【山形県】銀山温泉のおすすめ観光スポットをまとめてご紹介!

画像出典:けーろー / PIXTA(ピクスタ)

【山形県】銀山温泉のおすすめ観光スポットをまとめてご紹介!

銀山温泉は、山形県の北東部・尾花沢(おばなざわ)市にある人気の温泉地。銀山川の両岸に、大正時代の洋館ムードあふれる旅館が建ち並びます。そのノスタルジックな街並みが注目を集め、訪れる観光客が増加。昔ながらの湯治場の情緒が、今もなお色濃く残っています。日帰りの観光客でにぎわう昼間も良いですが、ガス灯がともった夜の温泉街も幻想的!そんな銀山温泉で、ぜひ訪れたい人気の観光スポットをご紹介します。

目次

[x] 閉じる

【山形県】銀山温泉のおすすめ観光スポットをまとめてご紹介!

1. 白銀の滝

出典: Polar_Bear Hiro / PIXTA(ピクスタ)

銀山温泉の観光は、マイナスイオンたっぷりの美しい滝からスタートしてはいかがでしょうか。日ごろのストレスも浄化され、爽やかな気持ちで銀山温泉へと参りましょう。この白銀の滝は、温泉街の最も奥の突き当たりにある白銀公園にあります。散策路の入り口にあるので、観光客もたくさん訪れています。

30メートルの高さから落ちる滝は迫力があります。温泉街からも近いので浴衣姿の観光客も多いのですが、実は国道沿いにあるのでドライブついでに立ち寄れる観光スポットです。白銀の滝の向かい側には「滝と蕎麦の宿・瀧見館」があり、滝を見ながら地元産のそば粉を使ったそばが食べられますよ。

2. 山の神神社

出典: zzr / PIXTA(ピクスタ)

美しい滝のマイナスイオンで浄化された後は、古くから延沢銀山の守り神だった神社へ。この山の神神社は、家内安全や子宝安産・夫婦円満の神様がまつられています。特に、子宝祈願は観光客にも有名です。そもそも、銀山温泉自体が子宝温泉ともいわれている温泉なんですよ。

もちろん、観光客だけではなく地元の人々にも信仰されてきた神社です。お堂には、木で作られた男性のシンボルが奉納されているというから驚きです。さすが、子宝にご利益がある神社。山の神神社は、銀山温泉街の一番下流側にあるお寺の脇から、坂道をのぼったところにあります。

3.情緒たっぷりな湯めぐり

滝でマイナスイオンを浴び銀山の守り神にお参りしたら、目指すは温泉です。銀山温泉には、観光で訪れた人たちも気軽に立ち寄ることのできる共同浴場があります。もっとぶらっと温泉気分を味わいたいなら、足湯もいいですね。銀山温泉自体が、1キロほどというこじんまりとした温泉街なので、温泉のはしごも楽々とできます。

◆共同浴場「しろがね湯」

銀山温泉を散策している観光客でも気づかないほど、モダンな外観の共同浴場が「しろがね湯」。温泉街の手前にあり、黒の縦格子が印象的な造りになっています。細い三角形のような狭い土地に建っているのが特徴です。

実はこの共同浴場を設計したのは、建築家・隈研吾氏。新国立競技場の設計などでも有名な建築家です。そんな方が設計しているとは、銀山温泉おそるべし!男女別の浴槽は、一階と二階にあって男女入れ替え制になっています。手頃な価格で源泉かけ流しのお風呂を堪能できます。他にはないデザインの共同浴場を楽しみたい観光客に人気です。

◆おもかげ湯

おもかげ湯は、家族貸切風呂です。「居酒屋ちょろ松」で受付をすると、1組50分で借りることができます。熱めの源泉かけ流しのお風呂となっています。家族での観光におすすめのスポットです。

◆足湯「和楽足湯」

出典: Polar_Bear Hiro / PIXTA(ピクスタ)

いつでも観光客がのんびり足湯につかっている、和楽足湯。銀山温泉のひと休みスポットとして定着しています。大正時代の面影を残す銀山温泉の雰囲気をそのまま生かしたつくりで、浴衣姿も似合う撮影ポイントでもあるんです。

銀山川沿いにあるので、流れゆく川のせせらぎを聞きながらの足湯は、本当にぜいたくです。腰を下ろして、川や街並みの景色が一番よく見られるように、ベンチの高さや位置が絶妙に工夫されています。ホッと一息つきながら、川の音に耳を澄ませてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

尾花沢でおすすめの記事

尾花沢のアクセスランキング