越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

画像出典:オクケン / PIXTA(ピクスタ)

越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

目次

越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

目次を閉じる

27.伊米神社(いめじんじゃ)

越後湯沢を通る旧三国街道宿場町の面影を残す三俣地区に、山岳信仰の対象である苗場山の里宮があります。それが伊米神社です。祭られている農耕と山の神を、俗に「十二様」と呼ぶため、毎年7月12日に伝統のお祭りが催されることで有名です。地元民はもちろん観光客も多く訪れます。

神輿は200年以上前に関西で造られたものが、海路で新潟まで送られた後、魚野川の川船で六日町まで運ばれたと伝えられています。祭日になると、烏帽子をかぶった担ぎ手が神輿を担ぎ、それに続き笛や太鼓の音とともに住民らが越後湯沢の三俣地区を廻ります。途中、三国街道のかつての脇本陣「池田屋」などで休憩を取るのが習わし。

この神社は、平安時代に定められた「延喜式(えんぎしき)」にも名がある、由緒ある神社として知られています。木々が綺麗に立ち並んだ参道は雰囲気があります。越後湯沢の、そして日本の伝統を感じられる観光スポットに注目です。

28.滝沢公園 不動滝

越後湯沢の観光地の中にもパワースポットがあります。それが滝沢公園内にある不動滝。公園内を流れる滝沢川に2本の滝が懸かり、越後湯沢を訪れる観光客の目を楽しませてくれます。ひとつは、上部が2条になって流れ落ちる高さ20メートルの不動滝。通称「大セン」と呼ばれます。もう一方は、高さ15メートルの金剛滝。こちらは「小セン」と言います。「セン」とは、越後湯沢の方言で滝を意味すると言われており、滝近くに不動尊も置かれています。

では、何故こちらの観光地がパワースポットと呼ばれるのか。それは、2条に分かれて落ちる不動滝の、左の男滝と右の女滝が滝つぼで結ばれることから由来しています。よって男女がこの滝に祈りを捧げると愛が芽生えると伝えられているのです。越後湯沢にあるカップルにオススメの観光地ですね。

滝沢公園及び不動滝は、越後湯沢駅西口から徒歩15分ほどで到着できる、越後湯沢温泉街からほど近い観光地です。温泉街を観光しつつ、少し足を伸ばしてパワースポットへ。また紫陽花が綺麗なことで有名な公園なので、紫陽花の時期を狙っての観光もオススメします。

※現在、滝沢公園砂防堰堤工事の為、期間・時間限定で不動滝へ通行可能です。詳しくは、湯沢町観光協会(025-785-5505)へお問合せください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の苗場行き格安航空券

苗場でおすすめの記事

苗場のアクセスランキング