筑波山のおすすめ観光スポット10選!神秘を感じて雄大な景色を楽しもう

画像出典:genki/PIXTA(ピクスタ)

筑波山のおすすめ観光スポット10選!神秘を感じて雄大な景色を楽しもう

茨城県つくば市には、関東平野を代表する観光地として人気の「筑波山」があります。「西の富士、東の筑波」と言われているほどの立派な山で、山そのものがパワースポットといわれる神聖な場所です。日本百名山の中でも筑波山は比較的標高が低いため、ハイキングがてら登山を楽しめるのも魅力の一つ。四季折々の自然を気軽に愛でることができるほか、山頂までの道のりには見どころが点在しています。今回は、筑波山とその周辺でぜひ訪れておきたいおすすめの観光スポットを厳選してご紹介していきます。

目次

筑波山のおすすめ観光スポット10選!神秘を感じて雄大な景色を楽しもう

目次を閉じる

1.筑波山ケーブルカー&ロープウェイ

◆ケーブルカー

出典: keisuke/PIXTA(ピクスタ)

「筑波山ケーブルカー」は、筑波山中腹にある宮脇駅から山頂駅までを結ぶ全長1,634mのケーブルカーです。日本で3番目に長いケーブルカーとしても知られており、この距離をおよそ8分で昇ることができます。筑波山ケーブルカーの特徴は、線路の3分の1がカーブしていること。山頂駅が宮脇駅から左に90度曲がった場所に位置するため、とにかくカーブが多いのです。

筑波山ケーブルカーからは春には梅や桜、初夏には紫陽花、秋には紅葉、冬には雪景色と四季折々の風景を楽しめます。車両の後方には壮大な地平線が広がっており、都会ではまず見られない雄大な景色を眺めることも!さらに、山頂からはつくば市の街並みをはじめ、東京都心の高層ビル群や東京スカイツリー、富士山まで壮大な景色を見渡せます。

◆ロープウェイ

出典: kawamura_lucy/PIXTA(ピクスタ)

「筑波山ロープウェイ」は、つつじヶ丘駅から女体山駅までを約6分で結びます。つつじヶ丘ではつつじの群生を見られるほか、ロープウェイからは東京スカイツリーや富士山を見渡せるのだとか。冬季には夜間運転も行っており、クリスマスシーズンは特に美しい夜景を見に訪れる観光客で賑わいます。

ロープウェイは2台の車両が上りと下りを繰り返す4線交走式で、白と赤の可愛らしいデザインが特徴。
バリアフリーになっているので、車椅子でお越しの方でもそのままロープウェイに乗ることができます。標高800mの空中散歩をこの機会にお楽しみください。

2.筑波山梅林

出典: tenjou/PIXTA(ピクスタ)

筑波山の標高250m地点に位置する「筑波山梅林」は、約4ヘクタールの広大な敷地を有する観光スポット。
園内には白梅や紅梅、縁がく梅など様々な種類の梅が植えられていて、早咲きのもので1月下旬には美しい梅の花を咲かせます。筑波山の巨岩と梅とのコントラストは、一見の価値がありますよ。

毎年2月中旬からは、およそ1ヶ月間にわたって「筑波山梅まつり」を開催。祭りでは様々なイベントが行われていて、和太鼓の演奏やつくば市の無形文化財にも指定されている「筑波山ガマの油売り口上」を聞くこともできます。観光記念に「梅の種飛ばし選手権」に参加してみるのも良いかもしれませんね。

3.筑波山ガマ石

出典: Apist/PIXTA(ピクスタ)

「ガマ石」は、女体山から御幸ヶ原方面に向かって少し下りたところにあります。ガマガエルが口を開けているように見えることから名付けられた石で、口の中に小石を投げ入れれば出世する、金運が上がるとの言い伝えがあるのだとか。勝負運、仕事運、商売繁盛などにご利益があることから、たくさんの観光客が祈願に訪れています。

ガマの供養と商売繁盛の願いを込めた「筑波山ガマ祭り」は、2019年9月に第71回目を迎えた歴史あるイベントです。カエルのかぶり物を被って350mの門前通りを駆け抜ける「筑波山がまレース」が名物で、毎年子供から大人まで幅広い年齢層の方が参加しています。もちろん「筑波山ガマの油売り口上」の実演も行われるので、お祭りの時期を狙って訪れてみてはいかがでしょうか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

つくば市でおすすめの記事

つくば市のアクセスランキング