越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

画像出典:オクケン / PIXTA(ピクスタ)

越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

目次

越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

目次を閉じる

23.白瀧酒造

約150年ほど前の安政2年創業の越後湯沢を代表する酒蔵。初代が湯沢宿で豊富な湧水を利用して、酒造りを営んだことが始まりです。ここ越後湯沢の地は越後と関東をつなぐ主要な交通路であったことから、三国街道の往来人らにお酒を販売して繁盛しました。水を大切にする白瀧酒造の酒造りのルーツは、ここにあると言えます。

白瀧酒造では、ショールームにおいてお酒の試飲と販売ができます。予約を取ることも可能ですので、混雑を避けてゆっくりとお酒を味わいたい方にはオススメ。

また、前日17時までに予約を取れば、酒蔵見学も可能。お酒の仕込み期間である9月から6月下旬であれば、蔵だけでなく酒造りの見学をするチャンスです。越後湯沢の有名な銘柄はどのようにして作られているのかを直接目にできる、日本酒の楽しみを広げられる越後湯沢の観光スポットなのです。

JR越後湯沢駅からは徒歩4分ほどで、駐車場もあります。越後湯沢の温泉街にほど近い立地ですので、温泉とセットで観光プランに組み込んでみるのも良いかもしれません。越後湯沢の日本酒の魅力を堪能してみてください。

24.雪国アグリパーク 湯沢いちご村

粒が大きく甘みの強い新潟県オリジナルの品種である「越後姫」。新潟の気候・風土が育んだいちごを堪能できる体験型の観光地が、越後湯沢にあります。1月の営業開始から6月末までの期間となりますが、越後湯沢で観光とともに「越後姫」を味わってみましょう。

指定容器にいちごを摘み、清算後にゆっくりと召し上がれます。また、3月から6月まで、生育状況によるものの、30分食べ放題のコースもあります。越後湯沢の冬は雪深いですが、この厳しい気候条件下で「越後姫」はハウスの中でじっくりと時間をかけて栽培されます。長い時は2ヶ月かかる時も。こうして手塩にかけて育て上げられた「越後姫」は糖度が高く酸味が少ないことが特徴。

ハウスで栽培されるため、天候に関係なく冬の観光でもいちご狩りを楽しめます。通路が広く、障害をお持ちの方でも安心。JR越後湯沢駅及び関越自動車道の湯沢I.Cから車で約5分です。越後湯沢観光の際に訪れたいスポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の苗場行き格安航空券

苗場でおすすめの記事

苗場のアクセスランキング