そのため、ここで行田の歴史について学んでから、行田のその他の観光スポットを巡るのがオススメです。

期間限定でイベントが開催されることもありますよ。中でも実際に鎧を着て記念撮影ができる「よろいをきよう」というイベントが大人気。行田市郷土博物館の入館者であれば、無料で体験できるので、この日を狙って行田観光をするのもありかもしれませんね。

3.水城公園

出典: Caito / PIXTA(ピクスタ)

最初に紹介した忍城址から歩いてアクセスできる水城公園。園内にはたくさんの桜が植えられており、桜の名所としても有名です。春になると、多くの見物客で賑わいをみせますよ。さらに、公園内には浮き釣り専用の釣り場「しのぶ池」が!釣りを楽しむ観光客もたくさんいます。

このしのぶ池の近くには、ホテイアオイが咲き誇るあおいの池があります。薄紫色の花が一面に広がる景色は見もの。ホテイアオイが咲いている期間の夜には、あおいの池がライトアップされます。昼間とは違った風景が見られるので、この期間に行田を訪れる方は、夜に水城公園を訪れるのも良いかもしれません。

水城公園へは、行田駅から運行している行田市内循環バスを利用して訪れることが可能。
無料の駐車場もあるので、車での行田観光を予定している方でも安心ですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

行田でおすすめの記事

行田のアクセスランキング