ビーチとサトウキビ畑だけじゃない!喜界島には歴史と文化もあふれていた

画像出典:iLand / PIXTA(ピクスタ)

ビーチとサトウキビ畑だけじゃない!喜界島には歴史と文化もあふれていた

目次

ビーチとサトウキビ畑だけじゃない!喜界島には歴史と文化もあふれていた

目次を閉じる

3.手久津久(てくづく)の巨大カジュマル

出典: かあくん / PIXTA(ピクスタ)

喜界島には神秘に満ちた大きなカジュマルの樹々が点在していますが、その中でも島一番のパワースポットと言われるのが、ここ手久津久(てくづく)集落の巨大カジュマルです。樹齢100年は超えているものと推定され、根幹は16メートル。その迫力ある姿に圧倒されてしまいます。

カジュマルに近づいたら上を見上げてみてくださいね。まるで空を覆いつくすように生い茂る緑は、本当に神秘的。木漏れ日が心地よく、カジュマルに精励が宿るという話も、素直に信じる気持ちになれるでしょう。巨大カジュマルから地球のパワーを感じ取って、リフレッシュする、これが喜界島観光の醍醐味です。

4.百之台国定公園

喜界島で最も高い台地は標高203メートルの「百之台」。ここから奄美十景に選ばれる絶景が広がります。ぜひ行ってみましょう。東には太平洋、西には東シナ海と奄美大島。青い空とエメラルドグリーンの海のコントラストは、これぞ喜界島!という絶好の観光スポットですよ。

喜界島は隆起珊瑚礁の島なので、特に高い山はありません。この展望台での最高地点211.96mが喜界島における最高所で、「鼻七島」または「ポイント211」と呼ばれています。パラグライダーの離陸場所としても使われているので、気持ちよさそうに飛ぶパラグライダーを見かけることもあるでしょう。

戦時中は敵の飛行機をいち早く発見する場所だったようで、旧日本軍の通信施設も残されています。
これもまた喜界島の歴史ですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

喜界島でおすすめの記事

喜界島のアクセスランキング