世界最大級の橋・瀬戸大橋が120%楽しめる オススメ観光ポイント6選

画像出典:ミッキー / PIXTA(ピクスタ)

世界最大級の橋・瀬戸大橋が120%楽しめる オススメ観光ポイント6選

瀬戸大橋は世界最大規模の橋。海を渡る長大橋6つと、橋台として利用している小島の4つの高架橋で構成させれます。瀬戸大橋は高い位置に架かっているので、橋上から眺める眺望も素晴らしいものです。日の出の時刻には瀬戸内海の水平線から昇る朝日を、夕刻には沈む夕陽を見ることができ、瀬戸内海が陽光で染まるその様子は絶景。今回はそんな瀬戸大橋の全景や、上からや下からの眺めが満喫できるおすすめスポットを6つ紹介します。

目次

世界最大級の橋・瀬戸大橋が120%楽しめる オススメ観光ポイント6選

目次を閉じる

1.瀬戸大橋が一望できる「鷲羽山展望台」

出典: ShinKeN / PIXTA(ピクスタ)

岡山側から瀬戸大橋を見る代表的なスポットが鷲羽山展望台です。国の名勝にも指定されている鷲羽山は、瀬戸内海国立公園随一の景勝地として知られています。高さ133mの「鍾秀峰(しょうしゅうほう)」からは、50以上の島が浮かぶ瀬戸内海を望むことができます。生き方はJR児島駅からバスにのって約25分。下車してから徒歩5分です。夕日が綺麗なので、日が傾く午後に訪れるのがおすすめです。

2.船に乗って瀬戸大橋を下から眺める「児島観光港」

岡山県の児島観光港から出港するクルージングは、およそ45分かけて瀬戸内海の島々を見ながら進み、瀬戸大橋の下をくぐることができる観光レジャーです。瀬戸大橋を下から見られるのは、船上からだけなので、特別感があります。

出航は10~14時(8月のみ~15時まで)の間で、瀬戸内の島々を眺めながら瀬戸大橋の橋下を通過します。詳しい出航時間は倉敷観光webを確認してください。

通常の航行以外にも、水島コンビナート工場の夜景が楽しめるルージング(所要時間約90分)や初日の出クルージング(要予約)といったイベントがあるので、ワンランク上のクルージングを楽しみたい方は是非参加してみてください。観光港までのアクセスはJR児島駅から徒歩5分。車で訪れる方は瀬戸中央自動車道の児島ICから北東方向へ向かいましょう。約5分で到着です。

■瀬戸大橋を渡るには?

瀬戸大橋を直接渡るには、車と電車の2つの方法があります。

車で渡る場合は、瀬戸中央自動車道を南下し坂出方向へ向かってください。電車で渡る場合は、瀬戸大橋線を走る列車に乗車してください。普通・快速・特急の他、観光列車が運行しているので、時間や都合、目的に合わせて選んでみましょう。

岡山側から瀬戸大橋に向けて出発した電車は、児島駅を発車するとすぐにトンネルに入り、トンネルを抜けると瀬戸大橋に出ます。空に架かる瀬戸大橋から瀬戸内海を見下ろすことができる時間はおよそ10分程度なので見逃さないようにしてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

倉敷でおすすめの記事

倉敷のアクセスランキング