こうのとり伝説が残る鴻巣市でぜひ訪れたい観光スポット13選!

画像出典:k-boo / PIXTA(ピクスタ)

埼玉県の東部中央に位置する鴻巣市。「鴻巣」と聞くと、埼玉住民の方は免許センターを思い浮かべるのではないでしょうか?埼玉県民にとっては大切な免許センターですが、それだけではないのが鴻巣市。
歴史を感じさせてくれる観光スポットや、季節の花を楽しめる観光名所、セリを見学できる珍しい場所など、足を運びたくなる場所がたくさんあります。
今回は、そんな魅力溢れる鴻巣市の観光スポットを13ヶ所ご紹介していきます。

[x] 閉じる

こうのとり伝説が残る鴻巣市でぜひ訪れたい観光スポット13選!:目次

1.鴻神社

出典:白熊 / PIXTA(ピクスタ)

こうのとりの伝説が残る鴻巣。そんな縁起がいい鴻巣にあるのが、鴻神社です。明治6年にこの付近にあったとされる、氷川社と熊野社、そして雷電社の3つを合祀し、鴻神社となりました。子授け、安産のご利益がある神社として有名なため、多くの参拝客が訪れているのです。また、いい縁を結び悪い縁を断ち切るというご利益がある三狐稲荷神社や、女子力向上にご利益がある幸の宮弁天社も!さらに、子授け、安産の他に健康長寿、夫婦円満のご利益がある夫婦銀杏も要チェックです。

鴻神社で人気のお守りが、こうのとりのたまごお守り。その他にも、こうのとり伝説にちなんだこうのとりみくじや、お守りがたくさんあるので、お見逃しなく!

鴻巣駅から歩いて8分程度でアクセス良好。もちろん駐車場もあるので、車での鴻巣観光の際でも安心して立ち寄ることができますよ。

2.御成橋とポピー・ハッピースクエア

出典:よしよし / PIXTA(ピクスタ)

鴻巣にある御成橋は、川幅が日本一の場所に架かる橋として知られています。その証拠に御成橋のたもとに、「川幅日本一」というポールが建てられているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

そしてここで見ておきたいのが、河川敷に広がるポピーの花畑、ポピー・ハッピースクエアです。もともとは、ゴミの不法投棄の防止のため作られましたが、現在では鴻巣の代表的な観光スポットとなりました。5月中旬頃には、ポピーまつりの開催もありますよ!ぜひポピーの咲く時期に合わせて鴻巣を訪れ、色とりどりに咲き誇る美しいポピーと御成橋の共演を楽しんでみてはいかがですか。さらに、御成橋の上からポピー・ハッピースクエアを見下ろすなんて贅沢も素敵ですね。

3.鴻巣市花と音楽の館かわさと 花久の里

どこか懐かしい雰囲気を感じさせてくれる「鴻巣市花と音楽の館かわさと 花久の里」。ここでは、鴻巣で育てられた草花の販売が行われています。さらに、庭園まつりが催されることも。模擬店が出店するなど賑わいを見せる庭園まつりは、観光客にも人気です。また、ここを訪れたら口にしたいのがうどんです。こしのあるうどんが味わえるので、お腹を空かせてきてみては?その他、庭園を眺めながらコーヒーがいただける喫茶の営業もあるので、のんびり過ごすなんてのもいいかもしれませんね。

ちなみに、クラシック音楽をはじめとしたコンサートが開催されることもあるとか。ホームページにて開催日をチェックすることができますよ!

4.石田堤史跡公園

1590年、石田三成による忍城水攻めの際に造られた石田堤。映画『のぼうの城』で、忍城や石田堤を知ったという方も多いのではないでしょうか。そんな石田堤の跡地を中心に作られているのが、石田堤史跡公園です。様々なパネルが用意されているので、ここで歴史を学ぶこともできちゃいますよ。さらに、レプリカではありますが、石田堤の断面見学施設もあるので、チェックしてみましょう。

この公園には駐車場も完備されているので、車での鴻巣観光途中にアクセスすることも可能ですよ!

5.勝願寺

天正年間に造られたと伝わる勝願寺。大河ドラマ『真田丸』にも登場する真田信之の正室小松姫のお墓があることで有名なお寺です。小松姫は、病の療養のため江戸から草津へ向かう途中、この鴻巣で亡くなりました。そのことから、鴻巣市にお墓があるんですね。真田信之と小松姫の子供である真田信重夫婦のお墓も、この勝願寺にありますよ。

歴史ファンなら訪れたい場所のひとつ。真田丸にゆかりのある場所でもあるので、鴻巣を訪れたら足を運んでみたいですね。

6.さきたま緑道

北鴻巣駅前にある鴻巣市赤見台近隣公園から、お隣の市である行田市の観光名所のひとつ、さきたま古墳公園に続く遊歩道がさきたま緑道です。その距離は4.5kmで、自転車道もあるので、天気が良い日にはレンタサイクルで観光するのも気持ちが良いかもしれませんね。

さきたま緑道の途中には、多くの見どころも用意されています。数多くのオブジェが置かれているのも特徴なので、アート好きな方にもオススメしたい観光スポットといえますよ。

7.日本一長い水管橋

出典:G-item / PIXTA(ピクスタ)

埼玉県の鴻巣と熊谷を結び、荒川をまたいで架かるのが水管橋です。1984年に建設された水管橋の長さは1,100mもあり、日本一を誇っています。また、秋になるとこの付近では、コスモスが咲き乱れる景色を堪能することができます。その数約1,000万本というから、見ごたえありです!

