広島に来たら絶対見て帰って! 広島県のおすすめ絶景スポット5選

画像出典:たっきー / PIXTA(ピクスタ)

広島県に来たら絶対に見て帰ってきてほしい絶景スポットを紹介します。日本三景で有名な安芸の宮島を始め、原爆ドームやしまなみ海道、瀬戸内海の美しい島々を眺める影筆山、帝釈峡などたくさんあるので、美しい景勝地を旅したい方は必見です。現地を訪れたら、写真を撮ったりSNSにアップしたりして楽しみましょう。

[x] 閉じる

広島に来たら絶対見て帰って! 広島県のおすすめ絶景スポット5選:目次

1.満潮時の「厳島神社」

出典:pixabay.com

厳島神社は広島の宮島エリアの絶景ポイントとして一番にご紹介します。厳島は「安芸(あき)の宮島」とも呼ばれ、松島・天橋立に次ぐ日本を代表する景観のひとつとして有名。ユネスコの世界文化遺産に登録されている日本を代表する絶景です。

社殿は推古天皇(593年)の時代が起源とされていて、1400年以上の歴史があります。平家の信仰によって平清盛が大規模に整備したことも有名です。国宝も多く重要文化財も多くあります。

こことひとつ注意。厳島神社は見る時間帯を考えて訪れましょう。鳥居が海に浮かぶように見える満ち潮の時に行くのがオススメです。事前に満ち引きの時間帯を調べておくといいでしょう。

2.瀬戸内の絶景が見られる「しまなみ海道」

瀬戸内海に面した広島県で尾道エリアの絶景といえば、海にかかる橋と島々が生み出す風景です。しまなみ海道は尾道・今治ルートからなる道路で、1999年に完成しました。2014年10月には国際サイクリング大会を開催。サイクリングロードとして非常に評価されています。

新尾道大橋から来島海峡大橋までの10本の橋の連なる道路は、瀬戸内海の絶景の上を自動車はもちろん自転車でも駆け抜けることができます。サイクリング用自転車のレンタルもあるのでチャレンジしてみましょう。サイクリングターミナルは、尾道駅(駅前港湾駐車場)を始め複数あります。瀬戸内海の絶景を楽しみたい方におすすめです。

3.比婆道後帝釈国定公園内にある絶景「帝釈峡」

帝釈峡(たいしゃくきょう)は、広島県の山岳エリアにある絶景スポット。広島県の北東部、庄原市東城町から神石高原町にかけての全長18kmの眺望は見応えのある名勝です。

帝釈峡には石灰岩の峡谷である下帝釈エリア、清流の脇の遊歩道から鍾乳洞に行ける上帝釈エリア、人造湖でありながら見事な紅葉が見られる神竜湖エリアがあります。遊覧船から絶景を眺めることも、カヤックに乗って眺めることもできますよ。

近くにある紅葉会館で販売されている神石高原町産のエゴマを使った蕎麦は、健康的で人気があります。ランチタイムに食べてみてください。

4.瀬戸内海の随一のオーシャンビュー「筆影山」

広島県三原エリアにある瀬戸内海国立公園内の山「筆影山」(標高311m)。頂上のからの眺めは、瀬戸内海随一とも言われる素晴らしい絶景です。春には桜が咲き、秋には海霧や瀬戸の多島美の絶景が眺められます。季節の花々が植えられた遊歩道を進むと筆影山頂にある展望台に着きます。ここから見るしまなみ海道の橋や内海の島々の展望が絶景です。

アクセスはJR三原駅から自動車で20分ほど。他に呉線の須波駅に登山口があり、1時間ほどのハイキングも可能です。瀬戸内海の絶景を見るためにも天気が良い日に行くことをオススメします。三原市ではタコ料理で有名なのでタコグルメも要チェックです。

5.尾道港が一望できる「千光寺」と「尾道千光寺ロープウェイ」

広島県の絶景で忘れてならないのが「大宝山権現院千光寺」。尾道港を一望する大宝山の山麓にあります。弘法大師が806年に開いたとされる歴史ある名刹です。拝観料は無料というのもうれしいところです。

そして明治27年、千光寺住職・多田實圓和尚が観光地として地元活性化を願って公園を作ったのが今の千光寺公園。尾道千光寺ロープウェイもかかっていて見晴らしは抜群と評判の絶景です。

山頂の絶景展望台を楽しんだあとは、近くに尾道市立美術館もあります。美しい景色を見てから美術品に触れるのもまた楽しいでしょう。しまなみ海道の起点からも近いので、ドライブするときに立ち寄りたいですね。

◎まとめ

広島県の絶景スポットには、瀬戸内海の自然と地域の歴史から誕生したものがたくさんあります。そのため絶景を見てお終いではなく、他にも楽しめる観光資源があるのが嬉しいところです。絶景を見たら、周辺で美味しいものを食べたりミュージアムを訪れたりして、広島の旅を心ゆくまで満喫しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の広島行き格安航空券

広島でおすすめの記事

広島のアクセスランキング