空気と魚が美味しい町!紀北町の見どころ観光スポット14選

画像出典:zh.wikipedia.org

空気と魚が美味しい町!紀北町の見どころ観光スポット14選

GoToキャンペーンバナー

「美味しい魚が食べたい!」
「綺麗な空気を吸って、景色が綺麗な場所でのんびりしながら疲れを取りたい!」

と、思っている方は必見です。

三重県南部に位置する北牟婁郡紀北町( きたむろぐん きほくちょう)。紀北町は、紀伊半島南端の潮岬と志摩半島の中間、東紀州の玄関口に位置し、東南部には熊野灘があります。魚、貝類、干物、鰹節などの水産業が盛んで、新鮮で美味しい食べ物が有名な町です。

また、林業が盛んな山々に囲まれた地域でもあり、総面積の9割近くを森林が占めています。大自然に囲まれ、美しい景色を眺めながら、のんびりできる観光スポットがたくさん。魚が美味しく景色が綺麗で空気が美味しい、紀北町のおススメスポットを紹介します。

目次

空気と魚が美味しい町!紀北町の見どころ観光スポット14選

目次を閉じる

1. お土産に大人気!新鮮で美味しい魚や干物が並ぶ「道の駅 紀伊長島マンボウ」

国道42号線を和歌山県に向けて南下し荷坂峠を下り、1kmほど行くと紀北町の観光所の「道の駅 紀伊長島マンボウ」があります。屋根の形が三角形の特徴ある建物の休憩所。紀北町で摂れた新鮮で美味しい魚や干物を中心に、魚貝類、地魚を使ったさんまのお寿司や地元の野菜、果物も豊富に並んでいます。紀北町に訪れた観光客の方はお土産として買っていかれる人が多いです。

ネーミングの「マンボウ」とは魚のマンボウのことで有名な紀北町の特産品のひとつ。マンボウは身だけでなく、腸も人気のある部位で、食感は焼肉にある「ミノ」に似ていて美味しく、炒めものや煮物に使える珍味として人気です。マンボウの串焼きなども販売されており、ここで初めてマンボウを口にする人も珍しくありません。

新鮮な海産物と自然に囲まれた紀北町の新しい発見や、紀北町の新たな魅力に触れることができる観光名所です。

2. 国指定史跡と世界遺産に登録された熊野古道を歩く旅

2000年に「熊野参拝道」として国の史跡指定され、2004年にユネスコの世界遺産として登録された熊野古道。熊野古道伊勢路は伊勢神宮にお参りをした人々が熊野の神様を目指して歩いた参拝道です。現在は紀北町の観光名所のひとつとして古人が巡った道を、たくさんの方が自然に触れ、絶景ポイントを眺め、熊野古道を歩きに訪れています。

世界遺産に登録されている熊野古道は三重県、和歌山県、奈良県の3県に広がります。すべてを一度に歩くというスタイルではなく、古道を歩くにあたり初心者の方でも歩きやすい道、何度も古道を歩いているベテランの方向け、あるいは「海や島を見渡したい」、「季節の草花と触れ合いたい」などそれぞれの目的に合った「参拝道を選択して、古道を歩く」というスタイルが、熊野古道を歩く旅としておススメです。紀北町から歩くことができる熊野古道5峠をまとめてみました。

■ツヅラト峠 (コース:JR梅ケ谷駅~紀伊長島駅、距離:約9km、時間:約4時間)

伊勢の国」と「紀伊の国」の国堺だった峠。紀北町の町が見渡せる絶景ポイントです。

■荷坂峠 (コース:JR梅ケ谷駅~紀伊長島駅、距離:約8km、時間:2時間30分)

4月頃に咲くオンツツジをはじめ、季節ごとに楽しめる花々が美しく咲き誇ります。下りが多い道なため、気軽に楽しむことができます。

■三浦峠(熊ヶ谷道) (コース:加田教会前バス停~JR三野瀬駅、距離:約8km、時間:約3時間)

ひのき林となっている山道は、平たんな海沿いの道となっています。ハイキングコースに適した道となっているため、初心者の方でも歩きやすい道。

■始神峠(はじかみとうげ) (コース:JR三野瀬駅~船津駅、距離:約5km、時間:2時間30分)

峠の展望台からは「紀伊の松島」と呼ばれる島々を一望できます。天候がよく、澄んだ日は志摩半島まで見渡せる絶景ポイントのひとつとなっています。

■馬越峠(まごせん峠) (コース:道の駅海山~JR尾鷲駅、距離:約5km、時間:約2時間30分)

峠越えの古道は石畳が約2kmにわたり良好な状態で保存されており、風情があります。山頂からは熊野灘の絶景が見渡せます。実際に、熊野古道を歩く時の服装については、動きやすく歩きやすい服装が適しています。熊野古道は標高100~600m程度の低山なため、気温は平野部とあまり変わらないことが多いようです。

熊野古道を歩かれる時は紀北町の気象データを参考にして、天候に合わせた服装でお出かけくださいね。
(紀北町気象データ ⇒ http://www.jma.go.jp/jp/warn/2454300.html)

熊野古道を歩くための靴は、トレッキングシューズ、滑りにくい靴底の運動靴やウォーキングシューズが適しています。日ごろお仕事でお忙しい方も、少しだけ時間をつくってみて、体力維持のためにも熊野古道を歩かれてみれば、現在から歴史を見る新しい発見もあり、心身ともに冴え渡る大切な時間となることでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

紀北町でおすすめの記事

紀北町のアクセスランキング