鹿児島県出水市の観光スポット9選!実はいろんな「日本一」がめじろ押し

画像出典:シュート / PIXTA(ピクスタ)

鹿児島県出水市の観光スポット9選!実はいろんな「日本一」がめじろ押し

鹿児島県の北西部、熊本県との県境に位置する出水(いずみ)市。JR出水駅には九州新幹線が停まるので、アクセスの良さも抜群。九州観光で立ち寄りたいスポット満載の場所なのです。

出水といえば、世界に誇るツルの渡来地として有名。出水に来るツルの数は日本一なんです!出水の「日本一」はこれだけではありません。ツル以外にも、様々な一番の光景を見られるのです。例えば、日本一大きな鈴に、日本一大きなお地蔵様、さらには日本一古い禅寺まで…出水は何においても規格外。そんな迫力満点の光景だらけの鹿児島県出水市の観光スポットをご紹介します。

目次

[x] 閉じる

鹿児島県出水市の観光スポット9選!実はいろんな「日本一」がめじろ押し

1.出水市ツル観察センター

出水市の代名詞とも言えるのがツル。出水は、国内随一のツルの渡来地です。ツルたちが集まるのは10月の中旬から3月頃。この時期になると、出水市内の田畑を中心にいたるところでツルが見られるんです!とくに多く集まるのが、寝床となっている荒崎地方。ここにツル観察センターがあります。

20年連続で一万羽以上が渡来し、ここで冬を越していきました。こうして例年「万羽ヅル」を記録しているのは、国内で出水だけなんです。地元の人々にとって、今年もツルが来てくれることは喜ばしいことなのでしょうね。ツルが集まる平野を一望できる展望室には、毎年大勢の観光客が訪れます。運がよければ、一斉に飛び立つ姿なども見られるかも!まさに、出水でしか見られない光景です。もちろん、ツルの知識を深められる展示もありますよ。特別天然記念物に指定される「出水平野のツル」を、その目で確認しに行きましょう!

◆ツル博物館クレインパークいずみ

日本一のツルの越冬地・出水には、まだまだツルについて学べる場所があります。目を引く白い変わった形の建物。この博物館の外観は、ツルが卵を温める姿をイメージしています。ここでは、ツルをはじめとする、出水の自然にまつわる展示がされています。調査や研究も行われているので、ツル情報の発信地でもあるのです。

オススメは、先程紹介した「出水市ツル観察センター」と一緒に周るコース。セットでお得な共通券も売られているので、観光客にうってつけです。ツルをとことん追究する観光は、珍しくて思い出深いものになるでしょう!

2.上場高原

出典: gtknj

大自然に包まれた、広さ3ヘクタールに及ぶ広大な高原。鹿児島と熊本との県境、標高500mの場所に位置しています。ここの見どころは季節折々の花々。とくに秋には25万本ものコスモスが咲き、多くの観光客の心を癒やしてくれます。この時期のもう一つの注目ポイントが「古代マーケット」。竪穴式のお店で、地元で採れた高原野菜などが販売されています。

その他にも、春には10万本もの菜の花に加えて、牡丹など種類豊富な花が高原を彩るのです。草スキーなんかもできたりして、出水有数のレジャースポット。家族連れのピクニックにも持ってこいの観光名所です。

3.東雲の里あじさい峡

静かで穏やかな緑の中に、優しく青や紫が散りばめられた庭園。東雲と書いて「しののめ」と読みます。庭園内には1kmの散歩道のいたるところに、あじさいが顔を覗かせています。10万本ものあじさいを見られる場所は、国内にもそう多くありません。見頃を迎える6月は、観光客で賑わいを見せる出水の人気スポットです。5万坪という広さも国内最大の庭園なのです!

「あじさい峡」という名前ですが、秋には紅葉も見頃を迎えます。途中途中には茶屋もあったり、江戸時代から伝わる石風呂で体を休めることもできます。さらに、陶芸や絵画などの芸術品が展示されている場所もある、大人な観光スポットです。川のせせらぎを聴きながら、のどかな時間を過ごせますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

出水でおすすめの記事

出水のアクセスランキング