越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

画像出典:オクケン / PIXTA(ピクスタ)

越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

目次

越後湯沢のおすすめ観光スポット29選!夏でも冬でも楽しめる

目次を閉じる

21.瑞祥庵

越後湯沢にある曹洞宗のお寺。幕末から明治初年にかけて活躍した石川雲蝶氏の作品である仁王尊が、2体安置されていることで有名です。江戸で生まれ、のちに越後は三条で養子に入った雲蝶氏は、越後はもとより越後湯沢も含まれる魚沼地域に多くの作品を残しました。瑞祥庵の仁王尊2体は、それぞれが170センチメートルを超える大きさで迫力満点。鮮やかな色使いが特徴ですが、残念ながらオリジナルの色は塗り替えられてしまっています。しかし雲蝶氏の力強い作風は、見る者を惹きつけてやみません。これらは楼門に置かれており、越後湯沢を訪れる観光客を出迎えてくれます。

境内は竹林や木々に囲まれ、苔むした石垣や通りが静謐で美しい空間を演出。観光中に落ち着いたひと時を提供してくれます。また、夏の夜には瑞祥庵周辺で飛び交うホタルを堪能することができる、越後湯沢の自然観光スポットでもあります。

JR上越線の越後中里駅から徒歩約12分、または関越自動車道湯沢I.Cより車で約10分。越後湯沢で仏教美術と自然の美しさに向きあう旅も、また素敵ですよ。

22.鱒どまり(ますどまり)

越後湯沢における川遊びの人気スポットが、この「鱒どまり」。関越自動車道湯沢I.Cから車で10分ほど、近くの湯沢フィッシングパーク手前に駐車場があります。暑い夏の越後湯沢観光には最適ですよ。

渓流は大きく3スポットに分けることができます。上流の方では水深が浅く流れも穏やかなので、小さなお子様連れにオススメ。一方で下流の方は水深が深くなりますので、大人向けのスポットと言えます。高い岩場からの飛び込みは何とも爽快。

また2・3メートルの素潜りもできます。最後に中流では、滝から落ちた水が大きな水溜りを作っており、清流でしか生息できない小魚「かじか」も泳いでいます。上流ほどではありませんが、浅い素潜りをしながら楽しめます。何れにしても、岩場で流れの緩急がある渓流ですので、無理せず事故にならないよう気をつけながら遊んでくださいね。

川に入らずとも、周りの景色も素晴らしいものです。特に上流の水の流れは豪快で、水しぶきが心地よい。越後湯沢の大自然を間近で感じることのできる観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の苗場行き格安航空券

苗場でおすすめの記事

苗場のアクセスランキング