【保存版】函館の魅力を満喫!リピーターおすすめの観光スポット30選

画像出典:Food Travel Stockforlife

【保存版】函館の魅力を満喫!リピーターおすすめの観光スポット30選

GoToキャンペーンバナー

目次

【保存版】函館の魅力を満喫!リピーターおすすめの観光スポット30選

目次を閉じる

6.【史跡】函館山砲台跡

函館山には、旧日本軍が建設した砲台の跡が残されています。日清戦争に勝利し中国の遼東半島の割譲を認められた日本でしたが、三国干渉により想定していた戦果を得ることはできませんでした。迫りくるロシアの脅威を目前に、函館の港と町を守りつつ、津軽海峡の敵船通行を阻止するために築かれたのがこの砲台です。

▶函館山に要塞?夜景で人気の函館山をハイキング。注目の砲台跡を巡ろう

砲台には司令部も置かれ、当時、函館山全体が要塞であったことを物語っています。終戦後の1946年9月まで、要塞があった函館山には登山はもちろん、写生や撮影も禁止されていました。しかしその反面、当時の面影が現存し、豊かな自然が残ってることから「函館山と砲台跡」として北海道遺産に指定されています。定番の函館観光スポットにちょっと飽きてしまった方や、ピクニック気分で函館観光を楽しみたい方には特におすすめですよ。

7.【史跡】外国人墓地

出典: kitakage / PIXTA(ピクスタ)

1854年の日米和親条約により開港して以来、箱館には多くの外国人が居留するようになりました。中には祖国への帰国が叶わず、この地で亡くなった方もたくさんいます。この「外国人墓地」に眠っている方の国籍は、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、中国と実に様々。墓標は亡くなった方の国籍によって形が異なっています。函館の海に面して並ぶいろいろな墓標を見ると、祖国に向けた彼らの想いをうかがい知ることができるでしょう。

函館湾に面した外国人墓地から見る夕日は格別。特にオレンジ色の夕陽が墓標を赤く染め上げる様子は、どこか物悲しく、そしてとても美しいものです。外国人墓地から見渡す函館湾の景色も素晴らしいですよ。あくまでも墓地ですから観光スポットとは言い難いのですが、歴史の一端にふれることができて、一度は訪れる価値のある場所になっています。

8.【建造物】旧函館区公会堂(2021年4月頃まで工事中)

出典: ja.wikipedia.org

函館の観光客に人気の高い元町地区。基坂と呼ばれる有名な坂の上に見えるのが「旧函館区公会堂」です。ブルーグレーの壁と金色の縁取りが美しいこの建物は、その優雅な外見と建物内部の保存状態の良さから重要文化財に指定されています。

元々この地にあった町会所が火災で焼失してしまったため、時の豪商であった相馬哲平の寄付によって建造されました。和洋折衷のデザインから、当時、繁栄していた函館の雰囲気を感じることができます。大正天皇の函館行幸の際、宿泊所として活用されたのにも納得ですね。

2021年4月頃まで、旧函館区公会堂は耐震補強・保存修理工事のため休館中。豪華なドレスや燕尾服などを身にまとい、函館港が見えるバルコニーで記念撮影ができる人気の「ハイカラ衣裳館」も休業中です。リニューアルオープンする日が待ち遠しいですね。

※2019年10月の情報です

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の函館行き格安航空券

函館でおすすめの記事

函館のアクセスランキング