日光湯元温泉の観光スポット!ぜひとも行っておきたい16選

画像出典:Yoshi / PIXTA(ピクスタ)

日光湯元温泉の観光スポット!ぜひとも行っておきたい16選

日光湯元温泉は栃木県日光市奥日光の湯の湖畔、金精峠の麓にある温泉です。栃木の戦場ヶ原の奥にあり、湯川の水源になっている湯の湖。その北側の岸に開けている静かな温泉街が日光湯元温泉です。日光の奥座敷と言われ、約1200年前に日光を開山した勝道上人により発見されました。

白濁の硫黄泉が湧く名湯で、神経痛やリウマチに効きます。様々なハイキングコースがあったり、冬にはスキー場でウィンタースポーツを満喫できますよ。今回は温泉に入って身体も心もリフレッシュできる観光地、日光湯元温泉のおすすめ観光スポットをピックアップしました。

目次

[x] 閉じる

日光湯元温泉の観光スポット!ぜひとも行っておきたい16選

1.奥日光の名勝 湯滝

出典: 極地狐

奥日光の名勝「湯滝」。湯ノ湖の南の端にある、高さ70メートル、長さ110メートルの滝です。湯川をせき止めて湯ノ湖を作った三岳溶岩流の岩壁から湖水が流れ落ちている様子はまさに圧巻。滝壺に下り、近くの観瀑台から間近で見ることができます。観瀑台は駐車場からすぐ近くにあるので車でも便利です。

戦場ヶ原から北に上がるハイキングコースの途中にあって、バス停の湯滝入口からも近いためアクセスしやすいでしょう。紅葉観光シーズンだけではなく、四季折々の景色も楽しめます。上から見ても下から見ても迫力のある湯滝は景観の素晴らしさだけではなく、マイナスイオンもたっぷり浴びることができるオススメ観光スポットです。

2.湯ノ湖

出典: commons.wikimedia.org

湯ノ湖は日光市西部にある湖。日光白根山からの水に加え、湖畔にある日光湯元温泉からのお湯が流れて入っています。お湯が流れ込んでいるにも関わらず水深が浅いため、冬には全面結氷することも。北東にある三ツ岳の噴火の影響で湯川がせき止められしまい、そうしてできた湯の湖は穏やかで神秘的な雰囲気が漂っています。湖沿いには遊歩道が整備されているので、約一時間で湖を一周することができますよ。

湖の周囲は広葉樹と針葉樹の原生林があるので、四季折々の自然の景観が楽しめます。特に9月下旬から10月中旬には色とりどりの紅葉を眺められる絶景の観光スポットです。また、湯ノ湖はマス釣りの名所としても有名なので、静かな湖畔も5月から9月の解禁期間には多くの釣り人で賑わう観光スポットとなっています。

3.湯ノ平湿原・湯元源泉地

出典: commons.wikimedia.org

日光湯元温泉街の奥地に湯ノ平湿原という湿地帯があります。日光湯元温泉の源泉地になっているだけではなく、光徳温泉や遠く離れた場所にある中禅寺温泉にも給湯している源泉地です。源泉小屋からは、硫黄のにおいと共に湯気が立ちのぼります。小さな小屋が立ち並ぶ姿は、まるで小さな温泉宿が立ちならんでいるようにも見えることでしょう。

泉質は硫黄泉で78℃と高めの温度。硫黄泉のため10円玉を浸してみると化学反応で真っ黒になります。その後、磨いてみるとピカピカの10円玉に大変身!ぜひ実験してみてくださいね。実験もできる日光湯元温泉の観光スポット。秋は紅葉もきれいなので、日光湯元温泉に観光の際は一度立ち寄ってみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

日光でおすすめの記事

日光のアクセスランキング