岐阜県美濃加茂市の観光スポット7選。歴史と自然が共存する町へGO!

画像出典:ja.wikipedia.org

岐阜県美濃加茂市の観光スポット7選。歴史と自然が共存する町へGO!

江戸時代の五街道のひとつ、中山道の宿場町として栄えた歴史を持つ岐阜県南部の美濃加茂市。木曽川が流れ、自然に恵まれた町です。歴史的な見どころや、ユニークな観光スポット、注目の観光列車まで、美濃加茂市の必見観光ポイントを紹介します。

目次

岐阜県美濃加茂市の観光スポット7選。歴史と自然が共存する町へGO!

目次を閉じる

1.古い街並みが残る美濃加茂の宿場町「中山道太田宿」

出典: Cory

美濃加茂市といえば江戸時代、中山道の宿場町として栄えた歴史で知られています。当時の宿場町としての面影を残す観光エリアが太田宿。現在でも古い建物や史跡が点在しているので、風情感じる佇まいの街並みをぜひ観光してみましょう。美濃加茂市の観光では見逃せないスポットです。

太田宿は江戸・日本橋から数えて五十一番目の宿場で、美濃十七宿のちょうど中央。「木曽のかけはし 太田の渡し 碓氷峠がなくばよい」という言葉が示すように、中山道三大難所の一つ「太田の渡し」としても有名な美濃加茂の観光地です。

太田宿周辺を観光するなら、まず足を運びたいのが「太田宿中山道会館」。無料で利用でき、太田宿の歴史や当時の様子がわかる展示や資料室、お土産コーナーやお食事処、駐車場まで揃っています。地図も手に入るので観光前にまず訪れるのがおすすめです。

見どころは、国指定重要文化財の「旧太田脇本陣林家住宅」。宿場町の半公共宿泊施設「脇本陣」が現存していて、これは全国でも珍しいものだそう。今も住居として使われていますが、一部を無料で観光することができます。また「旧太田宿本陣門」はその名の通り、本陣の敷地内で現存する唯一の史跡です。界隈には昔ながらの商店が並び、美濃加茂のあまり観光地化されていない情緒溢れる宿場町の散策が楽しめます。

2.懐かしい昭和の時代を美濃加茂で体感しよう「日本昭和村」

美濃加茂市を代表する観光スポット「日本昭和村」。その名の通り、昭和30年代の街並みを再現したユニークなテーマパークです。昭和の時代を知る方には懐かしく、知らない方には新鮮な面白さがあるはず。年配の方から子供まで、世代を問わず1日楽しめる観光スポットです。かつての小学校校舎を利用した建物「やまびこ学校」には、昔ながらの商店街の様子、当時の民家の様子などが再現されています。他にも昭和時代の貴重な資料が見られる役場や、大人も子供も大好きな駄菓子屋さんなど、レトロな雰囲気がたっぷり観光できますよ。

昭和村の観光スポットはまだまだ他にも。「里山ふれあい牧場」ではかわいい動物たちがお出迎え。特にアルパカが大人気です。お腹が空いたら園内の「農家レストラン やまびこ食堂」でランチはいかがでしょうか。地元の野菜をふんだんに使用した自然派のバイキングが楽しめます。遊び疲れたら、こちらも昭和らしい佇まいの銭湯「里山の湯」で疲れを癒すのもおすすめです。

併設された道の駅では、広々とした敷地内で美濃加茂のお土産や農産品がゲットできるので、観光帰りに立ち寄ってみては?ちなみに昭和村の名誉村長には、名女優の中村玉緒さんが就任されています。

3.太古の化石!貴重な野外展示を観光「化石林公園」

出典: Cory

木曽川にかかる太田橋のたもとにある化石林公園。太田橋は美濃加茂市とお隣りの可児市を結んでいます。特に遊具もない、川沿いの小さな公園ですが、ここでは貴重な化石林を野外展示で観光することができます。異常渇水が原因で木曽川沿岸のこの地域で425本の化石林が発見されたのは、平成6年の夏のこと。約1900万年前の地層のものだそうです。

化石林って何?というと、樹木が土砂などに埋まった状態で化石になった樹木林とのこと。木曽川がゆったり流れる光景に癒されながら、美濃加茂に残る太古の神秘を観光するのもいいですね。のんびりお散歩コースとしてもおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

美濃加茂でおすすめの記事

美濃加茂のアクセスランキング