佐賀市の奥座敷熊の川温泉周辺で、おすすめの観光スポット6選!

画像出典:ja.wikipedia.org

佐賀市北部にある熊の川温泉は、佐賀駅からバスで約35分というアクセスの良さが魅力です。嘉瀬川沿いに位置する小さな温泉郷ですが、ぬるい温度とアルカリ性単純弱放射能泉という珍しいお湯で知られています。佐賀市街も近いので観光に不便はありませんが、熊の川温泉の周辺にもいろいろな観光スポットが点在しているんですよ。今回はこうした見どころを6選にまとめてご紹介します。

[x] 閉じる

佐賀市の奥座敷熊の川温泉周辺で、おすすめの観光スポット6選!:目次

1. 熊ノ川浴場

嘉瀬川の河岸に建つ熊ノ川浴場は、かつての旅館を利用した、温泉街のなかでも最も古い歴史をもつ共同浴場です。

最大の特徴はやはりその「ぬるさ」。源泉かけ流しで加温も加水もしていないそのお湯は、なんと32度くらい!初めて入る人はびっくりするか、「こんなの温泉じゃない!」と怒り出すそうです。

ですが、ここはじっくり我慢して最低でも1時間は浸かってみましょう。すると、じわりじわりと血の巡りが良くなり、体が温まってくるのが感じられるはずです。隣には加温した浴槽もあるので、交互に体を慣らしながら入るのがおすすめです。

お湯の良さが分かっている地元の人は、2時間でも3時間でもおしゃべりしながら入浴するのだそう。時間に余裕があれば、地域の人たちとの触れ合いを楽しむのも温泉旅の醍醐味ですね。

2. 下合瀬の大カツラ

出典:kattyan / PIXTA(ピクスタ)

熊の川温泉から国道263号線を北上し、北山ダム湖の北端から少し山道に入ったところに、国指定天然記念物の「下合瀬(しもおうせ)の大カツラ」があります。

樹齢は1000年以上ともいわれ、周囲は約20m、根元付近からは「ひこばえ」と呼ばれるサブの幹が25本も生えています。そもそも佐賀県内では自生しているカツラ自体がとても珍しいんですよ。

その様子は、たくさんの細い樹が寄り集まって1つの巨大な集合体を形成しているかのよう。道端に車を停めてすぐのところにあるので、銘木巨木のなかでは観光しやすいスポットといえるでしょう。

3. 雄淵・雌淵

出典:kattyan / PIXTA(ピクスタ)

熊の川温泉と古湯温泉の間には、かつて筏流しの難所といわれた観光名所「雄淵(おぶち)・雌淵(めぶち)」があります。

奇岩が屹立する深い峡谷に、エメラルドグリーンの水。その渓谷美は、この地を訪れた中国の文学者郭沫若(かくまつじゃく)が、故郷の四川省の風景に似ていると評したほどです。

現在、谷には歩行者用の橋が架けられ、その景色を存分に楽しむことができます。とくに紅葉の時期は美しいですよ!また、雄淵雌淵公園の脇にある雄淵の滝も、荒々しく清冽な流れで見る者を引き込みます。

4. 浮立の里展示館

出典:commons.wikimedia.org

熊の川温泉から西の山間部に少し分け入ったところに、「浮立の里展示館」という観光スポットがあります。

「浮立(ふりゅう)」とは佐賀・福岡・長崎の3県にまたがる地域に伝わる踊り。古くから豊作祈願や雨乞い、収穫の感謝など農業のさまざまな場面で行われてきました。浮立は笛や太鼓、鐘などの音楽に合わせて踊られ、その内容は地区によって異なります。

「浮立の里展示館」では、熊の川温泉のある佐賀市旧富士町地域に残る5つの浮立について、さまざまな資料が展示されています。なかでも、なかでも市川地区の天衝舞浮立(てんつくまいふりゅう)は圧巻!額に付けた大きな前立を振り回しながらのダイナミックな舞いを、ぜひビデオでご覧ください。

5. 巨石パーク

佐賀市街または長崎自動車道佐賀大和ICから熊の川温泉に向かう途中、「道の駅 大和 そよかぜ館」の手前に「巨石パーク」の看板を目にするはずです。

ここは、その名の通りさまざまな巨石に出会える体験型テーマパーク。外からは普通の小高い山に見えますが、森の中には17基もの巨石が観光客を待っています。

ゴリラに見えるという「神頭石」や、斜面をなぜ滑り落ちないのか不思議なポジションの「御舟石」など、解説付きでいろいろな岩を巡ることができます。なかには女性器に似た造化大明神という岩もあり、子宝に恵まれるご利益があるともいわれているんですよ。

いくつかのコースがありますが、いずれもそれなりのトレッキングになります。観光の際は動きやすい服装と靴を忘れないようにしましょう。一汗かいたら、熊の川温泉のぬる湯でじっくり体をほぐしてください。

6. 川上峡

出典:kattyan / PIXTA(ピクスタ)

佐賀大和ICのすぐ近くにある川上峡。「峡」とはいうものの険しさはなく、嘉瀬川が山間部から佐賀平野に出る境目に位置しています。

ここは、そのゆったりとした景色から「九州の嵐山」とも呼ばれる風光明媚な観光スポット。春の桜や秋の紅葉がおすすめなのはもちろん、初夏には数百体の鯉のぼりが薫風爽やかな清流の上を泳ぎます。

これらの時期に熊の川温泉を訪れる際は、ぜひ川上峡に観光に立ち寄ってみてください。

◎まとめ

熊の川温泉の魅力を6選に分けて取り上げてみました。 熊の川温泉は日帰りで楽しめる施設が多いので、いろいろとはしごをしてみるのも良いかもしれません。その合間には、嘉瀬川沿いに整備された散歩道を歩いてみたり、川遊びが楽しめる親水公園を訪れてみたりするのもおすすめ!少し体がさめてきたな…と思ったらまた、ぬるめのお湯でのんびりと癒される。そんな楽しみ方ができるのも、熊の川温泉ならではです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

熊の川温泉でおすすめの記事

    熊の川温泉の記事はまだありません。

熊の川温泉のアクセスランキング