熊谷市の激アツ観光スポット15選!暑さに負けずにLet'sさいたま!

画像出典:内蔵助 / PIXTA(ピクスタ)

熊谷市の激アツ観光スポット15選!暑さに負けずにLet'sさいたま!

GoToキャンペーンバナー

目次

熊谷市の激アツ観光スポット15選!暑さに負けずにLet'sさいたま!

目次を閉じる

4.星溪園

八木橋百貨店の南にある星溪園(せいけいえん)は、竹井澹如(たけいたんじょ)が江戸時代末期の慶応年間に造った、回遊式の日本庭園です。竹井家は中山道熊谷宿の本陣を代々務めた熊谷の名家で、澹如は後に埼玉県議会の初代議長になった人物です。

平成に入って修復作業が行われ、星溪寮・松風庵・積翠閣という3つの数寄屋風の建物が美しく甦りました。園の中心にある玉の池周辺では、秋に美しい紅葉がみられるほか、4~5月にかけては熊谷直実にちなんだクマガイソウ(熊谷草)が、特徴的なぼんぼり型の花を咲かせます。

大隈重信や徳富蘇峰といった近代日本のビッグネームも訪れた名園へ、熊谷を観光するならぜひ立ち寄ってみましょう。

5.片倉シルク記念館

熊谷市は、信州岡谷の製糸長者片倉財閥(現片倉工業)の最後の製糸工場があったところ。片倉シルク記念館は、その熊谷工場の繭倉庫を転用したミュージアムです。

館内では実際に使用されていた繰糸機が展示されているほか、日本の近代化とは切っても切り離せない養蚕・製糸業にかんする貴重な資料が並べられています。

ちなみに、熊谷工場の1つ前に閉鎖された片倉工業の製糸工場が、世界遺産になった群馬県の富岡製糸場なんですよ。

6.坂田医院旧診療所

利根川沿いの妻沼地区にある坂田医院旧診療所は、昭和6年に開業し、昭和50年代まで現役で使用されていた内科・産科のクリニック。大正モダンから続く昭和初期のシックな外観が特徴的な建物で、平成16年に国登録有形文化財に指定されました。

近年では『東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~』や『ゲゲゲの女房』などの映画のほか、多くのドラマやCMのロケ地となり、熊谷市の人気観光スポットに踊り出るまでになりました。

内部も当時の様子がよく残っていて興味深いのですが、イベント時を除いては一般公開されていないので注意して下さい。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

熊谷でおすすめの記事

熊谷のアクセスランキング