ビーチとサトウキビ畑だけじゃない!喜界島には歴史と文化もあふれていた

画像出典:iLand / PIXTA(ピクスタ)

ビーチとサトウキビ畑だけじゃない!喜界島には歴史と文化もあふれていた

目次

ビーチとサトウキビ畑だけじゃない!喜界島には歴史と文化もあふれていた

目次を閉じる

喜界島へのアクセス

●飛行機の場合

出典: ja.wikipedia.org

≪奄美空港から≫
JAC(日本エアコミューター)で約20分のフライト。1日3便。
奄美空港までは成田、羽田、伊丹、福岡、那覇から直行便が飛んでいます。ちなみに成田から奄美大島までは、LCCのバニラエアが就航しました。これで首都圏から喜界島観光への距離、そして金額がグンと身近になりました。

≪鹿児島空港から≫
JAC(日本エアコミューター)で約70分のフライト。1日2便。

●フェリーの場合

喜界島へ船で行くには、鹿児島港から出発し沖永良部島まで運行する「喜界航路」を利用します。鹿児島港から喜界島への所要時間は約11時間。奄美港からは約2時間です。また喜界島への入港ですが、日曜日と月曜日はお休みなのでご注意くださいね。

1.喜界島おすすめのビーチ厳選5

●スギラビーチ

出典: addy / PIXTA(ピクスタ)

喜界島のビーチと言えばスギラビーチというほど、観光客にも人気の海水浴場。真っ白な砂浜と透き通る海!まさに喜界島に求めていた景色ですよね。これが人工的につくられたビーチだなんて信じられません。
サンゴのリーフで囲まれてるおかげで、波もなくお子様にも安心。シュノーケリングするも良し、奄美大島に沈む夕陽を眺めるも良し。バーベキューにキャンプと楽しみ方は自由自在です。

●中間ビーチ

トンネルを抜けた先に見えてくるのが中間ビーチ。喜界島の地元の方にもあまり知られていないのは、木々に囲まれた見えづらい場所にあるからだとか。その分プライベート感はばっちりですよ。中心街から車で10分程度とアクセスも良好。満潮の時間を狙ってのお出かけがおすすめです。

●ハワイビーチ

出典: masa

小さな美しいビーチでプライべート感に浸りましょう。喜界島の最北端で中心街からも離れていることが、観光客の少ない理由。しかし、その美しさたるや「まるでハワイだ!」とハワイ帰りの島民が叫んだほど。実際、それをきっかけに「ハワイビーチ」と呼ばれるようになったそうです。

白い砂浜の向こうに広がる海の色は、何層にも見えて本当に美しい。サンゴやハコフグやメジャコと言った、南国喜界島ならではの生き物にも会えますよ。極上のビーチを思う存分楽しんでください!

●塩道長浜(しゅみちながはま)公園

広々した公園に美しい海が広がっているなんて!なかなか都会ではお目にかかれないそんな光景が、塩道長浜(しゅみちながはま)公園にはあります。整備される前は、公園全体が遠浅の海だったという話にも興味をひかれますよね。その頃は、園児たちがプールのように使っていたそうです。

今は広い芝生の中の遊歩道を、散歩したり走り回ったり。ピクニックにも最高の公園になりました。海沿いの散策路も整備されていて、海を見ながらの散歩もいいですね。でもこの白い砂浜を見たら・・・きっと海に降りたくなると思いますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

喜界島でおすすめの記事

喜界島のアクセスランキング