秋に鴻巣へ観光に訪れる予定のある方は、鴻巣にある日本一長い水管橋とコスモスのコラボレーションを堪能しましょう。

8.法要寺

鴻巣にある法要寺は、1457年に創立されたと伝えられています。法要寺には、怒涛の幕末の時代を生きた彰義隊の関弥太郎の墓があります。彰義隊は、激しい戦いのすえ、ほとんどが命を失ってしまったのですが、関弥太郎は生き残り、その後新選組の土方歳三などと共に函館戦争にも立ち向かったのです。幕末好きには、たまらない鴻巣の観光スポットともいえるでしょう。

鴻巣駅から歩いて10分程度とアクセス良好ですので、鴻巣観光の際には立ち寄ってみてくださいね。

9. 鴻巣市産業観光館「ひなの里」

鴻巣の歴史を伝える役割を担っているのが、鴻巣市産業観光館「ひなの里」です。ここで見学したいのが、鴻巣雛です。古いものから、現代のコンパクトな雛人形まで、様々なタイプのものが展示されています。200年程前の貴重な鴻巣雛や、豊作を祈って飾られた裃雛(かみしもびな)など珍しいものもたくさんあるので、要チェック!

もちろん鴻巣の観光情報を得られる場所でもあるので、ここで情報を集めてから鴻巣観光に繰り出すなんてこともできますよ。また、鴻巣の特産品の販売もしているので、ここで鴻巣観光のお土産を購入することも可能です。

10.せせらぎ公園

出典:DREAMNIKON / PIXTA(ピクスタ)

鴻巣にあるせせらぎ公園は、その名の通り小川のせせらぎを聞きながら癒やしの時間を味わえる憩いの場。鴻巣の住民のみならず観光客も多く訪れます。埼玉県唯一の運転免許センターからも近いこともあり、賑わいをみせる公園ですよ。

そんなせせらぎ公園には、噴水やコンビネーション遊具が設置されており、小さな子供連れにももってこいのスポット。さらに、ここにきたらチェックしたいのがSLの展示です。子供のみならず、大人でもワクワクしてしまいそう。

駐車場もある公園なので、車で訪れても大丈夫!鴻巣でのんびりと過ごしたいという方は、訪れてみてくださいね。

11.鴻巣フラワーセンター

鴻巣フラワーセンターとは、花卉(かき)市場のこと。月曜、水曜、金曜にここでセリが行われるのです。このセリは事前に連絡をすることで、見学することも可能なのです!セリの日に鴻巣を訪れる予定の方は、普段なかなか見られないセリの様子を見学してみるのも面白いかもしれませんね。

また、市場の見学をすることも可能ですし、レストランの営業もありますよ。

12.宝持寺

平安時代中期の武将である渡辺綱(わたなべのつな)が、祖父と父の菩提を弔うことを目的に創立したと伝わるのが、宝持寺です。

ここで突然ですが、これを見ている渡辺さん!または、身近に渡辺さんがいる方!ぜひ鴻巣を訪れたら宝持寺を訪れましょう!というのも、ここには全国の渡辺さんの有志が集まった「全国渡辺会」が設立した顕彰碑があるんですよ。渡辺姓の人はとっても気になるのではないでしょうか。ぜひ実際に見てみてくださいね!

13.こうのす花火大会

出典:花火 / PIXTA(ピクスタ)

平成14年から毎年開催されている「こうのす花火大会」。15,000発を超える打ち上げ花火は、見ごたえあり!圧巻のスターマインや、珍しい四尺玉や三尺玉など盛りだくさんな花火大会です。これだけ盛大な花火大会のため、開催日には多くの観光客が鴻巣を訪れます。余裕をもって花火を楽しみたい方は、事前に有料観覧席を購入することもオススメしますよ!また、交通規制もかかるため、この日に鴻巣観光をしようとお考えの方は、事前に予定をきっちりと立てておくといいでしょう。

駐車場も用意されますが、混雑が予想されますので、ご注意くださいね。

◎まとめ

埼玉県鴻巣市の観光スポット13選はいかがでしたでしょうか。鴻巣といえば、免許センター…なんて言わせませんよ!これだけ魅力ある観光名所が盛りだくさんな場所なのです。特産物でもあるひな人形や花なども見どころのひとつ!さらに、鴻巣名物のいがまんじゅうやこうのす川幅うどんも、観光と併せて堪能してくださいね。

季節により様々なイベントの開催もあるので、気になるものがある方は、その時期を狙って鴻巣観光に訪れるのもあり!ぜひこれを参考に鴻巣を観光し、魅了されてください!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

鴻巣でおすすめの記事

鴻巣のアクセスランキング