「日本のエーゲ海」と呼ばれる岡山県瀬戸内市の牛窓へ観光に行こう!

画像出典:ミッキー / PIXTA(ピクスタ)

「日本のエーゲ海」と呼ばれる岡山県瀬戸内市の牛窓へ観光に行こう!

牛窓(うしまど)は「日本のエーゲ海」と呼ばれる地域。岡山県の東端、瀬戸内海に面したところにあります。県外の方だと「岡山=遠い」と感じる方も多いかもしれませんが、大阪や神戸から最寄りの備前ICまでは車で1時間半前後で、ドライブがてら気軽に観光できる場所です。山陽道から岡山ブルーラインを通る牛窓へのアクセスは無料なので、グーンと身近に感じられますよ。

古き良き街並みに新しい観光名所がさりげなくマッチする牛窓は、知る人ぞ知る夕日が美しい名所。『日本の夕焼け100選』にも選ばれるほど美しい夕日は、ドライブ観光にもピッタリです。

目次

「日本のエーゲ海」と呼ばれる岡山県瀬戸内市の牛窓へ観光に行こう!

1.朝日も夕陽も星空も綺麗な「天神社」と「前島展望台」

出典: KENDA / PIXTA(ピクスタ)

空が淡い朱色から真紅の紅に、やがて薄い紫色へ移り変わり気が付けば満天の星空へと金色を湛える牛窓の空は、いつまでも見て居たいと思わせる景色です。

綺麗な夕陽が見られるのは天神社と前島にある展望台。天神社は「テンジンサマ」と呼ばれ『日本の夕陽百選』にも選ばれた有名な観光スポットなんですよ。牛窓町フェリー乗り場からわずか5分で渡れる前島展望台は、瀬戸内海の多島美と小豆島や四国の屋島を一望できる昼間でも楽しめる観光スポットです。

前島展望台まで来たら前島の西端・荒崎まで足を延ばしてみてください。のんびりと歩きながら夕日を眺めてみるのにちょうどいい夕日のお散歩コースです。(※写真は前島展望台からの昼間の景色です)

2.ユーモアと根気があふれる面白い神社「牛窓神社」

牛窓に来たら「牛窓神社」を観光しましょう。重厚な佇まいで牛窓町指定重要文化財(建築物)に指定されています。この神社で面白いのが、境内の狛犬の台座部分にある「ど根性の樹」。おみくじを結ぶまだ小さな樹で、参拝者の括りつけられる姿が必死に耐え忍んでいるように見えるためそう呼ばれています。

牛窓神社に向かうまでの道のりも注目です。「本宮(本殿)までもう少しです」と励ましてくれる看板のほか、「夢を語ロード」「五気の杜 牛窓大明神さまから、参拝のあなたへ 元気・やる気・勇気・本気・根気」など、クスッとさせられる文言が見られます。牛窓神社は石段が長いのですが、ユニークな看板を見れば頑張って登れる……かもしれません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

瀬戸内でおすすめの記事

瀬戸内のアクセスランキング