熊谷市の激アツ観光スポット15選!暑さに負けずにLet'sさいたま!

画像出典:内蔵助 / PIXTA(ピクスタ)

熊谷市の激アツ観光スポット15選!暑さに負けずにLet'sさいたま!

「あついぞ!熊谷」のキャッチコピーで有名な熊谷市(くまがやし)は、埼玉県北部の中心的都市。上越新幹線が通っているほか、SLが人気の秩父鉄道を利用すれば、長瀞方面へも観光可能!都心からのアクセスも容易で、便利な町なんです。観光は?というと、『平家物語』でおなじみの熊谷直実や斎藤別当実盛にまつわる歴史観光スポットや、利根川・荒川の二大河川に関連した自然スポットなど、熊谷市には意外と観光名所が多いのです。

そんなかつての中山道の宿場町熊谷の、おすすめホット観光スポットをあつ~~~くご紹介します!

目次

[x] 閉じる

熊谷市の激アツ観光スポット15選!暑さに負けずにLet'sさいたま!

1.八木橋

熊谷市街の西端近くにある八木橋百貨店は、熊谷市民の心のマーケット!創業110年を超える老舗デパートで、すぐ近くにショッピングモールが進出してからも、熊谷っ子の憩いの百貨店として変わらず愛され続けています。

八木橋観光のいちばんの見どころは、入り口前に設置されている「あついぞ!熊谷」の巨大温度計でしょう。毎年盛夏の風物詩として、テレビなどで目にした人も多いはず。毎年5月ごろから設置されるので、そこまで猛暑でなくても、熊谷へ観光に来たことが実感できますよ。

また、八木橋の敷地内を旧中山道が貫通していて、店舗1階にはわざわざそのルートが分かるようにフロアが設計されています。「旧中山道」の石碑をよそ目に熊谷のおみやげ探し、なんてちょっと変わったデパートの使い方もできますね。

2.熊谷寺

自分の息子と同じ年頃の若武者を泣く泣く討ち取り、世を儚んで出家への思いを強くする。『平家物語』のヤマ場のひとつ、「敦盛最期」の段の主人公熊谷直実(くまがいなおざね)は、この熊谷市の出身。直実は実際に仏門に入り、自身の館をお寺に改めます。それが、現在の熊谷寺(ゆうこくじ)です。

境内への立ち入りはできませんが、周りから立派な伽藍を眺めるだけでも、直実の静かながら熱い想いが伝わってくるようです。八木橋からも近いので、合わせて熊谷観光のツートップといっても過言ではないでしょう。八木橋百貨店の上層階からは、熊谷寺の全容を俯瞰できますよ。

なお、冬でも行列のできるかき氷屋「慈げん」は、熊谷寺の西側沿道にあります。

3.秩父鉄道 SLパレオエクスプレス

出典: tarousite / PIXTA(ピクスタ)

白煙を上げて秩父路を駆け抜ける真っ黒な蒸気機関車。秩父鉄道のSLパレオエクスプレスは、「都心から一番近い蒸気機関車」として観光客に大人気ですが、その始発駅は熊谷駅になります。もちろん途中で乗り降りすることもできますが、せっかくなら最初から最後まで乗りたいですよね!

熊谷駅を出たパレオエクスプレス号はまもなく上越新幹線と別れ、荒川の河川敷に沿って進みます。2つ目の停車駅の寄居から先はだんだんと渓谷の風景に変わっていくので、熊谷市はのどかな平野部を走るSLを眺められる貴重なエリアなんですよ。

パレオエクスプレスは基本的に3月~12月の土日祝日に運行されますが、臨時列車も多いので秩父鉄道のHPを確認するようにしましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

熊谷でおすすめの記事

熊谷のアクセスランキング